Sarabande
ゲルトナーライアーで仲さんがひいた ヘンデルの『Sarabannde』 


美しすぎて とても印象に残っている。








Youtubeを検索したけど ライアーでSarabanndeをひいているのはなく、ほぼピアノだった。





ギターでひいたのが まぁまぁよかったけど


ピアノで聴くのは もう別物になっている気がした。







ライアーでひいてみたいな~。



楽譜買いに行くか~。












ゲルトナーのライアーを日本ではよく使われていて




というか ライアー演奏する人は ほぼほぼゲルトナーを使っている





千と千尋の神隠しのメインテーマもゲルトナーライアーで伴奏してるよね。









なぜ ゲルトナー???という疑問がいつもあってね。




でも 私はたぶん選ぶことはない。




まず買えないけど。



買えるお金があったとしも選ばないな~。









いつも少数派を選ぶ傾向があってね。。。。。。。。。



人と同じことをするって好きじゃないというか 自然にそう選ばないようで。









仲さんが ”パターン化されない” って大事だよ~っておっしゃってた。





演奏する人はゲルトナー ?!




これもパターン化されているのでは??と思わなくもない。














いままでの話はおいといて





仲さんいわく  ”ゲルトナーは時間をつくれる”






なるほどな~と思った。



だから 日本で流行るというか選ばれるんだ~って。










コロイが縦軸の動き ⇒空間  だとすれば



ゲルトナーは横軸の動き ⇒時間






”ひいた音が 時間の流れの中で どうよみがえるか”



”時間 = 生命力 生きる力 ”



”時間の中にうまれかわる音”   





そんなセンテンスをメモっていた。




うまく説明できないので そこらへんは読み取ってください。







勾玉の形が組み込まれているしね (これは私の勝手な妄想)



いのちを生み出すんだよね~。






そういうの いまの日本の社会にきっと必要なモノなんですよね。












そういうことをいろいろ思いつつも パターンをこわす!?




いままで積み上げたモノをチャラにして



次 買うなら 沖縄の竪琴   だね。



沖縄の竪琴の”わらびて” も いのちを生み出すっていうメッセージだよね。







じゃあ アウリスにもそんな仕組みがあるのだろうか。



アンダーソンさんの講演 せっかく聴きにいったけど 覚えてない・・・・・・・・・・・




ただ 自分でつくってるからね~。


何らかの仕組みは働いてるような。




ウチでノミで削ってた時間  満天の星とつながってた気はする。













関連記事
スポンサーサイト
【2016/03/08 12:13 】
ライアー | コメント(0)
<<5年前の今日 | ホーム | 音は生きている>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |