ちょっと思考を変えてみる
きのう 石屋さんに行ったらそのあとおなかが痛くなりました。



エネルギー酔いかな・・・・・・・・・






今日はなんだかカラダの感覚がいつもと違う。


魂が半分どっか行ってる???




カラダがしっくりこない。



いつも以上にボ~っとしてるもよう。




さっき 包丁で指切ったし。





そういう日もあるさ~ね。






そういえば サラリーマンやってた頃 そういう日が定期的にあったような。



3ヶ月に1回とか 半年に1回とか。





そんなことをふと思い出しました。





こんな感覚 すごくひさびさです。



だから指切るんだね・・・・・・・・・




今日は珍しくなにもつくりたくないし 朝から創作活動関係はさわっちゃいけない気がしてた。






そういう日なんだ~と思うしかない。










で、今日はめずらしく?読書。



注文してた本がちょうど届いて。





先日再会した 植林ファミリーのNさんが ダスカロスの話しをしてくれました。



その単語何度も何度も口にされてて でも覚えられなそう・・・・・・・・・・・・・




スピリチュアルかつ横文字はまずキオクに残らないのです。





ある意味 それはフィルターって思ってて



あとで覚えてたら(思い出せたら)それは必要ということ。




私なりのルールなんです。




あえてメモをとらず 頭に残す。(ほぼ残らない)






ダスカロスは ”ラスカル+ス” って頭の中で回路ができて キオクしていたのでした・・・・・・・・(=∀=)



そんなんでいいのか?!



そういう連想ゲームのような回路つくったって 残らないものは残らないからね。








ダスカロスの話しを聞きながらなにを思っていたかというと




実は今年になってからヒーリングをもっとレベルアップさせたいという気持ちがムクムクとあって




でも スピリチュアルにはお金はいっさい出さんぞ~と決めているので



あらたな講座を申し込んで資格を得るとか あらたなスキルをみにつけるとか そういう方向では考えてなかった。





いままで レムリアを通してヒーリングの世界に出会って ヒーリングというものをみてきたけど



ちょっとちがう角度からもみてみたい。




それをやってみたいと心のどこかで思っていたんだね。(本人は忘れてる)




ちがう角度からみてなにを得るのか


そんな視点が私には必要なのでしょう。(それがレベルアップをさす)






で、ダスカロスの話しを聞いて さっそく本を読んでみようと思ったのです。



本くらいならお金だすよ。





たぶん 私のスピリチュアルな学びのやり方は



本を読んだりとか



ウィチョル族の占いの道具をさわってそこからなにかを得るとか


その道具をまねてつくってみて そのプロセスでなにを得るか、みたいなのとか





誰かになにかを1から10まで教えてもらうスタイルではなく


なんらかのヒントから 自分で発展させていくパターン




本もそうやって使うのです。





今回は 『エソテリィック・ティーチング』という本を買って読んでます(気になる箇所のみ拾い読み)





スピリチュアル関係の本って いくら読んでもなかみが入ってこなくて


去年の年末あたりにまとめて全部売っちゃったんだよね~。




レムリアの〇〇  シリーズとかね。


案外高く売れました・・・・・・・w( ̄o ̄)w






それはおいといて 『エソテリック・ティーチング』


拾い読みながら いままでの本に比べたら結構読めます。





こういうふうにちがう角度から見てみることが 何らかの糧になるのだろう



あるいは そこからあらたな道ができるのだろうと



そう思いながら新しい世界に足を踏み入れるのでした。






s-沖縄 2016・2 073





関連記事
スポンサーサイト
【2016/03/25 21:40 】
宇宙 | コメント(0)
<<麻につながる日 | ホーム | いのちのひびき>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |