光の世界
Sawa's Cafeでディジュリドゥの演奏があることを知り



お昼頃向かいました。





RyoさんとはFacebookでつながっているのだけど



どこでつながったのかの記憶がなく・・・・・




そのへんも気になってディジュリドゥを聴きに行ったのかもしれません。







震災直後の春分 雪堂美術館の音のイベントにお互いいたことが判明。



KNOBさんとEagle Hiroさんのコラボ演奏の時の。







あ~。なんとなく



あの頃の記憶にアクセスすることが必要だったのかも。






Ryoさんは震災後にディジュリドゥを演奏するようになったそうですが





私もそうだな。




震災直前の誕生日にEagle Hiroさんのお店でインディアンフルートを買った。





「音」を使って表現することが必要と感じてた頃




始まりはインディアンフルートからだった。






インディアンフルートは元気かい?



そう問われた気がする。








今日初めてクリスタルのディジュリドゥの音を聴いた。




音が出た瞬間、なんかスゴイぞ(゜∇゜)




一気に別次元にテレポート




そんな感じ。





音は初めて聴いたけど



どこかなつかしいバイブレーション。






太陽の光を近くで見てる感じがした。



それくらい光が強く眩しい世界。









ライアーってキリスト意識だから、それより上はいけないんだよね~という話しをこの前聴いたんだけど





いやいや。



私のティラルなら行ける気がするよ。






この眩しい光の感覚をどこかで知っているから。







関連記事
スポンサーサイト
【2015/05/25 19:48 】
| コメント(0)
<<ただ ただ ここにあることを感じたかった | ホーム | いま ここにあるもの>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |