スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
忘れられない場所



海が見たいと思って



泊まっていたゲストハウスのオーナーに聞いてみたら



読谷の海を教えてもらった。



沖縄市→読谷村へバス旅。



大当(うぶどぅ)というところでバスを降り、そこからのんびり歩きました。



サトウキビ畑を見ながら進む。



ちょっと草むらっぽい所の道をさらに進むと・・・・・



鎖がしてあった。



でもすぐそこは砂浜!



結局、鎖を越えて海に出会った。




きたー!!



しばらく砂浜から海を眺めた。




大きい岩場が見えた。波はそこを避けるように両側を行き来していた。



この岩場にライアーをのせて写真を撮ってみたい!!




そこから始まりました。



はじめは岩場にライアーを乗せて写真を撮っていましたが



ここでライアーひいてみたいと思い、岩に直置きでライアーをひいてみたら・・・・・・



音が下から反響してくる。



不思議だ。(゜∇゜)





この岩場に足を踏み入れたとき



自然に裸足になり歌を歌いながらあがった。



あ~、ここは神殿なんだな。



なんとなくの私の感覚でそう思いました。




歌を歌うというよりか自然に出てくる声にまかせて歌う。




ある瞬間に



ほんの一瞬だったけど



ラジオの周波数が合うように



何かと波長が合った。




涙が出てきた。





神殿に続く道!?



ほんの一瞬 違う世界が見えた。



私はそれを懐かしく思った。





よくわからないけれど、きっとここは神聖な場所。




そういえばライアーをひいていた時にインディアンフルートみたいな笛の音が聴こえた。



周りには誰もいなかった。




不思議な出会いだった。



本当に青く美しい海に吸い込まれそうになる。



いつまでもここにいたくなる。



そんな場所でした。




名残惜しい感覚を持ちながら



そこを離れました。




またいつか来よう。



関連記事
スポンサーサイト
【2014/04/01 21:44 】
沖縄 | コメント(0)
<<4/23 レムリアンヒーリング(R)練習会in仙台 | ホーム | いつも近くに"ある">>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。