スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
自然の中にある音
楽器を奏でることでうまれる音は ある意味人間がつくりだす音。



楽器をひくことでうまれる音でも 心が解放されたり十分癒されます。






でも 自然の中にいって そこにある音を聴く



それが 楽器からうまれる音よりもはるかに心に響いてくる気がします。







ライアーをあつかうようになって 森や海に持っていってひくことが多くなりました。



それはそれでステキな時間なのですが





ふと 自然の音に耳を傾けたときに そこにある世界を感じました。






風の音や鳥の鳴き声 木々のゆらめき・・・・・・・・




それはあたりまえにそこにあって 流れている世界




楽器いらないね




ライアーがあることでかえって見えなくなっていたのかも。









畑を借りて作業するようになって


自然の音の中にいる時間がふえました。




キジがないて 竹やぶを風が通り抜ける音がする





そんな気配をリアルに感じることに なにもいらないことにようやく気づきました。









そわそわ落ち着かなかったり


なにをしたらいいかわからなくなったり


いろいろ迷ったり





そういうときは 一人で自然の中にひたって そこにある世界をただ感じてみたらいいと思います。



森の中


川のそば





大きな木のそば    などなど





瞑想って私はあんまり好きじゃないけど 瞑想のような効果はあるのでは?!




”つながり”を思い出す時間





どこまでも無限に 豊かな世界がそこには広がっているでしょう。






s-長野2016 055




s-長野2016 077






関連記事
スポンサーサイト
【2016/06/05 09:31 】
地球とあそぶ | コメント(0)
<<新月タイム | ホーム | ずっと伝えたかったこと>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。