スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
めくるめく 即興の世界
「即興」 


いま このときこの瞬間を表現するってこと?!





ヒーリングライアーをやってた頃


ヒーリングライアーって特定の音しかないから 


まぁ適当にひいても 音(メロディというのか?)として成り立つ


それは「即興」とよばれ


というか そうよぶしかない。




なにかの曲をひくでないもの = 即興  だった





そんなぼんやりしたモノを「即興」と捉えていたのだけど



コンテンポラリー的手法の身体ワーク(ダンス?)だったり


お芝居の世界でやる 即興(エチュード)やら 


インプロやら




パフォーマンスという要素が加わった世界をのぞいたら 


「即興」 深いし 俄然おもしろい!!




制約のある中での 即興


テーマがある中での 即興





でも そこで起こることは無限な気がする。



自分が行なうこと


それによって起こること


さらに そこでまた次の自分の行動がうまれて・・・・・・




なんとなく そこにある 言葉じゃないかもしれないコミュニケーションがおもしろい。


特にコンテンポラリー的な身体表現は。


そこにある 空間と人と。



だから ハマる。




そして こんなこともできるんだ~という発見が楽しいのかもしれない。




そこでうまれるカラダの動きは どこか音にもつながっていて(私は)



新しいメロディ(うた?!)がうまれたりするんだよね。






そこにある空間と まわりの人と 私の関係性


もうひとつ


私の内側と 外の世界と



2つのベクトルのコミュニケーション(関係性)が同時に起こっている。








これらは つくられた環境での「即興」の世界。



一方で 日常生活も 言ってしまえばすべて即興の世界。



どれだけ意識するかはわからないけど


なんか パフォーマンスしてる!って捉えてアクションを起こしたら


日常生活も もっとスリリングで おもしろくなるかもね。












そらうた~Leier~ のフェイスブックページに


ソプラノライアーで 即興でひいた動画を載せてみました。



最近おりてきたメロディ + そのとき感じた音をかさねて。


ほんのちょっとです。



楽譜よめないから (ということは書けない)


記録するには録音するしかないのよね。



なので 試しに動画を撮ってみた次第です。




s-野草園2017 080





スポンサーサイト
【2017/05/18 00:43 】
身体表現 | コメント(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。