スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
枝豆の葉っぱで染められる??




きのう鳴子の大豆畑に行ってきました。



地大豆湯治@鳴子温泉郷は"枝豆カーニバル"でした。



じゃこう豆という地大豆(枝豆)を収穫!




とれたての豆は生でも甘くておいしかったー!!(≧∇≦)




大地のエネルギーがぎっしりつまっている感じがしました。






収穫後の枝豆の葉っぱや枝がそのへんに積んであって (これらは捨てられるだけ・・・・)



それを見た時にひらめきました!!





この葉っぱを煮出して染められないかな~(゜∇゜)





というわけで今日の午前中検証してました。




酢を入れるの忘れて後から入れたり



途中でミョウバンが足りなくなったり・・・・・・





結果、かなり地味~なできでした。




枝豆の葉っぱを煮出したら黄色よりもうちょっと茶色な色がでて



それをきなりの布と靴下で染める。




ちょっと生地の色が濃くなったかな~って感じです。




見た目は地味な染まり具合なんですが、布にうつった植物のエネルギーは高いんです。



プランターじゃなくちゃんと畑で育ってるし、植物の生命力がすごく強い感じがしました。




染めるって色だけじゃなくて植物のエネルギーを布にうつしているんですよ。




それを身につけるということは、その植物のエネルギーを皮膚から吸収していることになります。




靴下はこのまま使おう!!






昔から植物を使った何かをやってみたいと思っていたけど



アロマは教科書を覚えるような勉強のイメージで、しかもなんとか協会に会費を払いながらやるのもなぁと思ったり



フラワーエッセンスもなんとなく違う。。。。。





茜染めをやった時に、あ~コレだ!としっくりくるものに出会えたと思いました。




草木染めなら自由な発想で自分の好きにできるかな~と思って。





そんなわけで昨日畑でひらめいて試してみたわけです。




ひらめき→検証→できあがりをみてまた考える



それが楽しい。(≧∇≦)





これから茜染めをやろう。



有松絞りに出会ってから模様にこだわりが出てきてしまった・・・・・。




こんな模様をつくるにはどうしたらよいのだ??



考えてみたりするのはまた楽しいのです。



いつか自分の手で"雪花絞り"をつくってみたいな~。







関連記事
スポンサーサイト
【2014/09/29 17:53 】
手しごと | コメント(0)
<<[受付]10/15 音による瞑想会 | ホーム | コパイバ マリマリ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。