確信に変わる瞬間
きのうは仙台で「シャスタルアウ」があって参加してきました。




Mihoさんにお会いするのは何年ぶり??




ルアウを通して シャスタに行かなくても会えるのが嬉しい!



仙台の会場だった「Laule'a」のKyokoさんのとこにもルアウのたびにきているような。








シャスタの写真をみながら MihoOさんが色々お話して下さいました。





夏の風景



秋の風景



冬の風景





季節ごとに美しい湖や山







心は(魂は?)一気にシャスタに飛びます。







そして いつも思うのですが



私が知ってる記憶の中のシャスタといまの姿




あ~ 変わっていってるんだな~って。





(最後に行ったのは2011年冬です)





一番ビックリなのは、ラベンダーファームが2年連続でクローズなこと。




7月の2週間くらいだけあいているんです。





いまはやってないんだね~。







初めてシャスタに行ったときは7月で



シャスタがなんだかわからずにつれていかれました。



ラベンダーファームでラベンダー摘んだ思い出があるのですが、実はめっちゃ貴重だったことを後で知りました。





タイミングであって



いつも行けるわけじゃない






少しずつ変わっていってるんですよね。







私の中でマクラウドといえば Stoney Brook Innのお宿もありますが




"ディナートレイン"ですからね。





その時味わえるモノを大事にしましょうってことよね。










Mihoさんの写真をみていて確信しました。




シャスタに行くのに、何もいらない!!




いつかライアー持っていってひきたいな~と思っていたけど





いらないね。







ただ ただそこに自分が在る




ただ ただその場所を全身で感じる




それで十分。





シャスタはそういう場所だった!!






一番最初につれていかれたとき



NLPの仲間と先生といって



いろんなワークやマッサージとかセッションとか先生がセッティングしてくださったのだけど




シャスタについたら全部お断りしました





そういうのいらないなって感じて。







何をしていたかといえば



シャスタシティをブラブラ歩いて、ベンチに座って風が気持ちいいな~って。




キャッスルレイクでは湖に足をつけて遊んだり



石に腰掛けてボーッとしたり トンボをおいかけたり・・・・・・・・・・






関わり方は人それぞれですが



私にとっては なにも持たずに ただただそのままで感じるまま 思うままに生きる場所。





そういうのを思い出す場所でもあるのかもしれません。






s-シャスタ ケイタイ 003




s-シャスタ ケイタイ 004




s-シャスタ ケイタイ 005







スポンサーサイト
【2016/05/12 12:20 】
シャスタ | コメント(0)
これでいいのだ~

シャスタから帰られたばかりのKyokoさんの"シャスタルアウ仙台"に行ってきました。



アメブロにも今回のシャスタの集いの感想を書きました。



すごくあたたかくて、シャスタのお山からの"愛"のエネルギーに満ちていました。




でも、それだけじゃなく


もっともっと心の深い部分に共鳴したことがありました。




いま私は仙台に住んでいて


生まれも育ちも仙台です。


途中、福島や東京や長野の地にもご縁があっていたこともあります。


そんなプロセスを経て2011年11月に仙台に戻りました。



どうして私は仙台、宮城、東北の地に生まれることを選んだのだろう。



震災の起きた直前のタイミングでそんなことを思ったことがありました。



震災を経て、いまなら何となくそれがわかります。



この場所にいよう!!と決めた。



つい1ヶ月もたたないくらいにそう心に決めたことがありました。



ここ1ヶ月色々なことがありましたが、



この場所(仙台)にいようと決めた。



そしたらライアーが私のもとにやってきました。


この音(の波動)が必要でしょって。



私はここにいて、ここから愛と光を拡げるんだ!って思ったのです。




Kyokoさんも仙台でシャスタの光を広めたいっておっしゃってて、


何かつながるよな~って思いました。



ストーニーに集まるメンバーって生まれ変わるときにそういう宣言してたらしいって話、何かピンときました。




それと、レムリアが崩壊するときの記憶が蘇った、という話をきいて、



私も最近同じように感じたことあったな~と思いました。



震災のあの津波。


直接津波の被害を受けたわけではないのだけれど



あの悲しみというか、言葉にするのが難しい複雑な感情は



きっと今回の震災だけじゃなく、



このカラダに記憶としていまだに残っているレムリアの記憶。



そこにリンクしている気がする。



だから海にはできれば近づきたくないんですね~。いまだに。




そんな心の深い部分が共鳴していたお話会。




この場所から愛と光を拡げる。



シャスタもそれでいいんだよ~って応援してくれているみたいでした。



それを感じたあたたかいエネルギーに満ちたひと時。



Kyokoさん、ありがとうございました!


Kyokoさんのブログ
http://kyon.mana-laulea.com/
【2013/07/13 18:02 】
シャスタ | コメント(0) | トラックバック(0)
今日のメッセージ☆

Express Love
愛を表現する



私たちが誰かに愛を与えるたびに、宇宙から何倍もの愛が戻ってきます。



愛は一番高いバイブレーションからやって来て、あなたが行うすべてのことに幸せをもたらします。




今日のカードは何だかいつもよりパワフルな感じがします。




昨日のシャスタのお話会は大盛況でした。


気持ちはもうシャスタに行ってました。


このメンバーで仙台からシャスタツアーができたら楽しいだろうな~。

ちょっと妄想。(゜∇゜)




【2012/10/29 09:38 】
シャスタ | コメント(0) | トラックバック(0)
ヒーリングとの出会い
私自身ヒーリングとかセッションってどこか苦手で、人生の中で拒絶してきたものだったので、自分がヒーラーをやっていることがすごく不思議に思えます。

自分でもビックリ


きっと「レムリアンヒーリングR」だったからピンときたんだろうな~。

いまだにレイキや他の色んなヒーリングはよくわからないです。



はじめてシャスタに行くことになった時、たまたまそのタイミングで出会った方に”レムリア”について調べていったほうがいいよ~と言われました。



”レムリア”という何とも不思議な響きが頭に残っていたものの、結局この時は調べず。

2回目にシャスタに行く時もスルー。

去年の12月に3回目のシャスタも・・・・・


しかし、帰国後になんだか気になってようやく検索はしてみました。 


それが効いてくるのは、天体ショーでにぎやかだった今年5月頃。

なぜか突然レムリアンヒーリング(R)をやってみようかなと思ったのです。



ただ、レムリアンヒーリング(R)を教えてくださった先生には震災後に一度お会いしていました。

”レムリアの森の音楽会”というイベントでライアーの音楽に合わせてレムリアのお話を聞きました。


ライアーの音とレムリアのお話は、震災からまだあまりたってない頃だったからか、何とも言えず癒されました。


このとき「レムリアンヒーリング(R)」という言葉を初めて聞いたのですが、この時点では私には関係ないなと思ったのでした。



ヒーリングとの出会い。きっと随分前から出会ってるはずなのに、気づくまでに何年もかかったのかな~という感じです。

シャスタマジックのおかげですね。

【2012/10/02 10:56 】
シャスタ | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |