スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
ウィチョル その後

"huichol"



ウィチョル族ってメキシコの山岳民族がいるんだって。




アステカの流れをくむ民族らしい。






なんで興味持ったかというと




藤崎の光源社で羽根のワンドっぽいのが飾ってあるのをたまたま見つけて、



羽根を見せてくださいとお店の方にお願いしたとこれからすべては始まりました。





「コレ全部セットなんです」




羽根2本、ウィチョルのお守り的なもの1本、マラカスみたいなの1本、あと棒に指輪サイズのわっかがついたもの1本。





占いの道具だそうな。




でも、ずいぶん長いこと飾ってあったから、ひとつひとつ何に使うかは忘れた、と言われました。





この時は見るだけにしたのですが




やっぱり気になる。




なぜかきのうの満月にお家にお迎えしました。





どう使うかさっぱりわからない。





羽根をはじめて持ったときのインスピレーションは、"ヒーリング"。




え~ ヒーリングに使うの??




やっぱりわからない。





で、羽根とお守りのようなものを何気なく飾ってみたら、




"左右対象"




門みたい。





あちらとこちらを繋ぐのか!?




儀式ってそのためにやるよね。




ウィチョルの人たちは、"ペヨーテ"を使うんだけど




あちらとこちらを繋ぐために使うとか聞いたような。




定かな記憶ではないけど。







でも、



そもそもなんで"ウィチョル族"につながったのだろうか。




突然 降って湧いたように。






ウィチョル族のお守りのようなものって糸を菱形とかにまいてつくってるみたい。




"糸"つながりなのかな~。



スポンサーサイト
【2015/11/27 22:44 】
宇宙 | コメント(0)
火の神

何をどこまで書いたか忘れてしまうくらい



糸を紡いだり染めたり



干し柿をつくったり大豆収穫し脱穀&選別・・・・・・




鉄火味噌もつくった。



その合間にライアーひいたり




そんな日々。






で、ブログでご報告してなかったf^_^;



ごめんなさい。






女神ウルラのWSで、みんながたしかお願い事をした火の女神のキャンドル。



お願い事したんだっけ??



その内容覚えてないよ。



ま、いいや。





燃え尽きるまで見届ける、"火の番"のお役目をいただいたのです。





ウルラWSが9/20あたりだっけ?




約2ヶ月かかり、たぶん11/21に燃え尽きたのを見届けました。




つい最近のことさえ"たぶん"なのです。




その前後 とっても濃い時間を過ごしていたので




もういろいろありすぎて覚えてない。








燃え尽きた日はちょうど鉄火味噌をつくっていて




ガスレンジの前にキャンドルおいて




あ~ "火の神さま"だなと思ったんだよね。






沖縄市で神棚とかのグッズが売っているお店の窓ガラスに



"火の神 一式あります"



そんなチラシをみたときは衝撃でした。





(゜∇゜)




何それ~。




そこから調べたんです。




そして、家のキッチンのどこかに



火の神さまのためのスペースをつくりたいなと思いました。




そのときは。





案の定、すぐ忘れました。






それを鉄火味噌つくりながら火の女神キャンドルをともしたら思い出した。




まさにスペースつくりたいなと思った場所にキャンドルはすっぽりおさまっていました。





台所ってやっぱり聖なる場所なんだと思います。




いまでこそガスレンジひねれば火がつくけど



きっとむかしむかしは火をおこした場所なのですよね。







そして、食べ物をつくるっていのちを続けていくための根源的なことですよね。




たぶん、私の中で一番大事にしている価値観なんだろうなと薄々わかっている。




でも一番苦手でできないのもソコ。




きっと一生向き合うんだろうな。







私には、いのちに直結する"根源"を感じた、火の番の時間でした。




貴重な体験をありがとうございました。





【2015/11/27 22:23 】
レムリア物語 | コメント(0)
ワクワクの瞬間
郡山のジョン・ビリングさんのライアーWSに参加してきました。




予定が重なって、一時は参加を見合わせましたが、



やっぱり午前中のライアーWSだけでもと思い参加を決めました。






参加して大正解!!





終わったときには楽しかった~!の気持ちだけがそこにあり大満足でした。







18人でアンサンブル!?





特に最後の「サリーガーデン」がよかったです。





全体の音の中に自分のメロディーもあり



独立してるけどハーモニーを形成している




「聴く」の究極の形なんじゃないかと思う。





ライアーアンサンブルおもしろい!!








技術とかもちろん大切なのかもしれないけど




技術を磨くよりも「聴く」力を磨く





アンサンブルって、ひいている最中 ホントワクワクします。






アンサンブルをやれる場や、やれる形を追求したいな。








次は12/9に郡山のミューカルがくとでILのクリスマスコンサートです。
【2015/11/23 22:42 】
ライアー | コメント(0)
ありふれた日常が神聖な時間にかわるとき
s-仙台の風景など 184


火の女神のキャンドルに見守られながら




収穫した大豆をサヤから出す作業。





手しごとを キャンドルに見守られながらってなんかいい





収穫ってやっぱり 感謝をあらわす時間だ






神聖な時間






ひとつひとつ ていねいに  



それは神聖な時間にかわる。





いのちが吹き込まれた時間。


s-仙台の風景など 185





【2015/11/17 23:01 】
日々のこと | コメント(0)
12/2 江ノ島でライアーWS
さちべえとよっしーのライアーWS@江ノ島


レムリアンティーチャー同期のよっしーとの初コラボ企画!





どこでライアーやりたい?と聞かれて「江ノ島!」とこたえたところから始まりました。


江ノ島しか思いつかなかっただけ?!




私がティラルライアー、よっしーがタオライアーでコラボ演奏もできるし


私のアウリス35弦とよっしーのヨエックスのソプラノライアーでもコラボ演奏できます。




ソプラノライアーのアンサンブルは、いままでライアーの会以外ではやってないので、私自身もすっごく楽しみです!!




いろんな形でライアーが楽しめますよ




クリスマスの月なので、クリスマスプレゼントも準備します!

こちらもお楽しみに~




詳細はこちらのフェイスブックイベントページをみてください→→→→




フェイスブックやってない方のために

内容はこちらです。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

さちべえとよっしーの初めてのコラボイベント!!

レムリアンヒーリングティーチャー同期であり
ヒーリングライアー&ライアーハープの奏者でもある二人
一緒に何かできたらいいね~♡がやっと現実となりました!!

二人の愉しい!ワクワク!がいっぱい詰まったワークショップです。

場所は江の島にある「ヒーリング太陽堂」さん
場所は公開していないので、参加者の方にはあらためて詳しい場所をお伝えいたします。


当日のメニューです☆
★ティラルライアー&タオライアーの即興演奏
★ライアーハープのコラボ演奏
★参加者みなさんとの協演
★ティータイム(ブレンドハーブティー)
★アロマワークショップ
★ヒーリングライアーでのお身体ヒーリングタイム
と盛りだくさん♪

楽器もいろいろとありますので、みなさんと楽しく奏でる時間も設けております。
音で遊んだり、癒されたり、まったりしたり、元気になったり
愉しい時間をご一緒しましょう!!


「さちべえとヨッシーのライアーWS」withう~たん

日時:12月2日(水) 10時半~12時半
場所:ヒーリング太陽堂(片瀬江ノ島駅より8分、江ノ電江ノ島駅より3分)
参加費:5000円(クリスマスプレゼント&ハーブティー付)
持ちもの:特にありませんが、ひざ掛けなどあると便利です

 お申込みはこちらのリンクからどうぞ→→→→


WS終了後、お時間のある人はランチにご一緒しませんか?
天気が良ければ江の島散策などもどうぞ♡


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


【2015/11/15 11:07 】
おしらせ | コメント(0)
必要なものとそうじゃないもの

お久しぶりの更新。



出展がかさなり



そして2日連続で郡山方面へ しかも始発で、もあり




ようやく自分のペースを取り戻しつつあります。





気づけば立冬も過ぎました。







ライアーに出会ってから



手元にやってきてから



なんだか選択するものが変わった気がします。






ライアーの世界に入れば入るほど。




私がいまいる場所は、どちらかというと、ライアーを通しての音楽療法のようなところ。





音楽療法を学ぼうと思ってるわけではなく




ライアーを通して体験していることが




それは世の中じゃ"音楽療法"と呼ぶんだね~。




そんな感じ。






アウリス35弦をつくってから



夏頃完成したのかな




やっぱり選ぶものが変わった。






完成してウチにつれてきた瞬間



キーボードはもういらないと思った。





その時はなぜかはわからなかった。





後で ピアノは物質世界の音で・・・・・というようなのを本読んでてみかけたけど。




後付けで"なるほど~"がやってくる。








そして この前のインディアンフルートのWSに出たとき




正直違和感だらけだった。




インディアンフルートがどうこうではなく




もう私には合わないなと。





その音の世界は決して心地好いものではなくなってた。








な~んとなく




きっと ライアーだけしかいらないんだね。



いまは、なのかこれからもなのかはわからないけど




ライアーをひけばひくほど そんな気がしてくる。




あくまで、私はね。他の人はどうかわかりません。








他の楽器とのコラボも・・・・・・・




どうだろうね。






依頼されたときは別として




自分からはたぶんやらない。






同時にひくかとかそういう話じゃなく




ひとつのイベントとしてもコラボはあんまりね・・・・・。





ライアーだけでよくない??って思う。






いつのまにか それが普通になってしまった。





私の中で、心地好いと思う選択を積み重ねたらそうなった。






【2015/11/13 13:03 】
ライアー | コメント(0)
どこへつながる?!
今日の不思議な出会い。




とあるお店で


インディアングッズにあるような羽根を見つけた。


わりばしみたいなのに羽根がくくりつけてあるやつ。




棚の一番上にあったので、お店の方に羽根を見せてくださいとお願いしたら・・・・・・



コレ セットなんです!と


わりばしのような木に羽根をつけたモノ2本、マラカスみたいなシャカシャカなるやつ、木の棒の先に指輪のようなわっかをぶらさげてあるもの、あともうひとつ(説明できない・・・・・・



メキシコのウィチョル族の占いの道具らしい。



でも、詳しい道具のことはお店の方も忘れたって。


その場で調べてもよくわからなかった・・・・・・・・・・・



買わずに帰ってきて、家でネット検索しても まったくわからない。






あちゃ~ やっかいなのに出くわしたな~。



そもそも どうしてコイツをひきよせたのだろうか。






最近 本場のドリームキャッチャーつくってきたし


インディアンフルートもふいた





引き寄せる要素は多々あるな。






こういうときチャネリングで どういう使い方をするとか教えてくれたらラクだよね。



それって シャーマンか。








そうそう。



最近 アイヌ刺繍ブーム ふたたび。



で、なんかマーク(模様)がおりてきた。



くるみボタンに刺繍してヘアゴムにして アート展に並べたら


早々に売れた。




ずっと オリジナル模様も縫ってみたいと思っていて


なんか 突然できてしまった。




いろいろみてるから 過去に見たものとかぶってるかも。
 




でもね すべては森からうまれるんだな~って。



その感覚だけは確か。





今年 アイヌの地と思われるとある森で出会った植物をみていたら


コレを刺繍にしたいなって思った。



それはまだ実現してないけど。





インスピレーションは森からうまれるんだな~という感覚だけはしっかり感じたんだよね。




そこを意識できたら なんだか自然に湧き出てくる。








そんな 大きな流れがありつつの 今日のウィチョルとの出会い。



金銭に余裕があれば 即買いしてたな~。




使い方わかんないのに。





そのうち 買ってきてるような気もする。






お店の方いわく 



”もうかなり前からココにあるんですよ~。”





きっと ふさわしい出会いを待っているのだね。






またのタイミングでもそこにあったら 



きっと つれて帰ってくるな~。











【2015/11/04 21:56 】
宇宙 | コメント(0)
夜と朝の間
s-画像 217



夜から朝にかわる時間



そのフレーズをきいて思い出すのはこの写真の景色。





郡山ライアーの会に参加するときはかなり早起きで


必然的にこの時間に出くわします。




なんだかとても神秘的で わくわくする


そんな印象をもっている時間。







先日のポールワグナーさんのインディアンフルートWS。



夜から朝にかわる時間に



毎朝1分でいいからフルートをふいてください。



そうすることでフルートがますます近くなる





そんなことを教えてくださいまいた。





毎朝1分でいいから


それは2音でいいともおっしゃってました。




息をいれて2つの音をふく。


そうすることで音と音の間にある静けさを聴くことができるんだって。






あ~ やっぱり静けさを「聴く」んだな~って思いました。


ライアーも同じだ~。




「聴く」は、きっと音の存在を感じる原点なのだね。







そうそう


インディアンフルートは一晩中眠っているから


朝袋から出す時に 「おはよう」ってこえかけてあげてね!


s-ドリームキャッチャー 004






フルートは袋に入れておくことも重要だと聞きました。



そっか~、まずは寝袋をつくってあげないと。






なるべく 夜から朝にかわる時間にmyフルートふいてあげよう。



s-ドリームキャッチャー




買ったときからわかってたけど


いわゆるインディアンフルートとはちょっと違う形の子



なんとなく 扱いも難しくて 


いまいち扱えてないのだけど・・・・・・




きっと時間をかけて木と フルートと 仲良くなるのだね。


すでに 4年くらいたってるけど。(#^.^#)




太陽のフルートって気がしてる!




【2015/11/02 10:46 】
| コメント(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。