スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
楽譜がよめなくても楽しめる!
楽譜買ってくるんだけど 私は基本的に楽譜よめないです。




楽譜がよめないといっても たぶんその状態は人によってちがって



私の場合は 音符の長さがわからな~い。



楽譜ながめて考えるよりも 聴いた方早くない??って思ってしまう。





今の時代は便利ね~。



検索したら 動画がすぐ見つかる。




昔はCD買ってきて 何回も聴いて覚えたんだけどね。







もともとは ゲームの音楽をひきたくてはじまった試みなので


ゲームやりながら 覚えた。


ファイナルファンタジーとかSagaとか。




最後までクリアするまでに だいたいの曲覚える、みたいな。





ヒマな学生時代はそんなことをやってたから 耳が鍛えられたのか?!。







ここ最近は 「なんでもないや」 を何度も動画みたりしてて 頭でもなりっぱなし。





聴きながら 楽譜と照らし合わせてながめて



さらに だいたい覚えたかな~となったら 動画やCD聴きながら同時にひいてみる。




これだと伴奏つきだから メロディひいてて楽しいよ。










「なんでもないや」がどうしてもリズム覚えられず


動画を何度もみていたときに




ふと ひさしぶりにT-SQUAREの曲を聴きたくなり動画をさがした。



動画をながしながら 同時にライアーでひいてみる。





お~~ 昔はこうやってキーボードひいて曲覚えたな~。


しかも 動画聴きながらひくって楽しい~。





カベにボールぶつけてひとりキャッチボール みたいだね。




でも 楽しいからまぁいいや~。





そうそう このやり方だと 楽譜にシャープやフラットが何個ついてようが あんまり気にならないです。



見ただけでむずかしそう・・・・・・・ってのがあんまりない。私は。



そんな高度な曲ひかないからかもしれないけど。





スポンサーサイト
【2017/01/31 21:19 】
ライアー | コメント(0)
黒鍵の世界?!
まもなく 1/28 旧暦お正月。


旧暦師走は 俗世間にどっぷりな日々でした。




DVDで映画やお芝居をみまくり


先週はキャラメルボックスの方が出演のリーディング公演を観にいき



きわめつけは 1/27(金) 旧暦おおみそか 


杜の都演劇祭 フリンジプログラム♯6 「ヤルタ会談」を観にいきます



なんだろう この流れ。



おもしろそうを選んでの自然の流れ


自分の中の いままでスポットがあたってなかった部分に 新たなにスポットがあたる感じ。










ひとつ考えられるのは・・・・・・・・・・・・・


ライアー。



いままでは たぶん言われたとおりに


ライアーってこういうもので、こういう使い方が良いんだよ~、みたいな部分にのっかってた。



童謡とかをひくと すごく響くよね~、って世界で まぁ可もなく不可もなく。




でも どこか物足りなかった。


ひきたい曲をひくぞと決めたら なにかが変わったのかもしれない。




それって 自分が外の世界に向けて どういう表現をしたいのか


自分にとって なにが響くのか



そんなことを問われてると思うのだよね。




いわゆる ”正しい”ことを忠実にやったところで それが自分に響くとは限らない。



特に私は 楽しくないとやりたくない性分なので。





そんなこんなで 選らぶモノが変わると たぶん属する人たちのカテゴリーも変わるよね。




なので 俗世間にどっぷり。



ただ 自分にとっての”表現”を追究しているという 根本は変わってない。


アプローチが変わっただけ。









そんな変化をあらわしているのか


結果的に世の中の流行にのっちゃってるのか





「君の名は」の楽譜購入。




「なんでもないや」が気に入ったのです。


ちょっとビックリなのは フラット6コ




ちなみに 「前々前世」はシャープ5コ





宇多田ヒカルの「花束を君に」もフラット5コくらいあったよな~。








黒鍵の世界 流行ってるの???



世の中の流れ的に そういう音???




人々に響いてるから 流行るんだよね、きっと。





少なくとも 私にはそれらの音が響いてる。



しっくりきているといった方がいいかな。




だからこの前 ジョンさんの「Tanabata Wish for Tohoku」を聴いたときも しっくりきたんだな。



あ~ この曲は 今かもしれないって。






この流れってはじめは個人的なモノって思ってたんだよね。


ライアーで黒鍵ひくには左手ばっか使うし。


負傷したあとの リハビリか??って思ってた。





でも 案外そうでもなさそう。


世の中のエネルギーを音にすると こんな感じ、ってのが流行るのかもね。







s-マルシェ用 196



s-マルシェ用 197








【2017/01/26 11:49 】
| コメント(0)
忘れた頃に・・・・・
きのう 郡山ライアーの会



12月は熱と腹痛で倒れてたので レッスンは久しぶりでした。




雪でたどりつけないんじゃないかと思ったよ。




無事にたどりついたら きのうはマンツーマンでした。







3月に発表会をやるそうです。




3/19(日) ミューカルがくと館?





どんな曲をやるのかとワクワクしてたら






まさかの展開。




"Tanabata Wish for Tohoku" というジョン・ビリングさんがつくった曲があります。




おととし ジョンさんがきてWSやるときに、みんなでこの"Tanabata Wish for Tohoku"をひこうとなり、始めは練習しました。




しかし みんながムリ~!って抗議し却下になったのです。





それが まさかの復活?!



楽譜わたされました。


(゜∇゜)




まぁ 3月で時期的にも、かな。




3.11の震災があって、そこに向けた祈りの曲なのですよね。





タイミング的にも響くかもしれないね。







それにしても ここにきて復活してくるとは思わなかったなー。





"浜辺の歌"のカウンターメロディとともに練習せねば。








私の中でいま流れているのは "夜空ノムコウ"なんだけどね。




その時自分の中に流れる曲って きっとなんかあるんだよね。





何気なく耳に入ってきて そのまま流れていくのもあれば、



お!って思うこともある。




同じ曲だとしても、何かその時のタイミングで響いてくることがある。






年末に泊まった温泉で "夜空ノムコウ"のオルゴールバージョンが流れてて、それがなんかステキだったのです。





ライアーでなんとなくメロディをポロポロ。




楽譜買うのもったいないから、コード調べてみたり。



あとは本屋さん立ち読みで記憶する作戦。







そんな感じで 向こうからやってくる曲と



自分の中からわきあがる曲(コレひきた~い!って)をバランスよく。




向こうからやってくる曲ばっかだと飽きるからね~。






【2017/01/17 19:24 】
ライアー | コメント(0)
意外なところから・・・・・・
s-織り 027



去年の秋頃から 月一で東京へ通い プリミティブ・テキスタイルWSに参加してきました。



はじめは 腰機織りがやりたくて たまたま出会った(と思っていた)のですが、



一方で アジアじゃなくて南米なんだよね~ってよくわからないこだわりがあって・・・・・・・・・・・・・・・




どうしてかわからないけど ひかれる何かがあった。






先週の金曜で5回め?


いままで 3種類の伝統的な現地でやってる技術を教えていただきました。




伝統的な技術を こんな短期間では身につくものではないです。




はじめは技術を学びたい気持ちもありましたが



いまは 技術を学ぶためにこれらをやっているのではない気がしていて。



その奥にあるもっと大切ななにかを 得るため?気づくため?思い出すため? 




そんなふうに思えるのです。










そういえば子どもの頃やってみたい仕事(職業?)があった。


考古学者。




もともと父が地元の発掘調査とか 文化財保護とかの仕事をしていて


自然にそういう環境にいたのだよね。




インカとかアンデスの文明 めっちゃ興味あったなー。


日本じゃなくて なぜか南米。




でも なぜか父と同じような仕事をするのがイヤで いつのまにかそんな思いを封印してしまっていた。







ここ1、2年 父と日本の遺跡の話しとかヤタガラスの話しとか(かなりマニアック?!)するようになったのだけど


それって 麻糸績みとか糸紡ぎをやるようになってから。



糸紡ぎとか織りの話しを自然にするようになってからかな~。


しかも 意外と詳しいからビックリだわ~。





歴史を調査・研究するような立場の人と 伝統技術をやってる人と。



そういうのが立場とかを越えて 重なり合っている。




そんなことが私の中で起こっている。







実は 手を動かして伝統技術を学びつくることを通して


本当にやりたかった世界 知りたかった世界につながっているんじゃないかな。









先日 ベビーアルパカの毛を紡ぎました。


そのベビーアルパカの毛は チチカカ湖湖畔の村?町?から来たもの。




お~~ まさにつながりたかった場所!!




アルパカちゃんの毛を通して 必要なエネルギーを届けてもらったみたい。






チチカカ湖 行きたいけど行けない。。。。。。。。。。


でも こうやって こんな形で向こうからやってくることもあるのね~。



ありがたい。





アルパカちゃんの毛をさわりながら チチカカ湖につながりたいと思います。




【2017/01/16 23:33 】
宇宙 | コメント(0)
DVD三昧?!
年末からお正月の時期だったせいか


かなりのDVD(映画)やお芝居を観ました。





意図して選んだものもあれば 偶然だったものもある。



だけど いま必要なメッセージを DVDを通して受け取る



そんな状態のここ最近の日々です。




この前も 「星を追う子ども」の話しを観たことをブログに書きました。






なんだろう。このパターンは。


怒涛のように受け取るメッセージたち。







そして なぜかこのタイミングで「ロードオブザリング」を観るのです。


エルフ 登場しますよね。


エルフのWSの時に ちょっとだけこの映画の映像を観せられた。


エルフの世界のイメージが湧くように?!ってことで。





そうそう この時映像みながら 


あ、私エルフに会ったことあるや~って思ったのでした。




夢の中で。



てっきり金星の人かと思ってたけど あれはエルフだったんだね。







エルフの人に会って あ、いまがタイミングだって思い レムリアンヒーリング®の講座受けに行ったのです。


それくらい 重要なタイミングで会ってた人。





あ~ また会えるといいな~。夢の中で。



映画みながらそんなことを思う。




エルフの叡智 うまく使えてるだろうか。



生み出すアートの中に もっともっとそのエッセンスをいれたいような インスピレーション。




s-沖縄 2016・2 017






【2017/01/10 20:18 】
日々のこと | コメント(0)
思いがけないギフト?!
グレゴリオ暦の新年が始まって数日。





私は旧暦の手帳を使っていて



旧暦は1/28が新年。




そろそろ新しい手帳をと思う時期(遅い??)





クリスマス前頃にたしか注文し、



毎年買っているからか、手帳とともに振込用紙が送られてくるシステム。




年末くらいに振込用紙で送金。



たぶん3営業日くらいかかるので、そこでお正月休みをはさんだと思われる。






たぶんそこで行き違いがおこり



なぜか手帳と振込用紙がまた送られてきました。




(・◇・)?




さてどうしましょう。




手帳って1人1冊あれば十分よね。





なんかこのまま返送するのも、と思い



せっかくなので買い取らせてもらおうと連絡したら




これも意味があることなので プレゼントします!とありがたい言葉を頂戴し



使って下さる方にプレゼントしてほしい、とのこと。






さぁ グレゴリオ暦では新年あけてるし、手帳はみんなもう使い始めてるよね~




なんだか試されてる気分になりました。





ブログで募集してもいいのだけど



旧暦の手帳って使う人限られるし



手帳って好みがあるから難しいよね






そこでパッとひらめいた方に個別にメールを送り




きのう無事に手帳を使って下さる方に出会えました!!




よかった!






本当に大切にしたい思いを伝える時って



不特定多数に向けるんじゃなくて



やっぱり個々の関係になるのだね。





心と心を向き合わせることができる 一対一の関係




それって リアルに顔を合わせてるからできることでもある





SNSとかブログとか



リアルに顔を合わせなくても 繋がりをつくることはできるけれど



そこでは本音は語れないし



本当に大切な思いは伝えられない。



あくまで私の場合はだけど。





だから、作品のネット販売は基本的にやらないし、オーダーも直接お会いしたことのある方じゃないとお断りしてます。



出店をメインにしているのもそのため。





そういえば、遠隔ヒーリングのメニューをやめたのもそのあたりの理由だったかな。






出会える人の数や世界がすごく狭くなるのだけど



自分が心地好く生きていくには それで十分だと思ってます。





【2017/01/08 13:26 】
日々のこと | コメント(0)
温泉へ
温泉へ ちょい旅?!


青春18きっぷが1回分残っていたので。




東鳴子へ 大豆の脱穀作業 温泉付





鳴子は仙台よりもずっと寒い。


しかも ちょっと大きめのドーム型ビニールハウスっぽいところにストーブ1コは ほぼ外にいるのと同じ。




終わったあとの温泉は格別です。









年末から天童行って 秋保行って 今日は東鳴子。


湯治!?





左手負傷した後 接骨院へ行きマッサージと超音波治療をしてもらったのですが


なんだかんだで結局1回しか行かなかった・・・・・・・・




まだ治ってないのだけど なんかね~ 合わない。


どこがどう痛いのか 年末頃ようやくわかってきた感じなのに



どこがどう痛いのか説明を求められたり(行った頃はまだどこが痛いのかはっきりわからなかった)


マッサージなどやる前とやった後ではどうちがうのか評価を求められたり・・・・・・・・・




正直あんまりよくわからなかったけど、


施術前よりよくなったというこたえを求めているのだろうな~と思い適当にあわせてみる。


施術してた方はめっちゃ自信満々だったし。




それって意味ないよね~と思ってしまったのでもうそこは行かない。




立ち入れない病院(接骨院)がまた1つ増えてしまった・・・・・・・。





マッサージどこにどんなふうにやってるのか見れたから あとは自分でやる!


それと 血行が悪くなっていると思われるので 温泉なんです。



私の場合は温泉でほぐすのが一番かな~。



湧き出てくるフレッシュな水(お湯)にふれるってのも大事なのかもしれない。




来月もきっと上山へ行けるハズ。




温泉巡りはつづく。






【2017/01/07 20:16 】
日々のこと | コメント(0)
「星を追う子ども」
「君の名は」で有名な新海監督の作品 「星を追う子ども」。



「君の名は」はおもしろいんだけど


私は「秒速5センチメートル」や「言の葉の庭」の方が好きだな~。



「言の葉の庭」の美しさには圧倒された。







この人の描く”アガルタ”に興味があって 「星を追う子ども」をみてみたいと思ったのです。




アガルタは地球内部にあるといわれている世界よね。


シャンバラとか いろんな呼び方があるけど。



シャスタ山の地下にあるとか言われてたり。




どこか興味ある世界。




アガルタがどんなふうに描かれてるのだろうかという興味を中心に DVDを観てました。





そんな視点でアガルタの世界をみていたら どこかなつかしいような気持ちになりました。


どのシーンかは覚えてないけど。




はるか遠くにある故郷にかえったような気持ちになりました。





あくまで 映画(アニメ)の世界の話しなんだけど。






そして 一番ピンときたシーン というかセリフ。



”ケツァルトル”という門番の役割の生き物?が登場するのだけど、それが死を迎えようとするときにうたをうたうことで記憶を残すんだそうな。そんなシーン。



”ケツァルトルは、死ぬ前にああやって、すべての記憶を唄に込めて残すんだ。唄はどこまでも形を変えて伝わってゆく。空気の振動の中に受け継がれ、俺たちの体とも、気づかぬうちに混じり合う。そうやって、世界のどこかに、永久に記憶されるそうだ。”




うわぁ~ なんかこれは真理かもしれない!


そうそう わかる気がするよ。




あくまでも 映画(アニメ)の世界の話しですが。



でも メッセージな気がしたよ。







ふとした瞬間に出会うメロディがある


偶然に?!


自然の中にいる時が多いかな。



それがどこからきたのか どこへいくのかわからないけど。




ラジオの周波数が合うように 瞬間的にパッと出会うことがあるメロディ。



その場で口ずさんで あとは忘れてしまう。





そんなうたが 世界には流れていて



ふとした時に キャッチしたりするんだよね。





レムリア人はクリスタルに叡智を記憶したらしいですが


実は 世界のどこかにそんな叡智も記憶されているんじゃないかと思うのです。





吟遊詩人は そんなうたをうたっていたんじゃないかな~。





そんなふうに 空想は広がる。







「星を追う子ども」 オススメです。



【2017/01/04 10:09 】
宇宙 | コメント(0)
ひきたい曲リスト
ひきたい曲リストをつくってみた。




といってもいつも持ち歩くノート(ネタ帳?!)にメモ書き。





そんなふうにライアーを楽しんでみてもいいんじゃないかなって。







ふと耳に入って おっ!と思った曲とか




ふとしたタイミングで琴線にふれるような出会い。








年末からずっと"コード"を研究。




ひきたい曲に使われてるコードを 1つずつ調べて 奏でてみたり。





ピアノ用とギター用があるの???




FonC とか???



わからなすぎる世界。




あとはカンで。






いまひけるようになりたいのは



『花束を君に』




原曲だと弦が足らない・・・・・





【2017/01/03 19:42 】
ライアー | コメント(0)
お正月終わるね~
年末から年賀状書いたり、手帳を新しくしたり



バタバタと日々が過ぎていきました。









カレンダー上、12/31が2016年で、次の日は1/1 2017年。



バッサリ切り替わるのになんとなく違和感





ここ何年かはずっと旧暦を中心にまわっていたからか





まぁ 心機一転始められるのはいいのかな。





だけど 私の中のリズムはもはやグレゴリア暦ではない




仕事納めな気もしないし



世の中がお正月だからお正月やってる感じ。






旧暦ではいまが師走。



いまが1年の締めのタイミングなのです。







2017年のカレンダー家にない。



買う気にならなかった。







グレゴリア暦だと1/28が、旧暦のスタート。




『和暦日々是好日』の手帳を新しく買い、



そこにさらに大犯土、小犯土、一粒万倍日、天赦日、不成就日を書き加えてみた。





今年の誕生日は一粒万倍日と重なっていた!



ちょっと嬉しい。






一粒万倍日と天赦日が重なってても、なぜか不成就日と重なってたり



なかなかポンポ~ンってかみ合うのが難しい年かな~という印象を受けた。



どこまで気にするか、だけどね。





私は、不成就日⇒"不思議な日"と読み替えている




付き合い方だと思います。






あと、2017年は旧暦だと閏皐月が入るんだね~。




皐月が閏月なのね~。




梅雨長い??



夏短い??





これは農業的にちょっと注意が必要かも。





今年も紅花と和棉育てるよ~。



茶綿も加えてみる。







旧暦にしてるのや、大犯土、小犯土は土いじりするためが大きいかな。




その方がリズムをつかみやすいと気づいた。







さて 1/17から冬の土用入り。



旧暦新年に向けて一年の締めくくりかな。





【2017/01/03 17:39 】
こよみ | コメント(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。