シンボル
神戸に行ってきました。



ディビットさんの「ソウルコードをアクティベートして人生の聖なる目的を生きる」ワークショップ」に参加しました。




めずらしく。




神戸ならいってもいいかな~と思い。



でも 神戸に行くことが大事だったと思う出来事があって 


ワークショップに参加することはきっかけにすぎなかったなという感じでした。




そういうもんです。





そして 1日のワークショップは なかなかしんどいっすね~



手づくりでなにかつくるワークショップなら1日は全然余裕なんだけど、


お話を聴くワークショップは 集中力がもたない。



半日が一番心地よいね。



それがよくわかりました。






ワークショップの中で ”シンボル”について少し話していて(全然メインの話ではない)


私にはそれが私にはすごくピンとくるものでした。





シンボル(象徴)は ハートとか星とかのマークみたいなのだったり 


絵や写真もシンボルといえるそうです。





で、シンボルって概念として入ってくるから 言葉がいらないって言ってた。



頭の中では 1日に4万回くらい思考はおしゃべりをしているんだって。


その思考のおしゃべりに邪魔されずに 意識を向けることができるそうです。





そうそう ソレソレ!!って思ったんです。






言葉を介するって すごく高度でムズカシイと思うんですよ。




でも たいてい 人は言葉を求めます。




”メッセージがほしい”





はっきりとした言葉がほしいってことよね。






言葉は受け取り手によってまったく違う意図で受け取られたり解釈されたり




高度なことやってるよね




絵とかマーク(シンボル)、音だったらそれだけで伝えられるからはるかにラク。





刺繍を縫ったり ライアーひいたり



なにかをつくったり生み出すこと



それは 言葉を介さないコミュニケーションなのかもしれません。




私がやってることは そんな世界です。











ワークショップに出て 一つ決めたことがあります。




やりたくないことはやらない!




なので、アファメーションと瞑想はやりません。




瞑想は ”動的瞑想”として糸紡ぎとか刺繍しながらできるから。



アファメーションは やる意味がわからないのでやらない。




そういうの 自分で決めていいと思います。


中途半端にするくらいならやらないと決めちゃうのもアリ。




自分を進化させる(成長させる)方法は人それぞれ



合うものを選んだらいいと思います。







s-長野2016 019












スポンサーサイト
【2016/06/30 19:20 】
宇宙 | コメント(0)
炭をつかって・・・・・・
今日まではなんとか天気がもちそうだから 畑へ。


麻炭をまくのと、


畑の四隅に 棒状の竹炭(小さいやつね)をさしに。





炭で結界をつくる なんて話しを思い出してね。







畑を見渡した時に(市民農園なので一区画ごとに区切られてる)


な~んか 流れが悪いな~と思ったんです。




気の流れというか エネルギーの流れというか



もともと肥えた場所ではないんだけどね。




もちろん 肥料どうこうはあるかもしれないけど



それだけじゃないんだな。





滞ってる感じ。






真ん中に向かって 


そして 真ん中から外へ





そうだ、四隅に炭を埋めよう (埋めずにさしてきた)






というわけでした。






炭を埋めながら これってクリスタルでも同じだよな~なんて思い・・・・・・・・・・・・




こうやってクリスタルで結界をつくったようなキオクがぼんやりとあらわれる。





むかしむかしはそうだったのかもね。




いまは クリスタルとか石はあんまりわからない。




むしろ 炭の方が得意だしなじみがある。



麻炭は 麻殻から自分で焼いてるし。





炭って 中立とかニュートラルになる感じがする。








今日は 藍錠染めの液をいじって


ちょびっとだけ麻を染めたんです。



そのあと畑へ行ったのだけど、



手は藍の色で青くなってるし


カラダに藍の独特のニオイがまとわりついてる




でも 畑とか自然の中では 藍のエネルギーをまとってるな~って思った。



藍の気を身につけている感じ



それがよくわかった。







s-農園2016 6.21 007



s-農園2016 6.21 013




【2016/06/22 21:21 】
地球とあそぶ | コメント(0)
紅花とルーツ
春に山形にいって


たまたま入ったお店に紅花のドライフラワーが飾ってあったのがあまりにもステキで




よし!紅花を育ててみようと思ったのが はじまり。



育ててドライフラワーつくりたいな~と思ったのです。




先月の写真。

s-農園2016 047




いま もっと大きいです。


育ったってるのは1mくらいあります。








紅花になぜかひかれた・・・・・・・・・・・・・






紅花の原産地は ”エジプト” なんだって。




エジプトか~。。。。。。。。。。。




何度か目の前にあらわれるキーワード。



なんだけど いつもスルー





きっと あんまりいい思い出ないんだろうな~








それがなぜか エジプトにつながる ”紅花” を育ててるなんて おもしろいね。






なぜかひかれる 紅花。


魅惑の色でもある。



紅花の赤は 太陽の光にあたるとなくなってしまうらしい(色あせる?というか)


だから 夜に輝く色なのかもね。


すご~く繊細。


染めたモノは 下着なんかに向くんだって。



その輝きは 誰かに見せるというより 自分だけがわかればいい



そんな感じがしました。




神秘的な色であり 花。


s-紅花・山形 001





ドライフラワーにしたいけど



ただいまめげそうになるくらい アブラムシ発生中。


もうビッシリです。



先週くらいまで毎日のようにアブラムシのこと考えてました。




でも てんとう虫が何匹かやってきてるのをみたら


あ~ ここにはすでに植物や虫たちの世界ができているんだな~って思って。



余計なことに手を出すのはやめました。








26日まで仙台市博物館でエジプト展やってるよね。


みにいこう。






来月は 山形で紅花まつり。

こちらもみにいこう。


s-紅花・山形 006




【2016/06/20 20:53 】
地球とあそぶ | コメント(0)
シンギングボウルとともに
6月はじめのライアー演奏のレポートをまだアップしないまま・・・・・・・・・・w( ̄o ̄)w





17日(金)こんなことをしました!


s-ゆがふ時間6.17







なんちゃって 演奏者でした~





shanti さんのシンギングボウルをさわらせてもらいました。


楽器は私のではありません。








ライアーとまったくちがう世界



これはこれでおもしろいですね。






適当にならしてても そこにストーリーがうまれる





どういう奏で方があるのかまったくわからないのですが



これだけたくさんのシンギングボウルを前にしたときに



1本 軸になる道というか音をつくって


その軸に合わせて あるいは沿って ストーリーをつくっていくといいかな~





軸になる音は そのときその空間に一番響きわたる音



その音をみつけたら あとはそれを中心に 一番心地いい世界をめざして音を重ねていく





なんちゃって演奏者なりに そんなふうにならしてましたよ。








たぶん 2つ選択肢があると思うんです。



ヒーリングライアーでもおんなじです。






一番響く音をさらに輝かせるように音の世界をつくっていくのか



そのとき響かないを音を いかに響くように世界をつくっていくか






好みでしょうね。




私はいつも前者を選ぶし


これって 生き方でもあると思うんです。








ヒーリングライアーのオーナーさんたちから 自分と向き合うとかライアーひいて苦しくなるとかいう話を聞きます



コレさちべえ目線では  ????????




私はライアー(特にヒーリングライアー)をひいて 楽しいしか思ったことないです。



そこには”楽しい”しかなく



楽しいと思わないときはたぶん楽器をさわってない。






なにかをやるときに ”楽しい”とか”わくわくする”からやるんです。


わざわざ しんどくなるようなことはやらない。





良いか悪いかではなく そういう選択をしているということ。



自分の中にある基準


持っている基準がそうだということ





基準がどうであろうと それがシアワセと感じる世界につながっているならいんじゃないかな~





ブラジル ケイタイ 046





【2016/06/19 12:49 】
| コメント(0)
切り替え
新しくノートを買いました。



私は 和暦スケジュール帳を使っていて 


そのほかに1冊ノートを持ち歩いてます。



そのノートは1日で2ページ分(見開きではなく紙の表とウラ)使っていて


ノートの枚数分日にちを書いてます。




いま使ってるノートは 4/15から始まって6/23で終わります。



日々そんなに書いてるかといえば 書いたり書かなかったり。



スケジュール書いたり、あとそのとき出会った物事だったり。



文字じゃなくて絵も多かったりする・・・・・・・・・・・




だから 横罫ではなく方眼か無地のノートを使います。






そろそろノートがなくなるから新しいのをと買いに行ったのです。



そしたら いつも使ってたノートがもう販売されてなく


かといって まちなかまで買いに行くのも面倒。




う~ん どうしよう。



迷ったあげく いつもとはちがう 100シートある方眼ノートを買ってみました。





使い慣れてるモノを変えるって 結構勇気いりますよね。




でも こういうのって変化のタイミングだなという気がしていて。




新しいモノに切り替えざるを得ない状況。







新しく買ったノートに日にちを書いていったら


6/24からはじまって 9/30に終わる。




おもしろいね。



自分の流れというか 変化のタイミングがしっかりそこにあらわれてる。





日にちを書き入れるときには 旧暦の手帳をみながらこよみを眺めてる



そうすると 知らず知らずに こよみの流れをよんでるんだよね。




そこに自分のスケジュールがどんなふうにのっかってくるのか。







9月はパワフルそうだな~


濃いというか。



1月から始まった1年とすれば 一番かも。


その先見てないからなんともいえないけど。




そんな直感。




そして 私自身も忙しくなりそう。



スケジュール的にはまだほぼ白い状態なんだけど なんとなくそんなふうに感じました。









今年はもう”13の月の暦”はいいかな~と思ったのも一つの変化だね。


7月後半から1年が始まるのだけど。




いまは 旧暦にどっぷり。


宇宙の流れ わかった方がそれはそれでいいのかもしれないけど



畑しごとにはいらないな~。




日々の天気とか季節感とか


そういう感覚に鋭くなるし たぶんいままで以上に感じようと無意識にエネルギーを注いでいる。




私にはそれが 眠っていた感覚をよみがえさせられるようで



忘れていたものを思い出す感覚でもある。




植物に囲まれて生きることが こんなに心地いいものだって。






今日 ひさびさに実家へ行ってきました。



あじさいやサツキなど たくさんの花が咲いていて


あたりまえのように こ~んなたくさんの植物に囲まれて生きてたんだな~って思いました。



そんなこといままで考えたこともなかった。





実家を出てもう15年くらい??


求めていたモノは 実は当たり前に手にしていたんだな~って思いました。







うーたんたち ケイタイ 338




【2016/06/15 21:22 】
こよみ | コメント(0)
流れ
今年に入ってから なんだかいままでのやり方ではうまくいかなくなってきて・・・・・・・・・



イベント出店は ヒーリング関係は一切やってません。


手しごといろいろ 羊毛フェルトとか ドリームキャッチャーやサンキャッチャーとか


そういうのをつくって出店してます。



なのでマルシェとかが多い。




森の中(屋外)で出店したいな~(テント貸してくれるところで)というのがあって


気づけば仙台での出店が全然なくて、山形や福島へ。





それも一つの流れ。






自分がいまやるべきこと やりたいことに集中するために


お会いしたことのない方からの遠隔ヒーリングや 作品のオーダーはやめました。






ウチでワークショップなども なんだかできなくなってきて・・・・・・・・


家はあくまで居住スペースであって そこをきっちり確保したいというか。



容易に誰かれかまわず 自分のスペース(それは聖域でもあるよね)に人をいれたくないな~と思うようになりました。





もはや製作スペースになってしまってる。



だから”工房”なのか?!



モノをつくるというのも エネルギーが入るのですよね。






さて こういうのが一体どこへ向かうのか。





モノをつくって マルシェなどに出店する流れは変わらないと思うのだけど





いま ワタを紡ぐ会?を月1回 お友達の家でやってます。


ワークショップとしてではなく ただ紡ぐ時間を設ける感じ。


だから お金を介していません。







最近出会った 平日に使えるとある場所があって


そこは ワークショップなど有料にすれば会場代がかかるけれど、無料であれば会場費もかからない。



活動するには強力なバックアップになるよね。


ありがたい。





お金を介さなくてもやりたいことが実現する形



なんか ヒントになるな~。


究極的にはココを目指したい。





ただ完全にとはいかなくて 私も活動していく資金は必要です





いま考えているのは


 ・レムリアンヒーリング®のヒーリングセッション


 ・ヒーリングライアーの体験


 ・レムリアンヒーリング®認定講座



これらの料金を自由設定制にしようと思ってます。



これらは誰かが考えたビジネスで それを使わせてもらっているものですし。



どういうふうに運用しようか 細かいことをもう少し練ってから。






古いものからはおりて 新しいシステムを選択する


そういうタイミングなのかもしれないですね。



s-長野2016 010





【2016/06/08 17:38 】
宇宙 | コメント(0)
新月タイム
もうすぎてしまいましたが 新月でしたね。


じっくりと 落ち着いた場所で 新月の願い事を書く時間




略して? ~新月タイム~




モーニングをやってるカフェへ行って ゆったりと書きました。






といっても 願い事を書くことが目的ではありません





???????




まぁ 書くんです。



書くんですけど、たぶん私なりの使い方。





願い事がかなうとかかなわないとかはおいといて



書きながら どんなことが心から湧き上がってくるだろうか。





キーワードにように 短い単語でいいんです。



湧き上がってくるキーワード。





それは 自分がいま何にフォーカスしているか ということなんですね。






願い事として書くことは それはそれで一つの目標なんだと思います。




でも、ゴールのようにみえる その奥にある ”なにか”





そこをあぶりだすための 新月の願い事を書く時間。





だから 落ち着いた場所で ゆったりとした状態で書くことが大事。








いま 何にフォーカスしていて それはどこからくるのか



日常の体験してることの中にそのきっかけはあって。





そうやって いまの立ち位置を確認する



そして これからどこへ向かいたいのか



こうなったらいいな~とか こうしたいとか あれこれ思い巡らすのです。






自分の心の内から湧き出すモノにフォーカスする






自分がどうなりたいのか 



やりたいことは外からやってくるものでもなく



誰かが教えてくれるわけでもなく



自分で気づく(わかる)しかないんです。








きのうは家を出る時にひらめいて 正木高志さんの 『スプリング・フィールド』という本を持って行きました。



スプリング  ”泉”




”泉のように湧きあがる”





ひさしぶりに読み返しましたが、いま思っていることにすごくリンクしていました。






s-長野2016 009








【2016/06/07 11:26 】
こよみ | コメント(0)
自然の中にある音
楽器を奏でることでうまれる音は ある意味人間がつくりだす音。



楽器をひくことでうまれる音でも 心が解放されたり十分癒されます。






でも 自然の中にいって そこにある音を聴く



それが 楽器からうまれる音よりもはるかに心に響いてくる気がします。







ライアーをあつかうようになって 森や海に持っていってひくことが多くなりました。



それはそれでステキな時間なのですが





ふと 自然の音に耳を傾けたときに そこにある世界を感じました。






風の音や鳥の鳴き声 木々のゆらめき・・・・・・・・




それはあたりまえにそこにあって 流れている世界




楽器いらないね




ライアーがあることでかえって見えなくなっていたのかも。









畑を借りて作業するようになって


自然の音の中にいる時間がふえました。




キジがないて 竹やぶを風が通り抜ける音がする





そんな気配をリアルに感じることに なにもいらないことにようやく気づきました。









そわそわ落ち着かなかったり


なにをしたらいいかわからなくなったり


いろいろ迷ったり





そういうときは 一人で自然の中にひたって そこにある世界をただ感じてみたらいいと思います。



森の中


川のそば





大きな木のそば    などなど





瞑想って私はあんまり好きじゃないけど 瞑想のような効果はあるのでは?!




”つながり”を思い出す時間





どこまでも無限に 豊かな世界がそこには広がっているでしょう。






s-長野2016 055




s-長野2016 077






【2016/06/05 09:31 】
地球とあそぶ | コメント(0)
ずっと伝えたかったこと
たくさんのピースが ようやく一つになるような



いろんな道具があるけど それらをようやく使いこなせるような




いまはそんな時期。









ヒーリングライアーをつくって


海や森でひいてきた





”音”という 共通言語を手に入れて


花や木や植物 自然のあらゆるモノとつながれる気がした。







一方で ヒーリングライアー もっともっとちがう使い方があるんじゃないかと


どこかで思ってきた。








木とのかかわり  木のメッセージを伝えること








ライアーにかかわるずっと前から 木はずっとずっとそばにいて



木とともに生きてきた気がする。





あるときは 森の中であそび



あるときは 内モンゴルの沙漠やアマゾンの森に植林をし




いまは ライアーをとおして音を届けている。








いままでずっと 木とかかわってきた話し。



そんなことを ライアーを通して伝えていけたらいいな~







私にできる 木からのメッセージの伝え方。










まだまだ参加できます!!


~ライアーでゆるゆる時間~

☆日時:6/9(木) 10:30~11:30くらい


☆場所:坂元植林の家(サカモトの家)  名取市杜せきのした5-26-11
 りんくうタウンにあるモデルハウスです
 モデルハウス前に駐車場があります


☆参加費:500円

お子さまの参加も大歓迎です

横になってライアーを聴きたい方はバスタオルなど下に敷くものをお持ちください



☆お申し込みはさちべえまで
 13_nahanohana_31★ezweb.ne.jp (★を@にかえてください)
 090-9639-8411
フェイスブックでつながっている方はフェイスブックメッセージでもOKです





s-長野2016 011







s-長野2016 051


















【2016/06/04 18:06 】
地球とあそぶ | コメント(0)
ネパールから
ネパールへ行ってたお友達からおみやげをいただきました。



それが 


なんと



シンギングボウル!!





ネパールで買った時の状態で 現地の新聞でくるんであって


今日 森の中でわたされたときに あけました。




ネパールの空気が解き放たれた?!






シンギングボウルは そのへんの雑貨やさんに売ってるようなのではなく



たぶん職人さんが手彫りで?絵や文字をほってるやつ。







こういうのをつくれる職人さんは きっとそこにスピリットをこめることができる。






スピンドルに絵を描くのと同じだなって思ったことがある。







回転するアート




回転させることで スピリットがつながる?!





そこに祈りやらがあって


回転するエネルギーで 解き放たれる感じ





糸を紡ぐ道具や


演奏する楽器は



限りなく 自然とつながる あるいはスピリットとつながる ”儀式”の世界に近づく









そう 儀式(セレモニー)



誰のためとか 何かのためとかじゃなく




純粋に 自然やスピリットにつながる



何の約束も 見返りも 求めることなく





そんな世界が目の前にあって



やるんだよ!と そのための道具があらわれる。












雨乞いもそうだ。



おととしかな ウチにやってきた ”Cloud"というインディアンドラム。




たたくと 雨が降る。






水のエネルギーをうまく使いこなすことがいまとっても大事な気がしている。






どうしたらいいのだろうと思っていたときにやってきたネパールからのシンギングボウル。




何らかの助けになるのだろうか。





あつまってきている シャーマン的な道具たちをいかすことをやっていくのかな~



うっすらとした予感。

















【2016/06/03 18:30 】
| コメント(0)
珍事?!
GWに長野へ行きました。



そのときに買った長いも。




忘れていた・・・・・・・・・・・






そしたら なんと 




先端からにゅるにゅるとツル?がのびていて



だいぶ大きくなったときにようやくその存在に気づきました。(思い出した)








これは困った。



どうしましょうね。






なんらかの存在をまたつれてきてしまったのかしら・・・・・・・・・




コミュニケーションとれないものかね~




たぶん 長いものツル?も困っている。







こういうとき ステラ(旧ティラル)ライアー登場。





なにも考えずに うまれてくる音の世界にしばしひたる。






な~んとなくだけど 長いものツル?は 


誰か(なにか)からのメッセージを託されているのでは?という気がしていて





それでライアーを奏でてみたのだけど



私にはよくわからない。




でも 魂レベルではきっとなにかメッセージを交換していたと思う。







静と動のある 音の世界だった。





「静」




音が存在しているのかしていないのかの その境めの世界まで 深~く海をもぐるかのようだった。









いま ちょうどベランダのプランターにたくさんの芽がでてきている



だいぶ前に蒔いた種が 忘れた頃に出てきたり。





いのちが目覚める季節。




きっと それぞれが最適なタイミングでスイッチが入る瞬間があって



目覚めるんだよね。




それを日々実感しています。






長いも どうしようかな~・・・・・・・・・・・・・・















【2016/06/03 09:34 】
| コメント(0)
| ホーム |