はじまりの場所
音の旅のはじまりは 奄美大島だった。

もう4年前??

グランマザー会議のスタッフで奄美入りをした翌日だったか、”聖地ツアー”行った阿麻弥姑神社。

あの時いたメンバーが確か7人で、なぜか一人一人奉納演奏や舞をすることになった。

私は何にもできないよ~と思ってたら、一緒にいたかみんちゅさんに、神社の鈴をならしながら自分の名前を言いなさいと言われた。


そう。

はじまり自分の声だった。



たぶんこれがきっかけで、そのあとインディアンフルートを買ったり、


ライアーをはじめたり


最近はドラムがやってきた。



音の旅のはじまりは、奉納演奏!?


そのスタンスは全然変わってなくて、自然とつながるためにいまも音を奏でている





奄美大島。


いま麻に興味をもちいろいろやってみてるんだけど、そもそものはじまりは芭蕉布だった!

芭蕉の繊維でミサンガをみんなで編んだよね。

私はタイミングが合わず、1つも編んでなかったけど。


最近その芭蕉の繊維がひょっこりでてきて・・・・・

いつか使うかもと芭蕉の繊維をキープしていたようだ。


麻で編んだりしてたから、いまなら芭蕉でも何かを編めそう。



麻のはじまりも 奄美大島。



いま沖縄に行くようになったけど、 きっとそのはじまりも奄美なんだろうな。


そう思ったらまた奄美大島へ行ってみたくなった。

今度はティラルライアーも持って。



そうそう、”聖地ツアー”で行ったアマンデーでは、あの時いた7人が光の玉をもらったんだよね。


いまやっていること、手にしているモノは、この光の玉が導いてくれているのかもと思う。



s-画像 019

s-画像 114




<おしらせ>

☆8月のスケジュールは、コチラ 

s-画像 109




関連記事
スポンサーサイト
【2014/07/29 17:16 】
| コメント(0)
<<原点に戻るとき | ホーム | 8月のスケジュール・いま受付中のイベントなど>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |