今年のうちに~・・・・・・
s-ビーズ紐織り



今月 東京でプリミティブ・テキスタイルWSに参加したときの アンデスビーズ紐織り



整経からやったので ほとんど家で織ることになりました。




腰機織りの原理なので 持ち運べてどこでも織ることができます。




時間をみつけてはちょこちょこやっていたのですが 


まとまって織る時間はなく 終わってなかった。





きのう 温泉に行った時に きっと部屋ではヒマだと思い 織る道具一式持参しました。



部屋で2時間くらい集中して 終了!!





なんとなく 今年のうちに完成させておきたかった。



今年という時間が詰まっている。








このビーズ紐は髪の毛を結ぶ時に一緒につける?!



織ってるもよう 自分を護るイメージだった。




自分だけのアイテム。






特別な時に身につけるモノ。




ヒーリングするとき とか


出店するとき とか。







”特別なときに使うアイテム”


自分の持ち物に そんなカテゴリーができつつある。





知床で出会ったアイヌのペンダントもそう。



ふだん ファッション感覚でつけるものじゃない。







特別な時につかうアイテムは やっぱり自分でつくるのが理想。


プロテクトするという意味でも。



そんな感覚を持つようになったなー。






そういえば myライアーも 自分でつくった!


ステラライアーも アウリス35弦も。



自分の波長にバシッっとはまるモノを持つって大事だよね。




楽器(ライアー)は特に。


バシッとはまった状態からスタートできるわけだから。








自分で紡いだ糸から布にして 服をつくる



いつの日か。



それは最強のアイテムだ!









スポンサーサイト
【2016/12/31 22:02 】
アート | コメント(0)
私の中に眠ってる音
下北沢にある"気流舎"へ行ってきました。



宮田さんのライアーライブ。





日暮里の出展とタイミングがバッチリ合ったおかげで



念願の 気流舎ライブに行けました!






宮田さんのライアーで クリスマスソングを生で聴きたい!





"戦場のメリークリスマス"も



"恋人はサンタクロース"も




めっちゃステキでした。



こんなふうにひけたらな~。





憧れます。






途中 即興演奏がありました。




なんだろう。



同じ空間なのに 別な風景が見えるかのよう。






そういえば ヒーリングライアーにもあんまりさわらず




曲ばっかひく方に一生懸命だったなー。






即興演奏ちょっとやってみたい。





くすぶる ではないけど



何か生み出したいような




そんな形がない ぼんやりとした 何かが



"音"として外の世界に飛び出すのを待ってるようだ







でも 即興演奏を忘れるくらい曲をひくのが楽しくて




やっぱり曲ひきたいや。






ライブの最後



レナード・コーエンの"ハレルヤ"




静かに響き渡った。



うわぁ めっちゃ感動!!




コレひきたい!!






クリスマスソング あれこれひきたいけど



レナード・コーエンの"ハレルヤ"がベストだ!





単純に コレ カッコイイ!ひきた~いという気持ちがわきあがった。





作りたいモノもひきたいモノも



こんなハートが揺さぶれる感動から始まるのだ







左手負傷中 なんだけどね。




接骨院通いながら ライアーひく ・・・・・・



【2016/12/23 23:53 】
ライアー | コメント(0)
冬至 越えて
きのうは冬至でした。




明日 出店を予定してるイベントがあり、



今年は冬至だからと特別な事はできないだろう




いや むしろ製作に没頭する日になりそうだ




そんな感じでした。





ただ、そこはやっぱり節目なのか




本能的に 自分のカラダ(内面?)と対話もしていたのです







その前日 久しぶりにステラライアーを調弦し サラっとひいてみた。




ん??なんか違和感。




そうだ、左手を負傷していたのだ。



てのひらと甲のあたり→"中手骨"ってやつです。





すっかり忘れてた。





そりゃあ カラダのバランス変わるわな~。




そんないきさつがあり、きのうは自然と自分のカラダと対話していたのかも。





左手かなりパキパキに固まってる感じがして



自己流マッサージをしてみたのだけど・・・・




やっぱり左手 おかしい気がする。。。。。





こういう時こそヒーリング。




しかし、今回はヒーリングしても違和感が残り




さぁ どうしよう。



このまま自力で治すか。




病院へは通いたくなーい。



レントゲンだけとってくれる所ないのかな~。



そこさえ判断つけばあとは自分でなんとかするよ~。




ケガするたびにいつもそう思います。






妥協して 整骨院か接骨院へ2回くらいは通い、あとはドロップアウトしようかな~。



整形外科にしないところが妥協。






今回のポイントは、ヒーリングしても違和感が残ったこと。




だから悩む~。





冬至でこんなことをあれこれ悩むとは思わなかったなー。




普通の人は悩まずに病院行くのよね、たぶん。




でも、望まない治療をせまられるのだけは我慢できない。




そんな葛藤。





【2016/12/22 11:28 】
日々のこと | コメント(0)
クリスマスにひきたい曲
水曜日 郡山のミューカルがくと館で 会いえるの会主催の「ライアークリスマスコンサート」でした。



郡山ライアーの会で演奏して あいえるの方たちも一緒にプリムライアーやグロッケンなどで一緒に参加した演奏会。



とっても楽しい時間でした。




プリムライアーの伴奏やメロディが入ると またおもしろいです。


演奏(音)が大きくなる。(音量ということではなく)



音の輝きが増す気がしました。











カシオペイアの楽器たち 大集合?!


私もこの大集合にお目にかかるのは初かも。


s-ライアー 053



s-ライアー 056



s-ライアー 055



こんなにあったら1日ならしてても飽きないよ。






最後に 参加者もみんなでこれらを1つずつ持って 大・演・奏・会 ~!!












さてさて クリスマスにライアーでひきたい曲 なんだろう。



そんなことをふと思いました。





今年みんなでひいたりしたのは 「森のクリスマス」と「クリスマスがやってくる」


どっちも初めて知った~。



クリスマスの時期によく流れる賛美歌は それってクリスマスじゃなくても歌うよね~と思ったり。





私がクリスマスの曲で最初にうかぶのは マライアキャリー。




そんなことをフェイスブックページに書いたら 山下達郎もいいよね~となったり。





宮田さんがアップしてた 「恋人はサンタクロース」 めっちゃよかったな~。





そういうのをライアーでひきたいな~ 


ひけたらいいな~という願望。





楽譜を買って それをひいたらひけるのだろうけど


そういうことじゃなく



ライアーっぽくひきたい。





楽譜はたぶんピアノ用で そのままひいてもあくまでピアノの世界なのですよ。




ライアーの世界に合うようなモノ。


アレンジするしかないんだろうけど。





ライアーの世界に合うように ひけるようになりたいな~








そんな天高くそびえるような願望を遠くに見つつ



ひいてみたいクリスマスの曲をポロポロひきながら



クリスマスまでを過ごそうと思います。





s-シャスタ2011 150




s-シャスタ2011 052









【2016/12/16 10:19 】
ライアー | コメント(0)
どこへむかう?!
日曜日に急激に体調が悪くなり・・・・・・・・・・・


熱はさがったけど 胃腸の調子はまだ完全じゃなく


食べてもあんまり味がわからないし・・・・・・・・・・・



それ以外はピンピンしてるから ある意味自宅待機はヒマなんだけどね。







体調を崩した時に ふだん何気に食べてるモノのがおいしく感じられないとか よくわかる。



意識はソレ食べたい!なんだけど 肉体が受け付けない みたいに。




普段はジャンキーなモノも平気だからかもしれないけど。




平常時の人間の体ってスゴイね~。(←ソコ?!)









スピリチュアルなことをしている方たちって食べ物に気をつかっていたりされるけど


私は全然気にしない派。

(ベクレルはいちおう な~んとなく気にするレベル)




だって つまらなくないですか?!


家族で酒盛りしたりできないよね~?



行けるお店も限られるし。









堕落的な道を歩んでるように見えますが



スピリチュアルなことしときながらですが




私 正直”アセンション”とか ”ライトボディをめざそう”とか まったく興味ありません。


やりたい方 どうぞご自由に って思ってます。



私は3次元の地球を楽しみたいな~。(宇宙人ならではの発想?!)







スピリチュアルをやってる人 みんながみんなアセンションとかライトボディを目指してるわけではないと思うのですよ。


それでも 少数派だと思いますが。








そういう世界をめざしてる方たちは それはそれでいいと思うのですが



あんまり楽しそうに見えない。





私は 楽しくないことはやらないので だんだんそういう人たちからは離れぎみです。






あとは 私はスピリチュアルなことだけで生きてるわけではなく



どちらかといえば がっつり3次元を生きてるので



スピリチュアルは自分の中の一部にすぎない と捉えてます。





瞑想するのも好きじゃないし アファメーションをやる意味もわかりません。



そういう時間があるなら スピンドルまわして糸を紡いでたいです。




それで十分です。


十分に 自分の人生を創造していけます。







じゃあ スピリチュアルな学びで得たことはどうしてるのかといえば



紡ぐ 染める 織る  


そういう中に自分の感覚を使って 宇宙とつながって創造することを自然にやっているのだと感じてます。






あるいは



畑にタネを蒔くタイミングをはかるのもそうかもしれない。





草木染めの時も 植物と波長を合わせるし


染めるために 植物や木を採ってくる段階でも 植物と波長を合わせることが必要になる。






なにかをつくること 


そこにエネルギーをそそぐってことは スピリチュアルな能力を使ってるんです。








モノづくりがメインでやってきた1年だったけど


いままで見えてこなかった部分がよくわかるようになった。





宇宙とつながる方法って いくらでもあるんだよね。





私はこれからもモノづくりをしていきたいし


それなら この方法が合うんじゃない??と与えられたのが様々な手しごとなのだと思う。



3次元の地球を楽しみたいしね。




3次元を楽しみながらも 宇宙ともつながる  一番理想な形を手に入れた気がする。



それが私にはベストなバランス。






たぶん 宇宙とつながることや スピリチュアルなこととのおつきあいの方法は 人の数だけあるんだよね。


自分で見つける(気づく)しかないのだけど。





やりたいことだけ選んでいったら 案外シンプルかもしれないね~。(これも私のやり方かな?!)








さて 明日は郡山で ライアークリスマスコンサートです。









s-画像 724






s-画像 749







s-画像 013











【2016/12/13 21:36 】
地球とあそぶ | コメント(0)
チャネリングタイム

アンデス・ビーズ紐織り つづきを織る

s-織り 023




どんな模様を織りたいか



4種類のパターンがあって(そうこうが4つだから)



組み合わせて生まれる模様たち。





そのときの気分で決めるというか


どんな模様でどんな順番ではすべてそのときのインスピレーション。






生み出される模様は きっと宇宙からのメッセージ。



実に 雄弁に語ってくれてるよ。




s-織り 024







糸の色がちがえば また印象が変わり


今回この組み合わせにしたのもインスピレーションだし




きっと この色たちも 模様とともに 語ってくれてるんだろうね。







ただし 3次元の私には解読不能。


魂レベルで受け取っているハズ。





言葉にすることはまずムリなんだよね。






”感覚”で受け取って



その受け取った”感覚”は またどこかでまたなにかを生み出す。







もしかしたら ”音”には変換できるかもしれない。



宇宙の響きを受け取って きっと模様とか色であらわしてるから。




この模様から どんな音(うた)がながれているのだろう。







糸を媒体にした 宇宙からのメッセージ。





はるか昔から こうやって人は 宇宙とつながっていたのだな~と



伝統的な技術(伝統的であっても一番シンプルな形)は教えてくれます。









s-仙台の風景など 259












【2016/12/06 14:08 】
宇宙 | コメント(0)
12/14 ライアークリスマスコンサート
12/14(水) たいむILさん主催のイベントで 「ライアークリスマスコンサート」が郡山のミューカルがくと館で開催されます!!


郡山ライアーの会で演奏します。




参加費無料なので、ライアーにご興味ある方 ぜひこの機会にライアーに出会ってみませんか?(要申し込み)




たいむILさんのイベントをコピペ


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

生活介護事業所 たいむILは、ライアーの演奏会を開催いたします。

去年は、がくと館中ホールでしたが、今年は大ホールに会場を移して、皆様と楽器を鳴らして演奏をしたり、クリスマスソング等を楽しみたいと思います。

演奏は「郡山ライアーの会」です。音楽療法の先生として来ていただいている、カシオペイア主宰 千葉義行氏が指導をしていらっしゃる会です。

場所 ミューカルがくと館 大ホール
    郡山市開成1丁目1-1 ℡ 024-924-3715
時間 開場13:00 演奏13:30~14:15

参加費は無料ですが、12月9日(金)までに、たいむILまでご連絡をお願いいたします。
【お問い合わせ/申し込み】
   生活介護事業所 たいむIL
   ℡ 024-973-5156 柿沼まで
お子様連れ 大歓迎!!皆様のご参加を、お待ちしております!


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



「ともだちになるために」 「わたしの時計」 「クリスマスがやってくる」   など


あと コリン・タンサーのエチュードもやるとか 案が出てた。







メロディ練習してます。


myプリムライアーも持っていくことになっている。


みんなでプリムライアー演奏もあるのかな??



s-ライアー 015







去年くらいまではわらべ歌が多かったので 練習せずに 楽譜も持たずに行くことも多々あったのですが(←オイオイ)

だんだんそうもいかなくなってきた。




本番も譜面台と楽譜持参するようになりました。



楽譜は基本よめないのだけど みんなで合奏する場合、どこではいるかとかわからなくなるので。


メロディでもなく伴奏でもなく カウンターメロディとか真ん中のパートだと やっぱ必要よね~。









それ以前に 日々練習する機会は増えたな~ (当たり前か!?)



日々ライアーをさわる機会が増えました。







ヒーリングライアーの演奏がメインだった頃は


ヒーリングライアー 即興演奏だから 練習いらないんだよね。




でも アウリスのライアーでアンサンブル演奏は 曲をひく以上練習はいります。





10月頃から月1で演奏をする機会があり


だから 夏頃からはいつも そこに向けての練習する時間を日々の生活の中につくる ということがうまれた。




あんまり出店もない時期はヒマなのかといえばそうでもなく



ライアーの練習してたな~。



なかなか思うようにひけないときは特に。







たぶんこれからも 日々のルーティーンの中にライアーを練習する(ライアーをさわる)時間ってのは変わらずにあるんだろうな。





あ、3月くらいに 郡山ライアーの会で発表会やるとか


そんな話しもあった。




アウリスライアー ますます大活躍の予感。




s-ライアー 052



【2016/12/05 11:56 】
おしらせ | コメント(0)
聴くこと
ライアーをやり始めてから特に ”聴く” に意識を向けるようになった。



もともと 「音」を聴くことは得意で


ますます本来の力を取り戻す感覚がどこかにあって・・・・・・・。



というか そういう世界がめっちゃラク!






一方で あくまで 得意なのは 「音」 を聴くこと。


「文字」になってる情報(日本語)は得意じゃない。



普段の会話とかテレビの音声とか なにかのセミナーで話しを聞くとか


言葉として認識できるものは 実はあんまり入ってこないシステムのようです。



言葉以前に 音で聴いているためなのか?!



あんまり人の話し(内容)を聞いてないのはそのあたりだったりする。



英語なら 私の中では文字情報とは認識されないので 聴いてて苦にならない。






セミナーとかで1日座ってるのが苦痛になったのは


外の世界に向けて自分の感覚をひらいていった頃からかな。



自然界とつながるというか。


目には見えないもの 感覚でしか受け取れないもの



そういう世界に向き合い始めたとき。







音を聴く 無意識に強化していくことになったわけで


学校の授業のような形で 人の話しを1日聞いていられなくなった。





思ってることと言ってること(やってること)がちがうというのも 


「音」を聴いてるから 人よりは敏感にわかってしまったりするのだよね。






音には余計なモノがのっかってないから ずっとずっと簡単に思える。私には。


本音とタテマエ みたいに わざわざ複雑になってない。









音とか色とか絵とか



文字をもたなかった時代の人たちは そうやってなにかを伝えてきた。


口述でしか伝わっていないようなモノや形。




文字(言葉)では伝えられない 感覚でしか受け取ることができないようなモノ






いま自分が持つ感覚すべてを使って 


そういう世界にアクセスするようになった。





スピンドルをまわして糸を紡ぐことも


南米の伝統的な織りを学ぶことも


ライアーをひいてることさえも



ぜ~んぶ そういう世界へアクセスして なにかを受け取るためにやっているんじゃないかと思えてくる。








このところ なにかをやりたいと思ってやり始めたときに


ついてくるのは ”伝統”とか それが”失われようとしている” とか そういうニュアンスのこと。



技術を学びたいと思うからそうなのかもしれないけど。




文字情報としての技術+スピリット




たぶん 受け取らなければならないのは ”スピリット”の部分。


感覚でしかわからないこと。





だから 感覚で受け取ることを強化される というか猛特訓されてる感じがする。





それがこの先どうなっていくのかはわからないけど。




ただ やりたいと思うことや やってて楽しいと思えることが そこへつながっていくのなら



それは大切なお仕事(お役目?)なのだと思います。







s-ドリームキャッチャー 022






【2016/12/01 10:50 】
| コメント(0)
| ホーム |