言葉と世界
言葉を1つ覚えると



同時にそれは自分の世界から切り離される





たとえば 言葉を覚えはじめた子供



お母さんが花をみて、"これは花だよ"って教えて



そうすると子供はいてのまにか花を見つけたときに、"ハナ"って言うようになる。



"ハナ"と認識される



"花"が言葉になる




そうなった瞬間に、花はその子の世界から切り離される。




自分と"花"が分離する





言葉を一つ覚えていくたびにそんなことが起こっているのだそうです。






言葉ってなんなのだろう。



なんのためにあるのだろう。




そんな疑問さえうかんできて 眠れなくなりそう。








私はライアーに出会って、"音"を扱うことをやっている。





もともと人が話す言葉は、情報としてでなく、どちらかというと"音"で認識していた気がする。





昔から、流行りの歌があると



"あの歌詞いいよね~"という話題になるのだけれど、さっぱり意味がわからなかった。





たぶん歌詞は聴いてないんです。



歌詞がいいからこの歌が好きって思ったことがない。





この歌好きと思うときは、メロディーとか音の感じが好きという認識だった。







これは人と会話するときもたぶん同じ。




なかみはたぶん聞いてない。




言葉に乗っかってる"音"として聞いてるんだと思う。






そうするとどうなるか。





思ってることと違うことを言ってる



思ってることと違うことをやってる





それがわかってしまうのです。




ライアーを扱うようになったらなおさら。






言葉の難しさってどこかで昔から感じてた。



なので"音"で伝えられる手段を得たとき、ラクでラクで仕方なかった。




ストレートでいいんだもんね。






いまはそんな音の世界にどっぷりなんだけど





世の中的には"言葉"で求められることが多い気がする。





一つの"正解"を求めているのか



その人にとっての正解を求められてるのか





何が正解かその人によって違うように




"言葉"って何通りにも受け取れるから難しいんだよ~




音はそのまま受け取れるから簡単。





でも人間 やっぱりハイレベルなものの方がいいのかな~。



スポンサーサイト
【2016/03/30 09:59 】
| コメント(0)
大麻の布からつながるところ

土曜日 国産、たぶん手績みの大麻の古布に出会いました。




蚊帳の生地より厚め。




穴あきだらけなのを次の日1日修繕して




ようやくストールとして使えるようになった!!





今日1日首にまいてました。




そうやって肌にふれて



そこから何を感じるのか



どこにつながるのか





そんなふうにモノと対話することをいつから覚えたのだろう








もともと植物なわけで



植物や木だと私はメッセージをキャッチしやすいです。







なんだろな~




木に出会いたくなった!





木というより森?!




濃~い深~い 緑の空間。





たくさんのいのちが それぞれ生きているところ







あ~



そんな世界をいつか表現してみたい。








一つのいのちが生まれ 消えていく




季節という流れる時間の中に生きているということは




そのたくさんのいのちの輝きを見守り、見送っているんだね






今年はそれを



ずっとずっと深~く感じています。





【2016/03/29 22:25 】
地球とあそぶ | コメント(0)
ライアーにひき方はあるのか??
郡山ライアーの会でした。



今日は見学の方もいれて5人+千葉さん。



会場的にはいっぱいいっぱい。





でも このくらいの人数の方がおもしろいのかも。







ライアーがはじめての方もいたので ひき方の話しになりました。







ライアーって 弦に平行に指をのせて 奥側から手前になでるようにひいて音を出します。(楽器をひざに置いた場合)




このとき ほっとくと なにも知らない人は琴のようにはじいたりします。






私はそういう場合も 別にいいんじゃない??好きなようにひいたら? って思ってて 



あんまりこうやってひくんだよ~って言ったことないんだけど





今日話しを聞いてたら やっぱりちゃんとライアーとしてのひき方があって、それをお伝えした方がいいな~って思いました。










響きが その人のカラダまで伝わるか そうじゃないのかのちがいまであるのだそうです。




はじいた場合は その響きは肘のあたりまでしか届かないらしく



それってすごくもったいないですよね。






ライアーの弦を通じてうまれた響きは自分のカラダにひびいて



その響きをまた 中心に(外の世界に)かえす





音はそんなふうに循環している世界なのです。











来月は ライアーレッスン&交流会で横浜に行き


その次の日に郡山ライアーの会というライアーつづきのスケジュールになりました。










あたたかくなってきたから 外でライアーひきたいな~。




お花見しながらライアーひいたら気持ち良さそう!!






サクラの木の下で どんなうたがうまれるだろう。






s-羊毛 053














【2016/03/28 22:11 】
ライアー | コメント(0)
麻につながる日
おととい かなりひさしぶりに青麻神社へ連れて行ってもらいました。



そこからの流れなのか 今日も麻。




福島市の大原神社社務所で 麻糸績みのサークル。






最近 (パワーストーンとよばれるやつ?)に浮気気味だったのが



やっぱり麻にグイと引き戻された。




薬石をもつなら 大麻でいいじゃない?!



そんな感じ。



石の世界よりもはるかに 植物の世界の方がなじみがあるんだな~。











今日 電車の中で よく言えば瞑想 そうじゃなければ半分寝てる・・・・・・・?!



そのときに DNAにアクセスしてみました。






はるかむかの”叡智”



レムリアンクリスタルに書き込まれたといわれていたりするんだけど




私 石はよくわかんないんだよね。



で、石と同じように書き込まれているんじゃないかと思われるのがDNA。





レムリアンクリスタルをいくらさわってもよくわかんな~い




でも DNAって どこのDNAみたらいいの??




目を閉じて カラダの中に意識をむけて探ってみたんです。




仙骨がひとつのセンサーになってる気もしなくない。


そこから上へ向かって・・・・・・・・・・・・・・




喉あたり? そこからなにか透明な水のしずくがひとつ ポタってハートに落ちた気がした。




よくわかんないけど なにかもらった。



魂のレベルでは なにかを得たのかもしれないね。




それでいいのだ~。










そんないきさつがあったからか 今日ピンとくる大麻の布に出会った。



蚊帳よりも厚地で 穴開いてるんだけど・・・・・・・・・・・・・・・・・




しかも 何に使うの??って状態なんだけど



すごくやわらかい波動で ひきこまれてしまいました。






パワーストーンブレスレットみたいなのつけるくらいなら コイツを首にでもまいとけや~





私は大麻でよいのですね。






ありがたく身につけさせていただきます。







DNAのもつ叡智


そこへアクセスする媒体は大麻?!




本人はよくわかんないけど



潜在意識のレベル あるいは魂のレベルで何らかのギフトをもらっているのかもね。







【2016/03/26 23:24 】
宇宙 | コメント(0)
ちょっと思考を変えてみる
きのう 石屋さんに行ったらそのあとおなかが痛くなりました。



エネルギー酔いかな・・・・・・・・・






今日はなんだかカラダの感覚がいつもと違う。


魂が半分どっか行ってる???




カラダがしっくりこない。



いつも以上にボ~っとしてるもよう。




さっき 包丁で指切ったし。





そういう日もあるさ~ね。






そういえば サラリーマンやってた頃 そういう日が定期的にあったような。



3ヶ月に1回とか 半年に1回とか。





そんなことをふと思い出しました。





こんな感覚 すごくひさびさです。



だから指切るんだね・・・・・・・・・




今日は珍しくなにもつくりたくないし 朝から創作活動関係はさわっちゃいけない気がしてた。






そういう日なんだ~と思うしかない。










で、今日はめずらしく?読書。



注文してた本がちょうど届いて。





先日再会した 植林ファミリーのNさんが ダスカロスの話しをしてくれました。



その単語何度も何度も口にされてて でも覚えられなそう・・・・・・・・・・・・・




スピリチュアルかつ横文字はまずキオクに残らないのです。





ある意味 それはフィルターって思ってて



あとで覚えてたら(思い出せたら)それは必要ということ。




私なりのルールなんです。




あえてメモをとらず 頭に残す。(ほぼ残らない)






ダスカロスは ”ラスカル+ス” って頭の中で回路ができて キオクしていたのでした・・・・・・・・(=∀=)



そんなんでいいのか?!



そういう連想ゲームのような回路つくったって 残らないものは残らないからね。








ダスカロスの話しを聞きながらなにを思っていたかというと




実は今年になってからヒーリングをもっとレベルアップさせたいという気持ちがムクムクとあって




でも スピリチュアルにはお金はいっさい出さんぞ~と決めているので



あらたな講座を申し込んで資格を得るとか あらたなスキルをみにつけるとか そういう方向では考えてなかった。





いままで レムリアを通してヒーリングの世界に出会って ヒーリングというものをみてきたけど



ちょっとちがう角度からもみてみたい。




それをやってみたいと心のどこかで思っていたんだね。(本人は忘れてる)




ちがう角度からみてなにを得るのか


そんな視点が私には必要なのでしょう。(それがレベルアップをさす)






で、ダスカロスの話しを聞いて さっそく本を読んでみようと思ったのです。



本くらいならお金だすよ。





たぶん 私のスピリチュアルな学びのやり方は



本を読んだりとか



ウィチョル族の占いの道具をさわってそこからなにかを得るとか


その道具をまねてつくってみて そのプロセスでなにを得るか、みたいなのとか





誰かになにかを1から10まで教えてもらうスタイルではなく


なんらかのヒントから 自分で発展させていくパターン




本もそうやって使うのです。





今回は 『エソテリィック・ティーチング』という本を買って読んでます(気になる箇所のみ拾い読み)





