糸がつなぐ世界

"糸電話"の仕組みって子供の頃すごく不思議に思えた。




糸が声の振動を伝える







応用編



やっぱり"糸"なんだよね






あちらの世界とこちらの世界をつなぐ





"糸"はその媒体なんじゃないかと思えてくる。







どうしてもつくりたくなり、見よう見真似でウィチョル族の "yarn cross"をつくってみた。



なんちゃって、だけど。






で、なるほど~って思った。











むかしむかし



L.A.でバシャールのグループセッションを受けたときのこと





メンバー同士の事前打ち合わせで1人ずつ聞きたいことをシェアしたんだけど



セッション嫌いなワタクシ。質問はナシでOKということにした。






グループセッション中何してたかというと



片方の耳にイヤホンをしてヒーリング系の音楽を聴いて、もう片方でセッションでの話を聞いてた。





正直あんまり関係ないや~的な態度で様子をみてる感じ。





で、セッションが進行していった時に、どうしてもバシャールに聞きたいことが出てきたんだよね。




それは、バシャールと直接話せないのかなってこと。




この時、通訳を介して私たちはセッションを受けていて



バシャールから英語→通訳さん日本語→私たちへ



私たちから日本語→通訳さん英語→バシャールへ




通訳がうまくできてない状況ができてしまったのです。




バシャールにも、"そこ何で話し合うの?ちゃんとトランスレートされてるの?"とツッコミが入るくらい





だからバシャールと直接話せたら早いじゃん!



ソレどうしても聞きた~い!!!






頭の中でそう強く思い、体がウズウズしたとき




あるイメージがパ~ンと頭に浮かびました。






真っ白い画用紙



そこに赤い糸が波を描いた




画用紙のはしからはしへ ウネウネって。






これがテレパシーの仕組みだなって思った。




テレパシーというか



誰か(何か)と話す、コミュニケーションをする仕組み




媒体を通してできる、みたいな。




その媒体として出てきたのが"糸"だった。





あくまで私がそう感じたという話です。






そう。あの時みたのは"糸"だったな~と、あらためて思ったのでした。

関連記事
スポンサーサイト
【2016/01/17 23:27 】
宇宙 | コメント(0)
<<ワンド | ホーム | ライアーの波にのせて>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |