スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
女神に見守られながら・・・・・・・・
s-レムリア 007



仙台での女神ウルラWSのときにお預かりした火の女神の火。


まだ 燃え尽きてないです・・・・・・・・もうしばらくおまちくださいね。





なんか ほかの方(女神官の方?)のブログとか読んでたら 毎日祈りながらい火をともすの??



すみません。毎日は火をつけてません。



気が向いたときに・・・・・・・・。(´・Д・)」



しかも祈りを込めて というその状況は私には理解できない。







そこで ひらめきました。




染めている時間に火をともしたら たくさん燃やせるんじゃないか!



基本 媒染→染め→媒染  普通にやったら60分です。


二度染めだと さらに染め→媒染でトータル90分。




というわけで びわの葉で染めたり茜で染めたり麻炭で染めたりの作業中は、火の女神に見守ってもらってます。









染めてる間 火を見ていたら思い出しました。


奄美の怒涛の日々を過ごして帰ってきたときのこと。



毎日をもっとていねいに生きよう





奄美で過ごした中で感じたなにかがあって


それは島の人をみていてだったり いろんな出来事があったりで




”祈り”ってなんだろな~



漠然と そんなことを考えるようになりました。




島の人たちの生活の中には確実にソレがある。



そこを一番に感じ取ったのかもしれません。





○○のためにとか、何か目的があってそこに向かって祈るのも”祈り”だし




日々の生活のひとつひとつをていねいに 


そのひとつひとつを感じながらいきることも ”祈り”なんじゃないかな~。






手しごとをやっているときってそこにつながりやすいと思います。





染めているとき


ただひたすら 布を感じて向き合っている。




無心になる。



ある意味 瞑想状態。






それを思い出したとき あ~これでもいいのだな~と思いました。





祈りをこめてキャンドルに火をつける




具体的にやってることは違うかもしれないけど その本質は同じなのではないでしょうかね。







もうしばらく 火の女神に見守られながらの染めの時間を楽しみたいと思います。






s-画像 141





s-画像 238







関連記事
スポンサーサイト
【2015/10/23 12:01 】
手しごと | コメント(0)
<<共鳴しあう | ホーム | 5年前 奄美>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。