スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
いのちはめぐる

この前の社宅の草むしりの時に



敷地内の木が切られてました。




なぜだかはわからない。





邪魔になるからとかたぶんそんな理由なのだろう。






積まれた枝や幹を



使いたいけどその術を持っていない




ただ見ているしかできなかった。





切った枝や幹を使う術を持ちたい。




いのちを活かすことができたら・・・・







何日か後に、同じ敷地のほんの一部に大豆を蒔いた。




本当に小さなスペースだけど。




数日後 芽が出た姿をみたとき




植えたらいいんだ!って思った。





何もできないわけじゃない。




植えることはできる。






切られる木を横目に



なぜ?と問うこともできるけど




ただ静かに 植えることもできる。








つまり




「NO」と声をあげることは大事




何も言わないよりは声をあげるのは一つの意思表示。





でも、戦わないこともできるのだ。






静かに



ただひたすら




植える。



あるいはそれはゴミを拾うことかもしれない。






そんなふうにただ目の前のことをやり続ける。





そんな方向性もあるのだなと感じた。






いのちはめぐる





循環するその"わ"の中に自分はいるだろうか。





いつもそんなことを意識しながら・・・・・・
関連記事
スポンサーサイト
【2015/06/20 00:20 】
地球とあそぶ | コメント(0)
<<夏至の日に | ホーム | 夏至の遠隔ヒーリング設定しました!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。