スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
ライアーにひき方はあるのか??
郡山ライアーの会でした。



今日は見学の方もいれて5人+千葉さん。



会場的にはいっぱいいっぱい。





でも このくらいの人数の方がおもしろいのかも。







ライアーがはじめての方もいたので ひき方の話しになりました。







ライアーって 弦に平行に指をのせて 奥側から手前になでるようにひいて音を出します。(楽器をひざに置いた場合)




このとき ほっとくと なにも知らない人は琴のようにはじいたりします。






私はそういう場合も 別にいいんじゃない??好きなようにひいたら? って思ってて 



あんまりこうやってひくんだよ~って言ったことないんだけど





今日話しを聞いてたら やっぱりちゃんとライアーとしてのひき方があって、それをお伝えした方がいいな~って思いました。










響きが その人のカラダまで伝わるか そうじゃないのかのちがいまであるのだそうです。




はじいた場合は その響きは肘のあたりまでしか届かないらしく



それってすごくもったいないですよね。






ライアーの弦を通じてうまれた響きは自分のカラダにひびいて



その響きをまた 中心に(外の世界に)かえす





音はそんなふうに循環している世界なのです。











来月は ライアーレッスン&交流会で横浜に行き


その次の日に郡山ライアーの会というライアーつづきのスケジュールになりました。










あたたかくなってきたから 外でライアーひきたいな~。




お花見しながらライアーひいたら気持ち良さそう!!






サクラの木の下で どんなうたがうまれるだろう。






s-羊毛 053














関連記事
スポンサーサイト
【2016/03/28 22:11 】
ライアー | コメント(0)
<<大麻の布からつながるところ | ホーム | 麻につながる日>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。