スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
キーボードをひいてみた
実はウチにはキーボードもあるのです。


押入れにずっとしまいっぱなしで、そうとうひいてなかった。

というかその存在すら忘れていた。


少なくとも、ライアーをひくようになってからはまったくさわってない。





なぜ再び脚光を浴びたかというと・・・・・・・


『やすらぎの大地』というずっと探していた曲の楽譜をみつけたから。


この曲のタイトルをみてピンときたあなたは  そうとうマニアですよ~~。



SaGa2秘宝伝説で流れている曲です。

私はゲームボーイでやったよ~。高校生くらいの頃のお話。




SaGa2の曲がひきたくて でも楽譜ないから(あったところでよめない)いわゆる”耳コピー”で覚えてひいてたんです。

ただ、私の耳コピーは精度がよくないから、細かな1音1音まではコピーできず、なんとなくこんな雰囲気でってひいてた。

細部を楽譜で確認したかったのです。

どうしても拾えない部分があるから。





いつでも探せたのかもしれないけど、

なぜかきのう思い立って検索したら、ニコニコ動画で楽譜がみれるらしいところまでわかり

けど、会員にならないとみれないらしく・・・・・・・



さらに探したら、ニコニコ動画を外部プレーヤーから見ることができるサイトに行き当たり、見事動画を見ることができました!!


音とともに楽譜が動画でみれるんだけど、さてどうしたものか。

そこで、画面を1つ1つデジカメで撮影してプリントアウトを思いつき、はれて楽譜get!



SaGa2のほかの曲の楽譜も撮影しプリントアウトしたから、じっくりみよう。





今日ついに『やすらぎの大地』をキーボードで全部ひいて ひとり感動してました。

ここまで長かった~って。






しばらくぶりのキーボード。


ライアー(432Hz)になれてしまっていて、440Hzはなんだか音の感覚がヘン。


しかも電子音には違和感が・・・・・・・


音に深みがないな~。



逆にいうと、ライアーは音を1音1音のレベルでつくることができるし、そうやってきたんだな~って思いました。


なんとなく、表現力がアップした気がする!!

ライアー効果だね。



一方で ライアーで普段あれだけ苦労してひいている曲が、キーボードだといともたやすくひけてしまう


このギャップがそうとうもどかしい。





そう。音をつくるなんて発想なかったんだよね。


決まった枠の中で、正確にひくこと


それが私の中の音楽だった



でもいまは違うな~。



1音1音の深みや広がりを感じながら


もしかしたらそっちこそが目的で


ライアーを奏でている。






ライアーをひくようになってできるようになったことがあります。


それは、ひきながら歌うこと。




キーボードなどひきながら歌うことができなかったのです。


歌えないとかじゃなく、同時にその2つの動作ができない、というレベル。


ピアノやってない人が、右手と左手を別々に動かすなんてできないよ~っていうのと同じ。






なぜだろう。


いつの間にか できるようになってた。


そんなもんかな。







最後に、超マニアックな目標。


ファイナルファンタジーⅣに『ギルバートのリュート』という曲がでてきます。


ギルバートという吟遊詩人がリュート(竪琴かな・・・・・・・)でひいてる素敵な曲。


その曲をライアーでひきたい!!


ピッタリだと思うんだ。





動画ないかな~ってYoutubeを探したけど、


そんなアホなことをやるライアー奏者はおらず・・・・・・・・


そりゃそうだ。



まぁ、とにかくひけるようになったら どっか外でひいてるかもよ。














関連記事
スポンサーサイト
【2015/02/26 21:51 】
| コメント(0)
<<仙台初開催! 4/1 麻糸産み後継者養成講座 | ホーム | もう1歩>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。