切り替え
新しくノートを買いました。



私は 和暦スケジュール帳を使っていて 


そのほかに1冊ノートを持ち歩いてます。



そのノートは1日で2ページ分(見開きではなく紙の表とウラ)使っていて


ノートの枚数分日にちを書いてます。




いま使ってるノートは 4/15から始まって6/23で終わります。



日々そんなに書いてるかといえば 書いたり書かなかったり。



スケジュール書いたり、あとそのとき出会った物事だったり。



文字じゃなくて絵も多かったりする・・・・・・・・・・・




だから 横罫ではなく方眼か無地のノートを使います。






そろそろノートがなくなるから新しいのをと買いに行ったのです。



そしたら いつも使ってたノートがもう販売されてなく


かといって まちなかまで買いに行くのも面倒。




う~ん どうしよう。



迷ったあげく いつもとはちがう 100シートある方眼ノートを買ってみました。





使い慣れてるモノを変えるって 結構勇気いりますよね。




でも こういうのって変化のタイミングだなという気がしていて。




新しいモノに切り替えざるを得ない状況。







新しく買ったノートに日にちを書いていったら


6/24からはじまって 9/30に終わる。




おもしろいね。



自分の流れというか 変化のタイミングがしっかりそこにあらわれてる。





日にちを書き入れるときには 旧暦の手帳をみながらこよみを眺めてる



そうすると 知らず知らずに こよみの流れをよんでるんだよね。




そこに自分のスケジュールがどんなふうにのっかってくるのか。







9月はパワフルそうだな~


濃いというか。



1月から始まった1年とすれば 一番かも。


その先見てないからなんともいえないけど。




そんな直感。




そして 私自身も忙しくなりそう。



スケジュール的にはまだほぼ白い状態なんだけど なんとなくそんなふうに感じました。









今年はもう”13の月の暦”はいいかな~と思ったのも一つの変化だね。


7月後半から1年が始まるのだけど。




いまは 旧暦にどっぷり。


宇宙の流れ わかった方がそれはそれでいいのかもしれないけど



畑しごとにはいらないな~。




日々の天気とか季節感とか


そういう感覚に鋭くなるし たぶんいままで以上に感じようと無意識にエネルギーを注いでいる。




私にはそれが 眠っていた感覚をよみがえさせられるようで



忘れていたものを思い出す感覚でもある。




植物に囲まれて生きることが こんなに心地いいものだって。






今日 ひさびさに実家へ行ってきました。



あじさいやサツキなど たくさんの花が咲いていて


あたりまえのように こ~んなたくさんの植物に囲まれて生きてたんだな~って思いました。



そんなこといままで考えたこともなかった。





実家を出てもう15年くらい??


求めていたモノは 実は当たり前に手にしていたんだな~って思いました。







うーたんたち ケイタイ 338




関連記事
スポンサーサイト
【2016/06/15 21:22 】
こよみ | コメント(0)
<<シンギングボウルとともに | ホーム | 流れ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |