スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
自分のパターンと向き合う?!
初オイリュトミー 参加してきました!!


やってることすべてが 摩訶不思議な世界にみえる。。。。。。。。。。





曲線の動きと 空間と。



教えていただく動きは 初めてのものばかりですが 


どこか自分の中にあるものを引き出して使っている気がしました。









はじめてのことを聞いて動く


そうすると思考ばかりが働いてしまって 


早く覚えなきゃとか うまく動かなきゃとか できないとか まったく自分の世界に入ってしまいます。




参加してる人たちみんなでつくる”空間”があるのだけど


そのパターンになってるときって そこにある”空間”にはいないんですよね。



たぶん そのとき私は その”空間”の外に存在している。



それってすごくもったいないな~と ここ最近はじめましてのWSにいくつか参加する中でわかって・・・・・・・・・。





何度も同じ動きをやっていたとしても 


共有する空間でおこることは 1回1回微妙にちがって


そこで体験できることって1度きり。



だから できるだけ”空間”の中にいるように 心がけたつもり。



カンペキにできることを求める意識じゃなく


空間のなかにいるという意識。(この時点では もはや意識してないのかも)




この空間の中にいたいな~ という気持ちになった。ようやく。







そうなったときに はじめて ゆだねようという気持ちが起こりました。



共有してる空間にゆだねようって。





五芒星になって 形を崩さず動く というのをやったときに


1人だけななめ後ろに歩く人があらわれる。



ななめ後ろってことは ぶつかるかもって思うので チラチラ後ろを見ながら歩きたくなるけど


あ、たぶんほかの人は前向いてるから  よけてくれると思うようになり


途中からは躊躇なくななめ後ろに歩くことができました。





一緒になにかやってても(共有してても) どこかそこに信頼がもてない という私のパターン。



信頼して ゆだねれる


どうすればいいのか なんとなくわかった気がした。









よく ”ゆだねましょう” とかスピリチュアルな本やWSで聞くけど、


それって 具体的になにをするの??っていつもつっこみたくなるのは私だけ?!





ついでに 今でもわからないのが


”愛を送りましょう”



よく見たり聞くけど 具体的になにをどうするの???



WSなんかでさらっと使われたりして 何度つっこみたくなったことか。








理解の仕方って 人それぞれだけど


私はあるときから 上記のようなスピリチュアル系でよく使われる言葉がまったく入ってこなくなりました。



本やブログなど読んでも もう言葉(内容)が入ってこない。




遠隔ヒーリングでメッセージをいただいても そういう言葉がよく使われたりして内容がまったく入ってこない。


(そういうこともあって 自分でも遠隔ヒーリングをやめた)





私の場合は たぶん ”体験”を通してしか そういう言葉は理解できない思考回路になってしまった。


ある程度 ライアーをやった時間が積み重なった結果かもしれない。



そもそも ライアーとか 言葉のコミュニケーションじゃないところに浸ってる時間が多くなったためか?!




つきあい方なんだろうけど。


いまの私にとっては それが最善なのだと思っている。






s-画像 230

















スポンサーサイト
【2017/03/16 12:13 】
思い | コメント(0)
3/19 ライアーコンサート
ライアーひきます!


s-ライアーコンサート3・19


3/19(日) 郡山ライアーの会のライアーコンサート
   14:00~15:30  @ミューカルがくと館 中ホール


 
 参加無料ですが、参加されたい方は 事前にお問い合わせ先へ連絡してみてくださいね。
  郡山ライアーの会(カシオペイア内)  024-952-7583  
                          utk☆cassiopeia.co.jp (☆を@にかえてください)
 

 



郡山ライアーの会では 基本的にそれぞれが練習してきて 本番当日早く集合して朝から合わせるパターンです。


当日は 9:30集合で練習。


そのときにバランスをみて ひくパートを決めたり。




朝から練習したら 本番まで集中力持つかなー。











さすがに 直前なので 練習してます。


ほどほどに。


あんまりやっても飽きるし。



めりはりをつけて、という感じ。




ひきながら どの指使いだとスムーズかな~とか 


2音ないし3音ひくところ もしうまくとれないときは この音さえはずさなければそれなりに形になるとか



受験対策的な??



それでいいのか?!






いくら練習してても 本番って予期せぬことが起こったりするもんです。


ふだん間違わないようなところで音はずすとか 指使いがうまくいかないとか





何度もひいていると 自分が陥りやすいパターンがわかるので 


あるいは 例えば10回中どれくらいカンペキにひけるのかとか 



そういう部分を見ながら 対策を考える。



ここは(この曲は)対策いらないけど ここは対策いるな~とか。



おのずと 手を抜く部分と 思いっきり手をかけなきゃいけない部分にわかれるのです。



おいおい そんなことやってないでまんべんなくちゃんと練習しなさいと言われそうだけど。



そもそも 単純なことのくりかえしはあきるからね~




やっぱ 受験対策のようだね。






そういうこともやりつつの



『にじ』  ようやくひきながら歌えるようになってきた!


楽しくなってくるわ~。


(コンサートでは そんなシーンはありません。)



やはり 本来のすべき練習からはずれている。。。。。。。。。。。。








s-ライアー 024





【2017/03/16 11:24 】
ライアー | コメント(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。