スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
音は生きている
郡山で 仲正雄さんのライアーWS&講演・コンサートに参加してきました。







音は生きていること



1音 1音 を感じること





それらを体験するWSでした。







言葉で書くとこんなも簡単なフレーズになってしまう




言葉でみると あ~なんだそういうことかって思えるかもしれない。












「知識」と「体験」の差





それは 富士山よりはるかに高いんです







”「知っている」  と  「できる」 はちがう山をのぼっている ”



そう表現される方もいますね。







ビジネス色がプンプンする表現になってしまいますが、



成功する人とそうじゃない人の差はココにあると思います。













ライアーの世界は  「体験させてくれる」モノなんですね。





楽器だから曲をひくモノ?? 




そういう方向性を追究したい方はその道を極めればいいと思います。





でも ライアーができること その可能性は 単純に曲をひく楽器だけに限定されない(全部の音階をつかっても)






「音」として追究する道もあるよな~と



そんなこともあらためて思ったり。。。。。。。。。。。。。










どなたかのライアーのレッスンを受けたいと思うときにそのへんはいつも悩むポイント。




その方は どんなことを思ってライアーを教えているのだろう・・・・・・・・・・・






ピアノとかほかの楽器を教えるのと同じように ひき方を教えて曲をひく練習をする技術追究のパターンはやりたくはない。(コレが普通です!と言われたとしても)





自分がライアーを通してやりたいこと、目指したいことと合う人のところでライアーを習いたいと思うのです。




習うという選択をするならば。








話がズレました。



きのうのWSでは 円になって1人1台ずつライアーをもち、1人1音ずつ担当て きらきら星をひきました。





ドドソソララソ ファファミミレレド  時計回りに順番に1人1音ずつひいていきます。








前の人の音を聴いて それを受けて自分の音を1音響かせ 隣りの人へ渡す






何度も何度も同じ1音(私は2つめのラの音だった)をならすんです。







その1音は 「自分」がそこに存在している音であり 全体を支える1つの音でもある




不思議ですね。






1人だけ円の真ん中に立って聴く役になれます。




これがまた シアワセな体験でした。





ひとりひとりの奏でる”音”の美しさ




そして 1音なるたびに そこにある”いのちのロウソク”にポッポッとあかりがともる感じがしました。












ライアーってすごい!!




奏でた1音は この世界に1つのいのちを生み出しているんだね。







この体験は ライアーだからできるそうです。









そのあとは「声」をつかって音の体験。



2つのグループにわかれ 最初は全員でGの音をハミングで出す。





次に 全員でGの音を出した後に ひとつはGの音 もう一つはAの音を出す



「2度」の音を声で体験している状態。





次に全員でGの音で出したあとに 一つはGの音 もう一つはFの音



「3度」の音の体験。






それらを真ん中で聴く役も順番にまわしました。





もう”音のゆらめき” でした。




目をつぶって聴いた時に オーロラがゆらめくイメージが見えてすごく美しかったです。






「2度」の音の体験は楽器だとうまくできなくて、”声”だからできるそうです。







音はオーロラのように生きているんだね~。(オーロラをナマでみたことないけど)











ひとつ発見をしてしましました。



前の日に アウリスライアーをみながら羊毛でアウリスライアーをつくりました。





で、羊毛でヨエックスもつくろうかな~と思っていて どんな形をしているのだろうという発想が頭の片隅にあったおかげか?!








ゲルトナーのライアーを仲さんがひいたときに ちょうどライアーの裏側がみえる場所に座っていて





”勾玉”だ~!!(((o(*゚▽゚*)o)))  と思いました。





ちょうど勾玉の形があって しっぽみたいなところと丸い部分を棒で1本支えているように見えました。





勾玉 ⇒ 胎児のようにもみえる






あ~ やっぱり いのちを生み出すんだね~。







なんのこっちゃ??




興味ある方は ゲルトナーのライアーを裏側にしてちょっとはなれて見てみると 発見があるかもしれません。







関連記事
スポンサーサイト
【2016/03/07 10:56 】
ライアー | コメント(0)
<<Sarabande | ホーム | 本当にやりたいこと?!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。