自信はどこからやってくる?!
私がレムリアンヒーリング(R)を本格的にやりはじめたのは、ティーチャーコースから帰ってきた後でした。



プラクティショナーになって1年近くたってから。



ティーチャーコースに行く時点ではカンペみないと対面セッションでのフルヒーリングはできてなかったと思います。



その程度しか使ってなかったということですね。




ヒーリングというものを一切受けたこともない状態でいきなりレムリアンヒーリング(R)の認定講座を受けに行ったくらいなので、ヒーリングをやることへの自信も全くなかった。




そんな状態からスタートして、じゃあいつ頃から自信を持ってできるようになったのだろうかと考えたときに



覚えてない・・・・・。



全く記憶にない。




そんな状態にも関わらず、モニター募集はせずにいきなり本番でやる。



練習と思ったら所詮練習でしかないと思った。



なので最初から本番あるのみ。





イベントに出展してやってみたり練習会でやってみたり



数をこなしていくうちにいつのまにか自信がないとか不安は消えてました。





自信を持てるようになってからやるんじゃなく



やりながら自信をつけていく。



そんな感じ。





ヒーリングって特殊な世界だなと思うんだけど、



ヒーリングを受けにくる方はメッセージをもらうことを期待してくることが多々あり



でも、やっているのはチャネリングじゃないしリーディングでもないし



ヒーリングをやるからといってメッセージって必ずあるとは限らない。



あくまで体や心を"整える"ことがヒーリングとしてやるべきこと、って思うのです。



メッセージを受け取り伝えることは私はあんまり得意じゃないから、そのへんはいまだに心のどこかで大丈夫かなって思うこともあります。



でもヒーリングそのものは自信を持ってできる。



いまの状態からバランスのとれた状態に整えること。そこには自信がある。



それで十分、やっていける!!って思います。



それを人からどう思われようが気にしな~い。



私はこれでいいって自分なりの確信があればOK。





ライアーを使ったヒーリングも最初から本番でやってたけど



やっぱり自分のやるヒーリングにこれでいいのかという迷いは一切なかったな~。



たぶんそんなもんです。



関連記事
スポンサーサイト
【2014/07/18 18:51 】
レムリアンヒーリング | コメント(0)
<<[受付]8/7 立秋の遠隔ヒーリング | ホーム | そこにある世界>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |