スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
シンギングボウルとともに
6月はじめのライアー演奏のレポートをまだアップしないまま・・・・・・・・・・w( ̄o ̄)w





17日(金)こんなことをしました!


s-ゆがふ時間6.17







なんちゃって 演奏者でした~





shanti さんのシンギングボウルをさわらせてもらいました。


楽器は私のではありません。








ライアーとまったくちがう世界



これはこれでおもしろいですね。






適当にならしてても そこにストーリーがうまれる





どういう奏で方があるのかまったくわからないのですが



これだけたくさんのシンギングボウルを前にしたときに



1本 軸になる道というか音をつくって


その軸に合わせて あるいは沿って ストーリーをつくっていくといいかな~





軸になる音は そのときその空間に一番響きわたる音



その音をみつけたら あとはそれを中心に 一番心地いい世界をめざして音を重ねていく





なんちゃって演奏者なりに そんなふうにならしてましたよ。








たぶん 2つ選択肢があると思うんです。



ヒーリングライアーでもおんなじです。






一番響く音をさらに輝かせるように音の世界をつくっていくのか



そのとき響かないを音を いかに響くように世界をつくっていくか






好みでしょうね。




私はいつも前者を選ぶし


これって 生き方でもあると思うんです。








ヒーリングライアーのオーナーさんたちから 自分と向き合うとかライアーひいて苦しくなるとかいう話を聞きます



コレさちべえ目線では  ????????




私はライアー(特にヒーリングライアー)をひいて 楽しいしか思ったことないです。



そこには”楽しい”しかなく



楽しいと思わないときはたぶん楽器をさわってない。






なにかをやるときに ”楽しい”とか”わくわくする”からやるんです。


わざわざ しんどくなるようなことはやらない。





良いか悪いかではなく そういう選択をしているということ。



自分の中にある基準


持っている基準がそうだということ





基準がどうであろうと それがシアワセと感じる世界につながっているならいんじゃないかな~





ブラジル ケイタイ 046





関連記事
スポンサーサイト
【2016/06/19 12:49 】
| コメント(0)
<<紅花とルーツ | ホーム | 切り替え>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。