キーワード
あるポイントポイントで目の前にあらわれるキーワードがある




"移民"



日本人の"移民"のこと。





サンパウロで 日本人が移民でわたってその土地に根付いていった歴史を知った





ラナイ島に行った時も なぜかハワイにわたっていった歴史を目にした。







先日神戸で



偶然散歩がてら歩いていたら 昔、国立移民収容所だった場所(いまは移住ミュージアム)に出会った。



ブラジル移民のことがまた思い出された。







まさに "ソウルコード"を体験してるみたいだ。







ブラジルへ行って感じたことは、歴史も含めて日本をあまりにも知らなくて、日本人としての誇りを持ってなかったな~ということ。





逆に、移民でわたってそこで生きてきた方たちは、生命力にあふれ、



芯がしっかり通っていて、日本人としての誇りを持っていた。





あの時、そんな人たちの生き様を感じたんだよな~。





"日本"をもっと知りたい




そんなことを思ったような。






忘れてたけど。






きのうたまたま中村文昭さんな講演を聴いていて、おんなじようなことを言ってた。




"日本"をもっと知りたいということを思い出しました。






いま 日本古来の"麻"の糸績みをしている。




締め切りが・・・・・




でも そうは言っても自分なりのクオリティは保ちたい



結果 進まない(*_*)






やらなきゃ終わらない状況に追い込まれているのだけど



どこかで麻と向き合ってる時間は喜びに感じている。





麻の糸績みも "日本"を知る一つのキーワードになっている。







そして 日本を知りたいと思えば思うほど



外へ外へとか、遠くへ行ってなにかを持ってくるよりも




足元の方へ いまいる場所へと目が向いていく





仙台はいま住んでる場所であり 生まれた場所でもあるんだけど



やっぱり仙台とか宮城のこと知らないんだよね~。






ブラジルへ行ったときのこと



地球の反対側へ24時間かけて行ったわけですが




サンパウロで出会ったのは宮城県人会だった。




地球の反対側に行ったハズが なぜか宮城県!?





わかりやすいメッセージといえばそうなのかも。



いまとなってはそう思える。







紫イッペー

ブラジルの国花。

ブラジル ケイタイ 046



関連記事
スポンサーサイト
【2016/07/05 10:15 】
レムリア物語 | コメント(0)
<<その波 乗ってみる | ホーム | 気づいてしまった!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |