現在進行形
1つ前の記事でも書いてたのですが




"スピリチュアル"な世界は 現実から離れて存在するのではなく




日常の生活とイコールで存在しているのが本来の形なんじゃないかと 私は思ってます。





現実逃避でスピリチュアルな世界を求めても



まぁ、そうしたければ止めないけど




たぶん何一つ解決してない現実がそこには存在しているわけで・・・・・






存在しているのは"今 この瞬間" だけ





だとするならば、



できるのは 目の前にあることを1つ1つ丁寧におこなうことなのでは??





"今 この瞬間"を生きる




普段の生活でどれだけ意識できるだろう。





たぶん "瞑想"は一番手っ取り早い方法なのでしょうね。





私は動的瞑想しかやらないけど。




畑の草取りはなかなか良い瞑想かも。





染めてる時間や糸を績んでる時間も瞑想に近くて "いま"を感じられる







先日のソウルコードWSではこんなふうに言ってました。




"人生の目的は未来にあるのではなく



今までも人生の目的を生きてきている。"




"すべてはこの瞬間のみある。



人生の目的は いまこの瞬間にいること"







スピリチュアルな学びとか 自己啓発セミナーとか



それらで得たことは資格としてぶら下げとくのではなく




すべて "今 この瞬間"を生きるために使うのだと思います。




あるいは 目の前にあるその1つのことを 丁寧に丁寧におこなうために使う。





その積み重ねで次の扉が開いたり



新たな道が見えたりするのではないでしょうかね。







"今 この瞬間 を生きる



目の前にある1つ1つを丁寧におこなう




それらに資格なんかいらないし



セミナーに通わなくても



スピリチュアルを知らなくてもできるよね





誰にでもできることだし



やろうと思えばいますぐにでもできる。








むかしむかし 習慣形成のトレーニングのセミナーで聞いたフレーズを思い出しました。(受講生でもあったしその会社でバイトしてた)




"誰にでもできることを 誰にもできないくらい徹底してやる"
関連記事
スポンサーサイト
【2016/07/14 23:54 】
思い | コメント(0)
<<土用入り | ホーム | グランディング>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |