スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
世界のど真ん中を生きている
富山へ行ってきました。


牛山了子先生の声のグループワークとライアーのグループワーク、個人レッスン(響きのレッスン)を受けてきました。





  牛山先生のブログ→→→→


  主催のさゆりさんのブログ→→→→






お部屋に入ると ずら~っと並ぶキンダーハープ。

s-富山~長野2016 008




いろいろさわらせてもらいました。



それぞれ形もちがい、持った感覚も、そして音も少しずつ違います。



どれも良いですね~。


キンダーハープもほしくなってしまう・・・・・・・・・。









さて 今回のWS。


声とライアーのWS自体初めて参加。




なにか特別なスキルを学ぶとか、これに出たらなにかが身につくとか、


そういうものではなくて





その共有した時間でなにかを受け取っていて、



それはすぐにわかることもあれば


ずっとずっと後になってふとわかることもある、そんな感じ。





言葉にするとすごく抽象的になってしまって 表現がムズカシイね。






それってどういうことかというと


その時間はすっかり今いる世界にガチっとはまっていた。




逆にいうと、ほかのことは一切考えず やらずに


”いま”という瞬間瞬間に存在していた。




WSはそんな時間を演出してくれていました。








普段の生活の中で 一つのことに集中しているってなかなかないですよね。



なにかをしながら 別なことを考えたり


なにかをしながら 別ななにかをやったり




効率性を求めるあまりに そんなことに慣れっこになっている。



別にそれは悪いこととは思わない。




ただ、1つのことに集中するって 気づいたときにはできなくなっている。


そうすることさえ 忘れてしまっている。






ライアーに出会って、それをひとつひとつ 取り戻している感覚。









今回のWSではたまたまなのか、夏なのか


うたったわらべうたに 海が出てくる。





  うみだよ  かわだよ  あおいな みずは


  ふね こげば  さかなも おどる







WSの後に 突然ひらめきがおりてきた!!




夕日を見に行きたい!


海へゆこう!







日没ギリギリだったんだけど、なんとか間に合った。


s-富山~長野2016 011




s-富山~長野2016 016





この世界にすっかり溶け込んでいた。



それって 世界のど真ん中を生きてるってことだよね。










そして 海にきたかった~!という気持ちがグワ~っとわきあがった。



飢えてたね~。海に。






仙台もだけど 東北の太平洋側の海岸の方ってなかなか近寄れないようになってしまっている。



巨大防潮堤が立ちはだかり・・・・・・・・(つくってる最中のところも多々あってね)



なんか 想像する海とはかけ離れた風景が広がっている。





どうしても行きたかったら 仙台空港の先のところ??


いちおう 立ち入り禁止になってるけどね







ふつうに行ける海に出会いたかった~!!

s-富山~長野2016 018




砂浜を歩いて 貝や流木拾って


波打ち際であそぶ




めっちゃたのしかった~!!






日曜の朝は9:30からライアーレッスンだったから


滞在時間30分くらい??




時間はあっという間で ・・・・・・・・・・・・


でも来れてよかった。





流木拾わせてもらったので、帰るときちょっとだけライアーひいた。


風がふわ~って近寄ってきた。









声やライアーのWSで 心がゆるまったときにひらく扉があって




今回は 海への扉だった。




s-富山~長野2016 020






関連記事
スポンサーサイト
【2016/07/26 17:49 】
ライアー | コメント(0)
<<新月の日に | ホーム | 土用入り>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。