必要なものとそうじゃないもの

お久しぶりの更新。



出展がかさなり



そして2日連続で郡山方面へ しかも始発で、もあり




ようやく自分のペースを取り戻しつつあります。





気づけば立冬も過ぎました。







ライアーに出会ってから



手元にやってきてから



なんだか選択するものが変わった気がします。






ライアーの世界に入れば入るほど。




私がいまいる場所は、どちらかというと、ライアーを通しての音楽療法のようなところ。





音楽療法を学ぼうと思ってるわけではなく




ライアーを通して体験していることが




それは世の中じゃ"音楽療法"と呼ぶんだね~。




そんな感じ。






アウリス35弦をつくってから



夏頃完成したのかな




やっぱり選ぶものが変わった。






完成してウチにつれてきた瞬間



キーボードはもういらないと思った。





その時はなぜかはわからなかった。





後で ピアノは物質世界の音で・・・・・というようなのを本読んでてみかけたけど。




後付けで"なるほど~"がやってくる。








そして この前のインディアンフルートのWSに出たとき




正直違和感だらけだった。




インディアンフルートがどうこうではなく




もう私には合わないなと。





その音の世界は決して心地好いものではなくなってた。








な~んとなく




きっと ライアーだけしかいらないんだね。



いまは、なのかこれからもなのかはわからないけど




ライアーをひけばひくほど そんな気がしてくる。




あくまで、私はね。他の人はどうかわかりません。








他の楽器とのコラボも・・・・・・・




どうだろうね。






依頼されたときは別として




自分からはたぶんやらない。






同時にひくかとかそういう話じゃなく




ひとつのイベントとしてもコラボはあんまりね・・・・・。





ライアーだけでよくない??って思う。






いつのまにか それが普通になってしまった。





私の中で、心地好いと思う選択を積み重ねたらそうなった。






関連記事
スポンサーサイト
【2015/11/13 13:03 】
ライアー | コメント(0)
<<12/2 江ノ島でライアーWS | ホーム | どこへつながる?!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |