タオ





きのう ライアーのことを調べたくて検索してたら自分のブログが出てきたりして



アレレ??って思った。





わからないから調べてるのに自分のが出てくるって意味ないじゃん・・・・・・( ̄○ ̄;)







アウリスライアー23弦をタオの音に調弦してみた!



(゜∇゜)




ドレミファソラシドをレミラシだけに。




半音なら上げ下げは耐えられるようだ。




1音は弦切れそうになったからやめときましょうね。




とはいっても、ソ→ラは1音分の変換だから、そこはゆるめる方向で調弦。




ひとまず表側のピアノでいえば白鍵の部分のみタオになった!





ライアーちゃんそんな扱いでよいの!?




ライアーがいいって言ったんじゃい!




やってみれば?って。






そしたら





いままで聴いたことないくらい深~い響きだった。




タオの音はもともと深~く入っていく音なんだけど




"本来の自分を思い出す"



だからね。






この木にこんなポテンシャルがあったとは!?




そんな驚きなのです。





ライアーの木にとっても本来のポテンシャルを引き出されるような



タオの音はそんな音。





いのちの可能性を知る。



そしてまたあらたに探る。




進化ってその繰り返しなんだって思った。



関連記事
スポンサーサイト
【2015/01/10 12:02 】
ライアー | コメント(0)
<<タオの音とともに新たな扉をひらく | ホーム | ”ゆだねる”の真意>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |