そこにあるもの
から研presents佐藤有華さんのWSに参加してきました。


カラダの動きをつかった表現??コンテンポラリー??




”歩く”がテーマで即興 踊る?動く??


できるだけゆっくり動いてみる とか


そこに手をつけてみる  とか


この動きをつけたらどうなるだろう とか



”歩く”の動きからうまれるモノを カラダで表現する





言葉にならない言葉 感情



カラダは なにかを発したがっている




言葉によらない こんなコミュニケーションもあるのだと思わずにはいられない。


より テレパシーの世界に近いような。





そこにある空間と 集った人と そして宇宙と。



そこでうまれる動き 起こること



壮大な コミュニケーション。






最初にいたい場所を決めて そこから動きをスタートしたとき


それって いつもライアーの即興でやってることと同じだと思った。





そのとき その場にあるなにかを感じて


音を生み出す。




この音を入れたら どんなメロディになるだろうか 


試しながら入れた音から また新たなメロディがうまれていく





WSでは そのとき その場にあるモノから感じて


カラダの動きで表現した。



カラダの動きで表現しつつも そこには メロディ(音)が流れているのを感じた。





ライアーでやってることと カラダの動きで表現することがリンクしていて


その2つの世界が一つになった気がした。






WSにでかける前に 家でちょっとだけ即興でライアーをひいた。


特になにも考えず


うまれたメロディがあって 



そういえばWSでやってた動きを音に変換したら きっとこんなメロディだな~。


偶然にも。




自分の中に流れてた その日のテーマ?!




カラダの動きとライアーの音がリンクしながら


即興の世界を深めている



そんな感じがしてます。





スポンサーサイト
【2017/05/14 00:36 】
宇宙 | コメント(0)
空飛ぶ夢
昨日ひさびさにあらわれたアクアオーラ。




アクアオーラの石の影響だと思うんだけど、今朝 空を飛ぶ夢を見ました。




それがなかなかおもしろいシチュエーションで




一人がけのゆったりしたソファーに座ると、それが2~3mくらいの高さまで上昇してゆっくり移動するんです。




何人かで実験してる感じだった。




お散歩コースを空中浮遊して移動する、みたいな。




お散歩コースが なぜか小学生の頃の通学路っぽい道で



結構急な上り坂もラクラク~




他の人は徒歩で地面を歩いていて、そのぺースで空中を移動している




おもしろ~い(゜∇゜)




そんなワクワクした夢でした。






目覚めた時には めっちゃおもしろかったー!って感覚だけ残ってた。




それと 空中に浮かせるのに石を使ってたんだよね。



小さい石。



それがポンと椅子の端っこに置いてあったようなのをチラッと見たっけ。





でも それって夢の中では当たり前すぎて大したことじゃない。



だからチラッと見た程度。





目覚めてから ソコちゃんと見とけよ~って思った。





小さい石だから2~3mしか浮けなかったのかな。







魔法っちゃ魔法なんだけど



空飛ぶにはわりとリアリティがある夢って気がした。




飛べないけどね。





100年後くらいには実現してるんじゃない??








空飛ぶ夢とか あとこの世界にはない機械とかシステムを夢で見ることがあって



たぶんアクアオーラとのつながりというか波長で見せられるんだよね。






久しぶりにおもしろい夢だった。



【2017/04/18 20:57 】
宇宙 | コメント(0)
”光とつながる”?!
s-ライアー 045



”光とつながる” がテーマのステラライアー。



”光とつながる” ってなんぞや??





そこ ず~っと見ないようにしてきた。(考えないように?)




でも ”光とつながる” はやってるんですよ。




自然にやってることって あえてふり返って考えようとは思わなく・・・・・・・・・・








見ないようにしてたのに理由があって


スピリチュアルでいわれるところの ”光” という言葉  


私はうさんくさく思ってきた。



”光を送りましょう” とか 



それさえやれば あと何もしないんかい??とつっこみたくなる。




なんだろね。 


説明するあれこれを説明するの面倒なときとか 説明できないときとか


ひとまずそう言っとけばある程度ニュアンスは伝わるかな~って



そういう便利な言葉のイメージがあります。(私は)


実際そう便利に使ってきた と思う。






具体的に説明できないけど パンフレットにそう書いてるし


”光とつながる” がテーマのライアーです と言っとけば ある程度伝わるよね・・・・・・・・みたいに。



まぁ 実際 ある程度伝わってるし あとはキラキラした音がすべて伝えてくれている。




だから あえてつっこまないでおいといた。



非言語の世界に生きてることが多いので 感覚的にわかってることをあえて言葉にするってしないのもある。



感覚でわかってることって 言葉に置き換えようとしても 置き換えるほどのボキャブラリーがなかったり


言葉に置き換えたととしても その時点でなんかちがうという違和感があったり・・・・・・・・









でも ちょっと最近そのあたりの流れが変わってきた?!



”光とつながる”って どこにつながってたっけ??ふと思ったことがある。




ここは 人によってちがうと思います。(当たり前か)


ここからは 私の場合は、ということで書きます。




”光とつながる” が 自分の内側 という場合もありますが



私の場合は なんかちがう。





やっぱり いつも空の高いところ



太陽の光でもなく



宇宙とか 宇宙空間にうかぶ星々 とか。






自分の魂の出身星ってどこだろうってことも あんまり見ないようにしてた気がする。



それはどこかはわからないけど(一つとも限らないし)



自分がよ~く知ってるようなエネルギーとつながって それをおろす


おろしてくる というか そこに意思があるわけでなく つながれば自然に流れてくる



”光とつながる” ステラライアーを使ってやってたこと  そんな感じだったような。







ちなみに キットで買って製作したアウリス社35弦ソプラノライアー


”ティンガーラ”という名前をつけた。


つくってる時に天の川や満天の星空が浮かんでたから


やっぱり宇宙や星のエネルギーとつながる使い方をどこかでしているのです。




私にとってライアーは 宇宙と交信する道具になっているのかもしれません。















【2017/04/08 11:24 】
宇宙 | コメント(0)
透明でいること
エネルギーの話しです。




透明(クリア)でいること




ここ何ヶ月か 私のテーマになっている感じ。







11月にスピリチュアル系WSのお手伝いをした時のこと



参加するのとスタッフは全然違うんだな~と知りました。



エネルギーの使い方が。





初めはどうしたらいいかわからなかったのですが



本能的に 透明になったらいいと感じ



エネルギーをクリアにしたらラクになりました。




そのあたりは



意図すれば(イメージすれば) カメレオンのように色を変えられると思います。




クリアにするとラク なるほど~!!と思いました。





原理はよくわかりませんが



通過させる感じ?!



透明じゃないと つっかえる。(結果、余計なモノを引き込んでしまう?!)









演劇WSに参加したときのこと



エチュードという即興芝居(練習のような?)を3人1組でやりました。



数人で何かをつくるって エネルギー混ざるんですね。



なんとなく 無意識にも お互い波長を読む、みたいなところもあり。





その時に 本人は意識してるかはわかりませんが



オーラ?エネルギー?をクリアにしてる方がいて



そういう方とだとすごくやりやすかったです。




エチュード "即興" だから余計そう思ったのかもしれませんが。







常に透明でいる必要はないと思いますが



色んな人やものが混ざり合うような場では



なるべくクリアでいることを意識しようと思います。





ただし 人があんまりいないような森の中でこれをやると



クマに出会う可能性アリなので



人間の気配は消さないよう お気をつけ下さい。(過去の経験上)



【2017/03/08 14:30 】
宇宙 | コメント(0)
意外なところから・・・・・・
s-織り 027



去年の秋頃から 月一で東京へ通い プリミティブ・テキスタイルWSに参加してきました。



はじめは 腰機織りがやりたくて たまたま出会った(と思っていた)のですが、



一方で アジアじゃなくて南米なんだよね~ってよくわからないこだわりがあって・・・・・・・・・・・・・・・




どうしてかわからないけど ひかれる何かがあった。






先週の金曜で5回め?


いままで 3種類の伝統的な現地でやってる技術を教えていただきました。




伝統的な技術を こんな短期間では身につくものではないです。




はじめは技術を学びたい気持ちもありましたが



いまは 技術を学ぶためにこれらをやっているのではない気がしていて。



その奥にあるもっと大切ななにかを 得るため?気づくため?思い出すため? 




そんなふうに思えるのです。










そういえば子どもの頃やってみたい仕事(職業?)があった。


考古学者。




もともと父が地元の発掘調査とか 文化財保護とかの仕事をしていて


自然にそういう環境にいたのだよね。




インカとかアンデスの文明 めっちゃ興味あったなー。


日本じゃなくて なぜか南米。




でも なぜか父と同じような仕事をするのがイヤで いつのまにかそんな思いを封印してしまっていた。







ここ1、2年 父と日本の遺跡の話しとかヤタガラスの話しとか(かなりマニアック?!)するようになったのだけど


それって 麻糸績みとか糸紡ぎをやるようになってから。



糸紡ぎとか織りの話しを自然にするようになってからかな~。


しかも 意外と詳しいからビックリだわ~。





歴史を調査・研究するような立場の人と 伝統技術をやってる人と。



そういうのが立場とかを越えて 重なり合っている。




そんなことが私の中で起こっている。







実は 手を動かして伝統技術を学びつくることを通して


本当にやりたかった世界 知りたかった世界につながっているんじゃないかな。









先日 ベビーアルパカの毛を紡ぎました。


そのベビーアルパカの毛は チチカカ湖湖畔の村?町?から来たもの。




お~~ まさにつながりたかった場所!!




アルパカちゃんの毛を通して 必要なエネルギーを届けてもらったみたい。






チチカカ湖 行きたいけど行けない。。。。。。。。。。


でも こうやって こんな形で向こうからやってくることもあるのね~。



ありがたい。





アルパカちゃんの毛をさわりながら チチカカ湖につながりたいと思います。




【2017/01/16 23:33 】
宇宙 | コメント(0)
| ホーム | 次ページ