ライアーの会
郡山のカシオペイアでのライアーの会に参加してきました。



2回目の参加です。



13日の演奏会に向けての練習が主でした。



タオの音をみんなでならすところからスタート。




ココでライアーをひいていると、何か自分の深い部分にアクセスしているような気がします。





今日はなぜかタオライアーの音がきつく感じた。



2台でひいたから??


最近インディアンドラムと共鳴していて、そちらに合わせていたから??





ライアーをひきに行ってるから聴く側ではなく演奏する側のポジションでいたんだけど、



タオの音が何となく違和感。




あ~そうか。私にはタオを扱う(操る)のは難しい(得意じゃない)のかも。



タオライアーの音は好きなんだけど、自分がつくるとなると違うんだよな~と思った感覚はコレか!?




なるほどって自分の中では納得。





今日も呼吸という循環の中にライアーと音があることを感じられて



1ヶ月ぶりだけど思い出す感覚。



ふだん家でももっとアウリスをさわろう。



忘れないように。






13日の須賀川での演奏会("アウリス社の音と楽器")には参加することになっていたようだ。



ティラルライアーとアウリスライアーをつれて行きます。



関連記事
スポンサーサイト
【2014/07/02 00:10 】
ライアー | コメント(0)
<<ブループリント再考 | ホーム | 馬頭琴&ホーミー>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |