祈りに包まれた一日
震災から5年目の3.11を迎えました。




鎮魂の日




たくさんの場所で祈りがおこなわれていたと思います。







それぞれ 置かれている立場や状況はちがう。



もちろん 祈る日なので そうするのでしょうが





なんだろな。





祈ることで終わらせてほしくない。








東北の被災地じゃない場所にいる方は ぜひ被災地を訪れてほしいです。






テレビや新聞やネットから流れる情報で震災のことを思うのもいいですが




もしまだ訪れたことがない方は ぜひ一度訪れて



自分の感覚でリアルに感じてほしいな~と思います。















お正月に気仙沼へ3年ぶりくらいに帰りました。



すごく清々しい空気





人の気持ちはまだまだ前を向いているかというと どうだろう






でも 大地の再生する力の大きさは想像を超えるくらいはるかに大きかった



そう感じました。






大地は”再生”のエネルギーで満ちていて



”祝福”だな~って思いました。






あくまで私が感じたこと。




私が置かれている状況 キョリ感 立ち位置 ・・・・・・・・・・・・







それぞれ立場や状況はちがいます



だからこそ そこで感じたことを持ち帰る




きっと なにかその人の人生に力をあたえてくれるエッセンスになるのではないでしょうか。









 






おすすめのイベント ⇒⇒ 「第2回 希望の森モリ植林ツアーinみやぎ」


岩沼で木を植えませんか?


しかも 仮装して!!


楽しいですよ♪



私は少なくとも日帰りで参加します(予定)



関連記事
スポンサーサイト
【2016/03/12 00:24 】
日々のこと | コメント(0)
<<サムハラ ?! | ホーム | 5年前の今日>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |