スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
中毒になる曲
中毒というか ずっと繰り返しひき続けてもまったくあきることなく 


とめられるまでひいてるんじゃないかと思う




ヘンデルの 「サラバンド」




なんかあるんだよね~。究極のバランスみたいなモノ。


それがいまの私に必要だから


中毒のように 自分でひいて 聴き続けてしまう。






一時期忘れてたけど 


オイリュトミーの時にまた聴いてしまって 復活?!








私の中に ”短調”の世界って なかったなーと 気づいた。



少し前から 短調ってどんなの??ってギモンがムクムク。



わからないんだよな~。



検索して 辞書的に書いてあることを読めば そうなのかと思う。





でも そんな文字情報で ”わかる”という領域にはいかない。


文字を見てわかるというのは表面的なことで(文字情報見ても半分わかるかどうかだけど)



そうではなく その世界は私の体にどんなふうに感じるのか



そこが知りたい!






オイリュトミーの時に 講師の方が長調と短調どっちが好きですか?って質問してた。


短調がわからないから比較の仕様がない。








ライアーで即興でひくときも 長調しか使ってなかった。


私の中には 長調しか存在してなかったなー。



ふだん心地よいポジション とも言える。








ヘンデルの「サラバンド」って ニ短調なのです。


シ♭の曲。




「サラバンド」にハマるっての 短調だからってのもあると思う。


自分にないバランスをそこに感じ取るのかもしれない。








もっと大きな視点でいうと


実はいま 自分がいままで使ってなかった領域 を使うことをやり始めている。




コンテンポラリーとか身体表現もだし



いつも音とか色とか光とか 非言語の世界に浸ってるけど 


その両極にあるような 言葉を使う世界とか



体験してみたい!という衝動で いままでやったことのない世界に足を踏み入れている。




もしかしたら 結構壮大なテーマとリンクしているのかもしれない。





それらを体験することで こんなふうにやってみたいんだよな~とか


自分の欲するモノが カラダを通して実感できる。


ぼんやりとしたモノじゃなく 実体をともなった感覚。




いままでの培ってきたモノの上に 新たなバランスを築くプロセスをいま体験していて



”短調”を聴くって そういうのと共鳴するなにかがあるのかもしれない。







s-麻 作品集 194





s-農園2017 5.22 002






スポンサーサイト
【2017/05/23 11:05 】
ライアー | コメント(0)
音あそび
s-ライアー 015


アウリスのソプラノライアー で即興


そのときに はじめの音を1コ決める



はじめの音の響きをもとに あとは思いつくまま 気持ちいいと思う音を紡いでいく。




そんなゲーム的なことをよくやってます。



はじめの音の感じで 調が決まったり


はじめの音の雰囲気で 流れが決まったり




そういうの おもしろい!




なんとなく 一つの曲ができあがるのです。



即興に 一つルールを加えるだけで なんか全くちがった世界があらわれる。










土曜日にひさびさにヒーリングライアーをひいたんだけど



なんとなく表現方法が変わった気がする。




一音で遊べるようになった!



ヒーリングライアーって シャラララ~ンって全部の音を上から奏でる、的に まとまった音を奏でるのが一般的なんだけど


というかそうしなきゃいけない理由なんかないのに


そういうお手本しかみたことないから そうなるんだよね。



別に一音一音ひいたっていいわけで


一弦ずつ奏でたときの 倍音の響きがおもしろい。




ソプラノライアーをひくときのように 同じ指で次の弦をひくのでなく、違う指で一弦ずつひいてみるわけ。



お~ こんなふうに 音のひろがりがあって 反響しあうんだな~とあらためて感じる。



ミの音ならミの音の世界がひろがる。





いままでそんなふうに思ったことなかったな。







演奏という枠から飛び出して パフォーマンスってことを考えた時に


平面だった世界は立体に見えてくる。




身体の動きとリンクするような。。。。。。。。。



一つの音の中に それに対応する身体の動きというか流れ? 感じるんだよね。




そんなことを思いながら ヒーリングライアーの音を堪能しました。





s-2015沖縄 012




【2017/05/01 22:32 】
ライアー | コメント(0)
イ長調の世界
楽譜よめないのにイ長調の話しをしてみる。




ライアーを即興で奏でる時に



それは公園のベンチとか



河原とか



芝生に座ってとか



そんなシチュエーション。





吹いてくる風や サワサワ木の葉が音をたてたり



鳥が鳴いたり




そんな まわりの世界を感じながら音を生み出す。






最近の傾向。



ほぼほぼイ長調をひいてた。



イ長調⇒ド ファ ソ に#がつくやつ



ラ シ ド# レ ミ ファ# ソ# ラ




これでひくとすごく気持ち良いんです。




春だから???



サクラみながらひいたときも ド ファ ソが#だった。






好みもあるかもしれない。



即興でハ長調 ひかないね~。



この場合はレミソラシだけ使うかも。







なんだろう。



イ長調 必要な音なのかな。




それとも いまのエネルギーになじむ音なのかね~。




楽しくなる音だな~。







【2017/04/30 23:40 】
ライアー | コメント(0)
「動」の世界へ
マウントシャスタ癒しの祭典vol.2 ありがとうございました!!



テレパシーレベルで交信してるんじゃないか思うくらい いま出会うかな??な再会続出で


”シャスタマジック” というなつかしい言葉も思い出しました



Iちゃん 転勤前に会えてよかったです!!






s-ライアー 067



s-ライアー 069








さてさて 日立システムズホールといえば パフォーマンス広場?!


自由に使えて 楽器の練習する人 踊る人 ジャクリングの練習してる人・・・・・・・・・何でもアリな空間。



ココかなり好き。


たまにライアーの練習に使ったりしてます。



といっても まわりでトランペットとか練習してると全く自分の音は聴こえない・・・・・・・・・・



それこそ 聴こえない音を聴く じゃないけど


響きで感じる練習になってるのか?!







昨日も ライアーかかえてイベント会場を脱走。




ちょうど 社交ダンスの練習をしてる方たちがいて お!って思って。


楽器ひくフリをしながら 観察をしてみたり。



ライアーひいてたら 隣りにバイオリン弾きの方があらわれたり。





なにが起こるかわからない カオスな空間




でも やっぱコレだよな~・・・・・・・・の思いがムクムクと。





癒しイベントなので テーブルに座って とか 横になって とか


もちろんお客さんも癒されに来ているわけで。




 
エネルギーワークしてる人たちにこういう表現って失礼かもしれないけど


これじゃ エネルギーまわらないな~と見えてしまった。



たぶん 私にとっては、なのだけど。






エネルギーをまわすには  エネルギーがまわるためには


パフォーマンス広場の世界!



「動」の うごきのある世界




なんだろう



身体(肉体)+ 目に見えない(自分の)エネルギー



それで 自分のまわりのエネルギーが動いていく


自分のまわりの環境(人も含めて)を動かす




そんなイメージ。




そんなことを思いました。









そして イベント会場でヒマな時間にソプラノライアーをひいてました。


曲もひいてたし 即興でもひいてた。




そのときに ライアー ソロでパフォーマンスできるようになりたいなー!!という思いが降ってきた。




”演奏”じゃなく ”パフォーマンス” ?!



その微妙なニュアンスのちがいも含め



まずはそこから???



シャスタイベントの会場で降りてきたメッセージだからね。。。。。。。。。。。。。





s-シャスタ2011 049

















【2017/04/30 10:16 】
ライアー | コメント(0)
非言語の世界
あたたかくなると ライアー持ってチャリでおでかけ♪♪



サクラを見に行ったけど まだ早いかなー。







サクラ並木のある場所で



ベンチに座ってライアーを奏でる。






あやしすぎ?!




お散歩なんかで通りかかる人はいたけど 話しかけられることもなく。






ポロポロ どこからともなくうかんでは消えてゆくメロディ





鳥が鳴いてるな~とか



風がビュ~って一気に駆け抜けていったり




そんな風景を肌で感じながら。




音を奏でているのだけど



そんな感じで始まるのだけど




いつの間にか まわりの木や花や風などと会話をしているのです。



自動演奏状態?!





言語化できないから"感じる"世界。





風の動きだったり



こたえてくれるのです








最後に驚愕の出来事が!!!





ふと気づいたら ライアーの端っこに鳥のフンが・・・・・



(°□°;)



いつの間に??





おひねりでもくれた感じ??






【2017/04/04 23:17 】
ライアー | コメント(0)
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。