スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
表現したいモノ

この前



フラワーリースの枠にドリームキャッチャーを編んで真ん中にしずく型のサンキャッチャーをつけたものをつくった。





お~、コレだ!って思って。




それは、こういうのをほしかったし、つくってみたかったんだよね。








私が表現したいこと(モノ)




光の世界を再現したい






なんていえばいいかな。





光はキラキラしていてそこにはたくさんの色があって・・・・・・





目に見えているその色を何か形にしたい。




草木染めとか"染め"が好きなのはソコ。






ライアーの音も色を表現しているように思う。




音も色も見えてる世界は違うけど、もと(本質)は同じなんじゃないかな。








昔、『光彩の奇跡』っていうドキュメンタリー映画をみて




そこに出てきた鞍馬寺の光がキラキラしててキレイですごく印象に残った。




その映画に、パステルで絵を描いてる方が出てくるんだけど




鞍馬の光とそのパステルの色をみて、私もパステルをやってみたいって思い、パステルで何かの模様を描くことを始めた。







初めて中国植林ツアーに参加して日本に帰ってきたとき




当時は東京に住んでいて、ビルばっかのいわゆる東京の景色なんだけど




なぜか1つ1つの色がすごく鮮やかに見えた。




内モンゴルの沙漠の茶色ばかり見ていたせいか(それも1週間だけなんだけど)




日本はこんなにもカラフルな色を持った世界なんだなーって思った。






そんなこんなで、色の世界を表現したいって心のどこかにあったんだろうね。






染色をやるようになってその気持ちを思い出したというか、




色の世界に感動し憧れたあの気持ちはずっと変わることがなかったのだとあらためて気づいた。








最近はピンクっぽい薄紫の色が私の中でブーム。





寝ぼけてたと言われれはそれまでだけど



今年のお正月、年があけたばかりの頃にふとみると、世界が薄い紫とブルーの光に包まれてた。



紫の色キレイだったな。






そこからか、紫の色に憧れ、



憧れるから表現したいと思う。





"紫根"を使った染めをやってみたいなー。






関連記事
スポンサーサイト
【2015/01/23 23:46 】
アート | コメント(0)
<<必要な音だった。 | ホーム | 癒しの花束1日め終了>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。