新たな始まりに向けて
以前書いたことがあるかもしれませんが、"こよみ"の話。




私はいわゆる普通に使われているグレゴリオ暦のほかに



旧暦(和暦)と13の月の暦を使っています。




それはいま自分がどこに立っているのだろう、という立ち位置を知るため。






2/14はいわゆる普通のカレンダーでは"バレンタインデー"です。




旧暦では師走の26日です。




2/19が旧暦新年なので、



新年を迎えるにあたり、いままさに自分のまわりの大掃除をしている時期、といった感じですね。






旧暦に自分の感覚を合わせている(チューニングする感じ)ので、



もう毎年なのですが、旧暦新年の前はいつも大忙しのバタバタです。





グレゴリオ暦では新年があけて2月は少し落ち着く時期なのかもしれませんが




私の場合は旧暦新年で"変わる"んです。




この時期は変化が多い。








そしてサブ的に13の月の暦が登場するのです。




"銀河の音"とよばれる13日で1周するモノと



"太陽の紋章"とよばれる20日で1周するモノ




13×20のそれらが歯車のように組み合わされて260日周期の暦になっています。




1ヶ月が28日で13月+時間をはずした日があって365日。






ちなみに"マヤ暦"とよばれているものとは区別したいので、"13の月の暦"といっています。


私のイメージですが、



"暦"として使っている人たちは"13の月の暦"といい



対"ひと"(たとえば、私とあなたの関係性)に使っているのが"マヤ暦"という感じがしてます。




どう使いたいかによって選んだらいいと思います。






私は宇宙の大きな流れをよむために"13の月の暦"を使っています。



大まかにわかればいいからサブ的なんです。



基本的に13の月の暦はカレンダーしか使いません。


手帳で日々の細かいキーワードを知ることにはあんまり必要性を感じていないんです。



そのあたりはお好みで。







で、ここからが本題。



13の月の暦では、今日は8番目の月の「銀河の月」8日。

KIN212。(260日周期のうちの212番目の日)




3/6は、睦月の満月であり「啓蟄」。


13の月の暦においては、銀河の月28日。最終日です。



   満ちる月とともに ひと月が完了する



銀河の月のテーマは、”Do I live what I believe ?"



このテーマをが完了とともに宇宙に大きく広がっていくような感じがします。


宇宙の大きな流れですね。






さらに、それが最高潮になる日があります。


4/4。  如月の満月。


13の月の暦では、惑星の月1日。

そして、KIN1。

つまり、この日から260日周期の新しい1日が始まるんです。



   満ちる月とともに さらに大きくひろがり 新たな流れをつくる




前月の完了したもの


今月のはじまり




宇宙にひろがったモノが新たな道をつくる


そんなイメージです。






ものすごくパワフルな流れを乗りこなすためのいま現在のドタバタなのか




あんまり意識してなかったけど、


私は3/6と4/4の間には金沢&沖縄行きがある。



自分の準備のための時間なのだろう。



   新たな波に乗り


   それを乗りこなし


   さらに飛躍する



   それぞれの人が 自分の目的地へ着くために




関連記事
スポンサーサイト
【2015/02/14 12:51 】
こよみ | コメント(0)
<<ライアーとともに七ヶ浜へ | ホーム | これでいいのだ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |