ワタツミ again
日曜日 かなりおひさしぶりに江ノ島へ行きました。



海に会いたくなった。



s-江ノ島2017・3 003




お天気が良くて あたたかかったので すごい人。



こんなに人であふれてるのね~。





お店がオシャレになったんじゃない??




江ノ島神社 こみすぎててスルーしましたよ。




奥まで歩いて ようやくお参り。奥津宮?




そのとなりにある龍宮。


私が行く時はほとんどあいてない・・・・・・・・・・。


人が行かないような時に行くからかな?!



でも 今回ひさしぶりにあいていたのです!



やった~!!



お参りしてふと説明書きの看板をみました。


  ”龍宮(わたつみのみや)”




いつもあいてないからとスルーしてて気づかなかったのか、


龍宮は ”りゅうぐう”って読むもんだと思ってた。



”わたつみのみや” なんだねー。






以前 ”ワタツミ” (海神?綿津見?) とつながったことがあって



会ったことあるといわれたけど、そのときは????




その後 穂高神社の奥社がワタツミとつながりがあることがわかり


それかな~と思っていたら



あまりに身近すぎて気づかなかったよ。




穂高神社の奥社にもかなりお世話になったけど


江ノ島もだ~。




やはり 大変お世話になっている。。。。。。。。。




穂高神社奥社のある上高地も江ノ島もどっちも大好きな場所です。


ほかの色んな場所より ご縁が強い気がしている場所。








今回は3日に手づくり用パーツとかビーズとか探しに浅草橋を歩いたのだけど


つくりたいモノは海のイメージばかりだった。




次の日 サンシャインシティで沖縄のお祭りをやっていて宮古島のパンフいっぱいもらってきたし。



かなりの海モードができあがっていた。






江ノ島の海に会いに来たけど


同時に 海の神様にも会いに来てるんだね。




s-江ノ島2017・3 007








スポンサーサイト
【2017/03/07 19:51 】
| コメント(0)
北のはて
羅臼でホエールウォッチングに行きました。



お天気も心配だったし くじらがみれるとは限らない。





前日 外は台風で大荒れ


宿で羊毛くじらをつくってました。




くじらにあえたらいいな~って思いながら。







で、当日は雨。


ぬれる~・・・・・・・・・・・




びしょびしょになりながらも 外で海をみていました。


s-北海道 2016.8 215




こんなふうに 船の上から ただ海を見ていたい・・・・・・・・・・・



それだけでも楽しかった。



下をむけば きれいなくらげがふわふわ。





あんまりやると船酔いになるので控えめに。






くじらはなかなか見えず




でも遠くに小さくイシイルカが何匹も飛びはねていくのが見えて 



どこかそれで満足だった。










天気がよければ国後島がみえるそうですが、この日は雨で視界が悪かったです。






くじらを探しに 国境?いけるギリギリまでいってくれたようで。







そのときに 北のはてに来たんだな~と思いました。





日本の北のはて。




国境はあくまで人間が線をひいたもの。




海はその先もずっとつづいている。









そうそう 去年の春は南のはてに行った!


波照間島。


s-2015沖縄 168


s-2015沖縄 170


s-2015沖縄 171




このときも 確か南のはてにきたけど


その先に海はつづいていて 世界はずっとつづいてるんだな~と思ったのでした。









2年かけて 南のはてと北のはてがつながりました!!






たぶんホエールウォッチングはおまけだね~。



北のはてを海の上から感じることに意味があったのだと思います。




s-北海道 2016.8 227




s-北海道 2016.8 237







今回 北海道へ行くとなったときに



行き先は札幌でも旭川でもなく、オホーツク海のイメージだった。



(ホエールウォッチングは根室沖だけど)







南と北がつながって さてそこからなにがうまれるのか



次の展開が楽しみだわ~。









【2016/08/23 17:51 】
| コメント(0)
縄文への道
知床への向かう途中に 偶然みつけてなんだろう??って行ってみた場所があります。



斜里町にある 「朱円ストーンサークル」 (朱円環状土裏籬とも書いてあった)


縄文時代の遺跡らしいです。




知床に向かってる途中で、これから台風がくるという時だったので、このときは入り口だけみて引き返しました。








帰り道 なんとまたこの近くを通っていたので、寄ってみることに。




今度は中に入りました。



s-北海道 2016.8 265



こんな景色が広がっています。




古代のお墓なのだそうですが、



なんとなく 宇宙とのつながりを感じました。





写真のキョリからみていたのですが、


足の下からあたたかいエネルギーが流れてくるのです。





そしたら、ライアー!って思いました。




この場所でもちょっとだけライアーを奏でました。






s-北海道 2016.8 264










今回は 知床へ行こうと思ってサロマ湖とか網走とか知床へ行ったけど



ここらへんは縄文とすごく縁がある場所のようです。







母方の家系のルーツの土地でもあるけれど




実はもっともっと深いところにあるルーツを感じる旅になりました。






縄文とのつながり




海があって森があって





心のどこかでそういう場所を求めている



それって どこか縄文のニオイがする。















【2016/08/22 19:19 】
| コメント(0)
ハワイへつながる?!


きのうから知床ウトロにいます。




初めて来た知床。





泊まった宿はアイヌの方がやってるようで





編んだゴザ(儀式の時に敷く?)とか刺繍とか




アイヌの品々がたくさん飾ってあって





ここにいるだけでアイヌの世界にどっぷり入り込んでいる感覚になる。








お土産屋さんも併設で、いわゆる一般的なお土産屋品もある中に、ポ~ンと本物のマキリがあったり・・・・・






で、アイヌの木彫りのペンダントがすごく気になった。





女神さまだな~って思って。





3種類それぞれ特徴のある女神さまたち




どれにする??状態。






霊力アップしそうな強~い女神さまもあったりしてね。






その中で選んだのが、一番優しそうな女神さま。





アイヌの女性の横顔なんだけど



なんだかハワイな感じなんだよね~。






たぶん同じ方が彫られた作品が階段に飾られていて



一目見てハワイだ!って思った。






なぜだか ハワイの女神さまっぽい。







知床で出会ったアイヌはハワイへ繋がってるのかしら・・・・・・








船に乗って 島から島へ渡り歩いた海洋民族は




知床やハワイをも渡り歩いたのだろうか。





そんな時代があったのかもしれない。





微かな微かな気配を感じ取ったような気がした。


【2016/08/18 22:18 】
| コメント(0)
ルーツにつながる
あしたから旅に出ます。



なんとなくで決めていった オホーツク海方面。




どこかその土地にひかれる部分があって・・・・・・・・







何年か前に 母が道東の方へ行ったのを思い出し、さっき地図持っていってどこをまわったのかを聞きました。





もともと母方の家系は 北海道なんです。



今も中標津とか斜里あたりにどうやら住んでいる方がいるらしく。




母方のご先祖さまは なんとか川(忘れた・・・・・)のあたりに入植したのだそうです。



それがはじまり。






私から見たら 遠い親戚?




なんとなく 土地のつながりを感じる理由がわかりました。








ちょうどお盆だし ご先祖さまとつながる時だからね。





なんか もしかしたら気合入れて向かわねば、なのかな。



話し聞いた後にそう思いました。





母方の北海道の親戚の話しっていままでほとんど聞いたことなかったのが



何年か前に母が北海道に行って帰ってきてから聞く機会があって知った話しばかり。





ここ何年かで開き始めた扉?!





ティラルライアーつれて行こうかな・・・・・・・・・・


【2016/08/14 15:24 】
| コメント(0)
| ホーム | 次ページ