スピリチュアル関係の本って いくら読んでもなかみが入ってこなくて


去年の年末あたりにまとめて全部売っちゃったんだよね~。




レムリアの〇〇  シリーズとかね。


案外高く売れました・・・・・・・w( ̄o ̄)w






それはおいといて 『エソテリック・ティーチング』


拾い読みながら いままでの本に比べたら結構読めます。





こういうふうにちがう角度から見てみることが 何らかの糧になるのだろう



あるいは そこからあらたな道ができるのだろうと



そう思いながら新しい世界に足を踏み入れるのでした。






s-沖縄 2016・2 073





【2016/03/25 21:40 】
宇宙 | コメント(0)
いのちのひびき
友達に会いに 多賀城へ行ってきました。



オープンしたばかりのツタヤ図書館へももれなく寄ってきたのだけど。。。。。。。。。






まだサクラ染めの染液がナベに残っていて


薄いけど染まるかな~と思い、ヘンプコットンのてぬぐい用布を投入。



きのうのうちに染めて干しておきました。


友達に ひと足早く春をお届けしようと思って。





それを渡した時に ピリピリする~と言われ、




ヘンプが入った布だからかな~??と思ったら




どうやらサクラパワーのようでした。







モノといえども エネルギー持ってるんだね~。



つくってる本人にはまったくわかりません。






つくってるときは 楽しくHappyでいられるようにしよう。



いちおう 気をつけてはいます。









帰り道 いつもの信号で止まって ふと見上げたら



そこにはサクラの枝がありました。



つぼみがだんだんふくらんできて これから花を咲かせようとしている。






生きてるんだよ~ って言われた気がした。





そうだよね。



生きているんです。木や花や植物たちは。





しかも 冬から春にかけてのこの時期は、一番生命エネルギーが高くなっているんじゃないかな。




染めるということは それが布に宿っていると思ったらいい。




いのちはつづいているのです。






草木染めのなにかを手にしたとき



その植物や木のことをちょっとだけ想像してみてください。





いのちのひびきを 感じられるかもしれませんよ。






s-沖縄 2016・2 046



【2016/03/24 22:36 】
| コメント(0)
サクラの精とともに
お彼岸の入りの日に サクラの枝を剪定に行き



そこから枝をナベでグツグツ煮て



灰汁を入れて染めました。





春分をはさんでずっとちょこちょこ染めて




お彼岸の明けの今日 ひとまず終了。






ひと足先に サクラの精とたくさん戯れました。




楽しかったな~。



s-染め 作品集 102


s-染め 作品集 097


s-染め 作品集 099









枝を切ったときに これから咲こうとするつぼみもたくさんありました。



木屑が風に舞って まるでサクラの花びらのようでした。



たくさんの光が舞ってるみたい。





そして ごめんね~という気持ちをおさえて つぼみもろともグツグツ煮るんです。




やっぱりいのちをいただいているんですね。




グツグツ煮ていくと さくらもちの香りがただよってきます。





サクラの精は形を変えて あらわれてくれる。






それが 布の色になる。





だから ”纏う”んです。




サクラの精を纏う






草木染めは 自然のスピリットを纏っているんですね。




いただいたいのちは 色となって布に込められている。




形を変えて生きているとも言えますね。






もともと 自然界のスピリットとつながるために、木や植物から染めることをはじめたような気がします。




衣食住の「衣」の部分。




染めるとか 糸を紡いで布を織って衣服にする






自然界のスピリットを今よりもずっと身近に感じていた時代の人たち。



それは 身につけるということでなされていたのでは・・・・・・・・・・。






そんな感覚がどこかなつかしく思え



またどこかでその感覚を取り戻したくて 染めや糸紡ぎにのめりこんでいるのかもしれません。






そうやって木や植物たちとコミュニケーションをとっていたような気もします。



もっともっとおしゃべりをして 仲良くなりたいな~。







精霊たちは ごく身近にいる



その感覚を思い出させてくれたのは 草木染めの世界でした。











そんな感じで ここ何日かサクラの精とともに過ごしました。



ありがとう 


感謝とともに そろそろお見送りですね。(染液を土に還します)





染めた布たちとステキな思い出を残してくれました。







s-沖縄 2016・2 014





【2016/03/23 21:21 】
地球とあそぶ | コメント(0)
再会
春分を境に いろんなことが動き始めた感じがします。





今日 夫の会社で4月からの人事が発表になるらしく、引越しならすぐメールするといわれていて、


いまのところ特になにもないので4月は仙台かな。









きのう ちょうど幼なじみの友達が仙台の実家に帰ってきているからと会いにいって



東京きなよ~といわれ 東京話で盛り上がりました。



以前、私が中野にいて 彼女は所沢にいたのでした。





たしかに 東京楽しいよな~  ・・・・・・・・・・・・ 。








今日。


中国内モンゴルの植林ツアー仲間の方が仙台にいらしてて、会ってきました!!





実際に会うのは 何年か前のアースディぶり??




Nさんは ずっと毎年植林ツアーに参加し続けていて



いま植林地がどんなふうになっているかとか いろいろ話が聞けて楽しかったです。





内モンゴルといえども 経済化の波はやってきてて・・・・・・・・とか



カラオケができたとか



カシミヤのヤギが増えてる とか。(増えすぎて草を食べつくすから沙漠になる。でも、そのカシミヤを買うのは〇〇クロとか日本の会社)







そのうちスピリチュアルな話になり・・・・・・・・・・・・



本来のスピリチュアルってこうだよね~  な話。





なんだろう。



私の中でもやもやしていたことが 



あ~そうか こうしたらいいんだ~と ひとり納得していました。



思っていることと行動が一致すればスッキリなわけで・・・・・・・・・・







ん??って思うモノがあったとして



それって 思ってることと行動が一致してないからだよな~って。





たとえスゴイといわれる人がいたとしても 自分が ん?? って思ったときに



その??(ハテナ)はどこからくるのかな~ってこと。











そんな めまぐるしい 再会の嵐。






中国植林 ケイタイ 030




【2016/03/22 19:35 】
日々のこと | コメント(0)
いのちの源
春分ですね。




珍しく?仙台の自宅にいます。




ここ何年かは沖縄で春分を迎えていたんです。






今年は サクラ染めで春分を迎えています











草木染めをやるようになって ようやくわかるようになってきた世界があって




草や木 空 森 水  そんなあたり前のようにある”自然とのつながり”





つながるということは エネルギーを交換しているんです。たぶん。






エネルギーが枯渇しているな~と感じるとき





それは 自然とのつながりを失っているということなのではないかな~とぼんやり思うことがあります。




エネルギーの交換ができない という意味で。










先日 サクラで染めた薄い黄色の羊毛でつくったユニコーンを買っていかれた方が、入院している友達にプレゼントしたいとおっしゃっていて




あ~ やっぱり って思いました。




”いのちのエネルギー”を欲しているんだな~って。













いつ頃からか忘れたけど 作品をつくるときは自分で染めた糸や布を使うとか、紡いだ糸を使うとか




ほんのわずかでも どこかに自然からいただいた恵みを盛り込むようになっていました。




そう意識しているのはたしか。








現代人は 自然からのいのちのエネルギーが足りないのだと感じます。







田んぼや畑など農作業



木を植える




あと 森の中へ行く??


その場合は目的を決めずに。








日常の中に季節を取り込んでいくことで 本来持っている感覚がもどってくると思うんです。












木を植えることはオススメ。



特に中国への植林ツアー。



人生を変えたいと思う人には特にオススメ。



ちまたのセミナーとか講座に高額のお金を投資するよりはるかに効果アリなのでは・・・・・・・・・・・・・・・。









もう随分前に 内モンゴル自治区の恩格貝へ植林ツアーで行ったときのこと。(植林ツアーなだけにただひたすら木を植える。観光ナシ)





沙漠と青い空しかなく



そこで何日か木を植えていた



砂地に1mくらいスコップで穴を掘って植えるんです。




沙漠で日中は暑いし肉体労働なのですが ある瞬間にすごく癒されてるのを感じたんです。





冷静になって考えた時に どういうこと???って思って・・・・・・・・・・・・・・





でもなぜかわからないけど 癒されました。






不思議な感覚でした。





忘れていた自然とのつながりをもう一度思い出させてもらったのだと思います。









中国植林 ケイタイ 009




中国植林 ケイタイ 002




【2016/03/20 10:03 】
地球とあそぶ | コメント(0)
遠隔ヒーリング お休みします
レムリアンヒーリング®のヒーリングメニューの変更のおしらせです。




遠隔ヒーリングのセッションは しばらくお休みします




すでに メニューから削除してあります。(もう あまりやる気ない・・・・・・?!)






レムリアンヒーリング®のセッションは ”対面セッション”といって直接お会いしてヒーリングをおこなうセッションのみおこないます。



対面セッションも お部屋の中でというよりは できれば外で(森の中とかで)やりたいな~。





※遠隔ヒーリングセッションは どうしてもという場合、リアルにお会いしたことがある方なら承ります。(ご相談ください)



イベント的に一斉遠隔ヒーリングやグループヒーリングは気が向いた時にやります!










どこでもできるという利点がありとっても便利な遠隔ヒーリングですが



私自身のバランスをとる意味で やらないことにしました。








私はいろんな手しごとや作品づくりもしていて



ありがたいことに、オーダーをしてくださる方も出てきました。







ただ、あくまで私自身が主導で作品づくりをやっていきたいというところから、リアルにお会いしたことがある方からのみオーダーを受けることにしました。



(イベントに出展するのをメインにしたいのに オーダーに追われてしまったら なんでやってるのかわからなくなってしまう)





リアルにお会いしてやりとりすること  それは私にとってはとっても大事にしたいポイントなんです。








ネット社会なので 顔がみえなくてもつながったりお友達になったりもできます。



とっても便利ですよね。




遠く離れていても スカイプ使えば・・・・・・・・・といわれますが、それはやりません。





お互いのことをほとんど知らなくても SNSなどでなんらかのつながりができて



そこからお仕事がうまれることもありますよね。






そういう恩恵を受けてありがたいなと思いつつも



顔が見えない(お互いのことをまったく知らない)だけに お相手からのご依頼が過剰な要求に思えてしまうことが多々ありました。




私にはそう思えただけで お相手の方に悪気はなかったり、その方にとってはごく普通のリクエストなのかもしれません。







やる気あるのかといわれてしまいそうですが



色んな制約がある中で 自分自身の時間をまずはまもりたいなと。



その上で しごとができると考えています。









そんなこんなと 遠隔ヒーリングに関してはもう1つあって




地に向かうこと(グランディングと捉えてもOK)をやっているときに



染めとか 糸紡ぎとか  なにかつくったり・・・・・・・・・?





たぶん逆方向にエネルギーをつかうんですね。




それがいまの私のバランス?にとってはあんまりいいことじゃないと感じたので。(あくまでパーソナルな問題です)






そんなわけで よろしくおねがいします。






s-広島・祝島・宮島 173






【2016/03/18 10:07 】
ヒーリングメニュー | コメント(0)
宇宙とつながる音
きのうのつづき





"サムハラ"の音の響き





なんだろうね。



何につながるのだろう。







"サムハラ"の音をイメージしながらアウリスライアーを奏でてみた。








不思議でした。







太白山の登り口で秋分の日だったかその前日だったかライアーをひいたんだけど




その時おりてきたメロディーがあって




それがまたあらわれた。






シ ミ ファ# ラ






この4つの音だけで繰り広げられる世界。








なるほど。




ということは



"サムハラ"の音は、宇宙的な響きを持っているのだね





宇宙につながる音!?






(あくまで私が感じたことです)





【2016/03/17 22:47 】
| コメント(0)
サムハラ ?!
今日出会った響き



「サムハラ」





お友達の家にあったお守りの袋に漢字で書いてあった言葉。





漢字はおいといて





その言葉のもつ音の響きがすご~く気になりました。









どうやらサンスクリット語のようで



”シャンバラ”という説も。












サンスクリット語の音って不思議な響き







瀬戸内海  



祝島に行って 宮島にいって・・・・・・・・・



2011年3月10日頃のこと。





そのときに 無性にサンスクリット語の音の響きが気になったのだ。




たしかそのときは 真言(マントラ)が気になってメモったりした。




意味がどうこうじゃなく ”音”として。







(実は ウチの父は仕事でサンスクリット語にふれていたようで その後サンスクリット語の辞書をもらったのでした。いまだに使ってないけど)








さてさて 話はもどって 「サムハラ」



ネット検索してみたけど なんかちがう。





これは この音の響きから受け取りなさいよということなのか?!








こういうときライアー登場



最近は もっぱらアウリス35弦ライアー



ティラルは5音しかないから物足りないんだよね。





「サムハラ」をイメージしたらどんなメロディがおりてくるかな。。。。。。。。。。











<おまけ>

祝島で出会った風景

s-広島・祝島・宮島 106



s-広島・祝島・宮島 127






宮島で出会った風景


s-広島・祝島・宮島 219



s-広島・祝島・宮島 237






【2016/03/16 19:45 】
| コメント(0)
祈りに包まれた一日
震災から5年目の3.11を迎えました。




鎮魂の日




たくさんの場所で祈りがおこなわれていたと思います。







それぞれ 置かれている立場や状況はちがう。



もちろん 祈る日なので そうするのでしょうが





なんだろな。





祈ることで終わらせてほしくない。








東北の被災地じゃない場所にいる方は ぜひ被災地を訪れてほしいです。






テレビや新聞やネットから流れる情報で震災のことを思うのもいいですが




もしまだ訪れたことがない方は ぜひ一度訪れて



自分の感覚でリアルに感じてほしいな~と思います。















お正月に気仙沼へ3年ぶりくらいに帰りました。



すごく清々しい空気





人の気持ちはまだまだ前を向いているかというと どうだろう






でも 大地の再生する力の大きさは想像を超えるくらいはるかに大きかった



そう感じました。






大地は”再生”のエネルギーで満ちていて



”祝福”だな~って思いました。






あくまで私が感じたこと。




私が置かれている状況 キョリ感 立ち位置 ・・・・・・・・・・・・







それぞれ立場や状況はちがいます



だからこそ そこで感じたことを持ち帰る




きっと なにかその人の人生に力をあたえてくれるエッセンスになるのではないでしょうか。









 






おすすめのイベント ⇒⇒ 「第2回 希望の森モリ植林ツアーinみやぎ」


岩沼で木を植えませんか?


しかも 仮装して!!


楽しいですよ♪



私は少なくとも日帰りで参加します(予定)



【2016/03/12 00:24 】
日々のこと | コメント(0)
5年前の今日
今年は3/11が金曜日。



5年前も金曜だった。



だからか 重なるんだよね。









5年前の今日




3/10の朝 山口県にいました。




”祝島”という 瀬戸内海に浮かぶハート型の島へ「スタディーツアー」で訪れていた。







その週の日曜の夜に東京を出発。夜行バスで広島へ。(当時は東京に住んでいた)




初めて訪れた広島で 原爆ドームを見た。



そして 柳井港まで電車で行きフェリーで祝島へ。



たしか現地集合 しかも寝袋持参のちょ~っとサバイバルなニオイが・・・・・・





3/9のお昼頃まで祝島で過ごし、そのあと山口県上関までもどり、





3/10 の朝は ”田布施”という駅まで送ってもらって解散。



これからどうするの?ときかれ せっかくだから厳島神社へ寄って帰る~という感じで話したのを覚えている。







厳島神社にはじめて行った。



さらに弥山へも行ってみたくなり でもケーブルカーだっけ?使うと帰りの新幹線のお金が・・・・・・・な状況で



自力で登る。







もう1週間くらいの旅でつかれていて さすがに夜行バスで東京にもどる気はなく。







弥山 なかなかのくせものだったな~





いろいろ歩き回ってヘロヘロになっておりてきた。


寒かったのもあって 余計疲れていた。







その後新幹線に乗って 何日かぶりに家に帰った。




それが3/10の夜でした。






何日かぶりに ちゃんと布団で寝れる。





疲れと旅のもろもろで かなりまどろみの中にいた




そんな感じで3/11の日を迎えたのでした。









あの年 夜行バスで広島へ出発してから すべてがはじまっていて




そこからノンストップでつづいている流れ。





祝島のことをそれほどふりかえる余裕もなく 



3/11から世界は変わってしまい ある意味走り続けていて



それはいままでも続いている。









明日は 3/11 5年目です。



どこかでライアーひきたいな~。








s-広島・祝島・宮島 115



s-広島・祝島・宮島 121






【2016/03/10 19:47 】
| コメント(0)
Sarabande
ゲルトナーライアーで仲さんがひいた ヘンデルの『Sarabannde』 


美しすぎて とても印象に残っている。








Youtubeを検索したけど ライアーでSarabanndeをひいているのはなく、ほぼピアノだった。





ギターでひいたのが まぁまぁよかったけど


ピアノで聴くのは もう別物になっている気がした。







ライアーでひいてみたいな~。



楽譜買いに行くか~。












ゲルトナーのライアーを日本ではよく使われていて




というか ライアー演奏する人は ほぼほぼゲルトナーを使っている





千と千尋の神隠しのメインテーマもゲルトナーライアーで伴奏してるよね。









なぜ ゲルトナー???という疑問がいつもあってね。




でも 私はたぶん選ぶことはない。




まず買えないけど。



買えるお金があったとしも選ばないな~。









いつも少数派を選ぶ傾向があってね。。。。。。。。。



人と同じことをするって好きじゃないというか 自然にそう選ばないようで。









仲さんが ”パターン化されない” って大事だよ~っておっしゃってた。





演奏する人はゲルトナー ?!




これもパターン化されているのでは??と思わなくもない。














いままでの話はおいといて





仲さんいわく  ”ゲルトナーは時間をつくれる”






なるほどな~と思った。



だから 日本で流行るというか選ばれるんだ~って。










コロイが縦軸の動き ⇒空間  だとすれば



ゲルトナーは横軸の動き ⇒時間






”ひいた音が 時間の流れの中で どうよみがえるか”



”時間 = 生命力 生きる力 ”



”時間の中にうまれかわる音”   





そんなセンテンスをメモっていた。




うまく説明できないので そこらへんは読み取ってください。







勾玉の形が組み込まれているしね (これは私の勝手な妄想)



いのちを生み出すんだよね~。






そういうの いまの日本の社会にきっと必要なモノなんですよね。












そういうことをいろいろ思いつつも パターンをこわす!?




いままで積み上げたモノをチャラにして



次 買うなら 沖縄の竪琴   だね。



沖縄の竪琴の”わらびて” も いのちを生み出すっていうメッセージだよね。







じゃあ アウリスにもそんな仕組みがあるのだろうか。



アンダーソンさんの講演 せっかく聴きにいったけど 覚えてない・・・・・・・・・・・




ただ 自分でつくってるからね~。


何らかの仕組みは働いてるような。




ウチでノミで削ってた時間  満天の星とつながってた気はする。













【2016/03/08 12:13 】
ライアー | コメント(0)
音は生きている
郡山で 仲正雄さんのライアーWS&講演・コンサートに参加してきました。







音は生きていること



1音 1音 を感じること





それらを体験するWSでした。







言葉で書くとこんなも簡単なフレーズになってしまう




言葉でみると あ~なんだそういうことかって思えるかもしれない。












「知識」と「体験」の差





それは 富士山よりはるかに高いんです







”「知っている」  と  「できる」 はちがう山をのぼっている ”



そう表現される方もいますね。







ビジネス色がプンプンする表現になってしまいますが、



成功する人とそうじゃない人の差はココにあると思います。













ライアーの世界は  「体験させてくれる」モノなんですね。





楽器だから曲をひくモノ?? 




そういう方向性を追究したい方はその道を極めればいいと思います。





でも ライアーができること その可能性は 単純に曲をひく楽器だけに限定されない(全部の音階をつかっても)






「音」として追究する道もあるよな~と



そんなこともあらためて思ったり。。。。。。。。。。。。。










どなたかのライアーのレッスンを受けたいと思うときにそのへんはいつも悩むポイント。




その方は どんなことを思ってライアーを教えているのだろう・・・・・・・・・・・






ピアノとかほかの楽器を教えるのと同じように ひき方を教えて曲をひく練習をする技術追究のパターンはやりたくはない。(コレが普通です!と言われたとしても)





自分がライアーを通してやりたいこと、目指したいことと合う人のところでライアーを習いたいと思うのです。




習うという選択をするならば。








話がズレました。



きのうのWSでは 円になって1人1台ずつライアーをもち、1人1音ずつ担当て きらきら星をひきました。





ドドソソララソ ファファミミレレド  時計回りに順番に1人1音ずつひいていきます。








前の人の音を聴いて それを受けて自分の音を1音響かせ 隣りの人へ渡す






何度も何度も同じ1音(私は2つめのラの音だった)をならすんです。







その1音は 「自分」がそこに存在している音であり 全体を支える1つの音でもある




不思議ですね。






1人だけ円の真ん中に立って聴く役になれます。




これがまた シアワセな体験でした。





ひとりひとりの奏でる”音”の美しさ




そして 1音なるたびに そこにある”いのちのロウソク”にポッポッとあかりがともる感じがしました。












ライアーってすごい!!




奏でた1音は この世界に1つのいのちを生み出しているんだね。







この体験は ライアーだからできるそうです。









そのあとは「声」をつかって音の体験。



2つのグループにわかれ 最初は全員でGの音をハミングで出す。





次に 全員でGの音を出した後に ひとつはGの音 もう一つはAの音を出す



「2度」の音を声で体験している状態。





次に全員でGの音で出したあとに 一つはGの音 もう一つはFの音



「3度」の音の体験。






それらを真ん中で聴く役も順番にまわしました。





もう”音のゆらめき” でした。




目をつぶって聴いた時に オーロラがゆらめくイメージが見えてすごく美しかったです。






「2度」の音の体験は楽器だとうまくできなくて、”声”だからできるそうです。







音はオーロラのように生きているんだね~。(オーロラをナマでみたことないけど)











ひとつ発見をしてしましました。



前の日に アウリスライアーをみながら羊毛でアウリスライアーをつくりました。





で、羊毛でヨエックスもつくろうかな~と思っていて どんな形をしているのだろうという発想が頭の片隅にあったおかげか?!








ゲルトナーのライアーを仲さんがひいたときに ちょうどライアーの裏側がみえる場所に座っていて





”勾玉”だ~!!(((o(*゚▽゚*)o)))  と思いました。





ちょうど勾玉の形があって しっぽみたいなところと丸い部分を棒で1本支えているように見えました。





勾玉 ⇒ 胎児のようにもみえる






あ~ やっぱり いのちを生み出すんだね~。







なんのこっちゃ??




興味ある方は ゲルトナーのライアーを裏側にしてちょっとはなれて見てみると 発見があるかもしれません。







【2016/03/07 10:56 】
ライアー | コメント(0)
本当にやりたいこと?!
やりたいことに妥協はいらないよね~。





ここにきて どこか開き直り?!





ある意味 腹をくくる





そんな心境。









もしや夫が転勤?!の可能性があるのでなかなか3月~4月は予定を立てられず・・・・・・





先月あたりはそう思っていたものの




でもどこかモヤモヤ。






それが3月に入ったら、やっぱりやりたいことはやりたいじゃない!!と思うようになり






仙台にいること前提で来月の予定を入れはじめました。





なかなか強気になりました。







なんくるないさ~~( ̄∀ ̄)










ちょっとやってみたいことがあって



それは大阪でやってて



しばらく月一回通うか~?!






それもおもしろいかもしれない。







ずっとやってみたいことなら、そこにあらゆるエネルギーを集中させたらいいよね。






他なにもできなくなるな~








でも 本当にやりたいことなのか




その見極めさえできていればOKだ。







先月からのモヤモヤの期間




実は その見極め(選別)をしていたのかもしれない。






【2016/03/03 17:24 】
日々のこと | コメント(0)
| ホーム |