お見送りかな?





先日つくった羊毛天使ちゃん(妖精ちゃん)がお嫁入り。




さっきまで梱包してて、これから出しにいきます。







今日は朝から不思議なことばかり。




椅子に座ってふと見ると、おなかのあたりに丸い小さな光がユラユラしてた。




何かに反射して部屋に入ってきた光なんだろうけど



この丸い光と同じようにユラユラ揺れているモノは見当たらなかった。




カベの上の方にもレインボーの短い一筋の光がユラユラ。





なんだろう。




天使かなんかのいたずらかな~なんて思ってた。






しばらくしたら今度は注文していた品物が宅配便で届いた。




おとといは不在で受け取れず、連絡しなきゃと思っていたら朝に持ってきてくれた。






何を注文したかといえば






"白い羽根"





なんてタイムリーなの!?





先日、ピンク色に染めた精麻で編んだペンダントひもにヴェネチアンガラスのトップをつけたときに、



あ、ここに白いフワフワな羽根をつけたいと思いそれで注文したのです。






今日はお祭りのようににぎやかだよ。





そうか。お嫁入りする羊毛天使ちゃんがちゃんと届くようにみんなサポートしにきてるんだね。







レムリアの森にアクセスして天使がうまれ



オランウータンたちに見守られて新しい場所へ。






ウチにはオランウータンのぬいぐるみがざっとみても5匹住み着いている。




だからウチはオランウータンの森です。




オランウータンは"森の人"という意味なんだって。





森から森へ。




私の屋号の「そらうた」は、"そらと大地とうーたん"の略です。



うーたん→オランウータンだから"森"




空、大地、森。




それらをつなぐ。



つないで運ぶ。





たぶんそんな役割があるんだよ。







写真左:うーたん


よく写真をアップしたときに写ってるのはうーたんです。





写真右:ハナちゃん



ハナちゃんは去年8月に旭山動物園に行った時につれてきた。




"ハナ"はいつか行ってみたい憧れのマウイ島にある「ハナ」という地名



そして、ハワイの言葉で家族のことを"オハナ"とう



それらを合わせて"ハナちゃん"





ハナちゃんがきてから不思議と家族を"つなぐ"とか、



なんだろう、つなぐことの役割をより意識させられる出来事に出くわすことが増えました。



関連記事
スポンサーサイト
【2015/01/14 11:02 】
日々のこと | コメント(0)
<<自然とともに生きること | ホーム | いのちを”つなぐ”>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |