あおげばとおとし
昨日は新月だったからか



不思議なドアがあいていた気がする日だった。





スーザン・オズボーンさんのボイスセミナー&コンサートin鳴子。



ボイスセミナーのことは1コ前のブログを見て下さい。




ガイアシンフォニーつながりの友人に久々に会えた。



どうしてるだろうとずっと思っていたけど、会ったらなんだかここで会えたのは必然だよなって気になる。





スーザンさんは私はガイアシンフォニーを通じて知ったので、日本のうたをうたってるイメージが強い。



当たり前のように聴いていた日本の童謡が、スーザンさんがうたうとすごく美しく聴こえるんだよね。






12音階のライアーでひく曲って日本の童謡が多くて



それは日本の童謡の素朴な感じがライアーの音にピッタリ合うから。




私はライアーでひく曲は童謡が好き。



1音1音の響きの美しさや余韻まで聴けるのが童謡って気がする。





おんなじことをスーザンがうたう日本の童謡を聴いていて思いました。





最後に"あおげばとおとし"を英語でうたってくださいました。




あぁ~ガイアシンフォニー!!



3番のエンディングが浮かびます。



涙が出てくる。





"あおげばとおとし"って別れのイメージだったけど




新しいステージへの"祝福"のうた!?



昨日はそんなふうに思いました。






新月の扉は新しいステージへ導きます



その祝福。




鳴子の木々、自然とともに。




生きとし生けるものへ"祝福"が届けられた。




関連記事
スポンサーサイト
【2014/10/25 18:02 】
宇宙 | コメント(0)
<<〔受付〕11/6 ライアーお茶会 | ホーム | 自らの音を響かせる>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |