スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
縄文への道
知床への向かう途中に 偶然みつけてなんだろう??って行ってみた場所があります。



斜里町にある 「朱円ストーンサークル」 (朱円環状土裏籬とも書いてあった)


縄文時代の遺跡らしいです。




知床に向かってる途中で、これから台風がくるという時だったので、このときは入り口だけみて引き返しました。








帰り道 なんとまたこの近くを通っていたので、寄ってみることに。




今度は中に入りました。



s-北海道 2016.8 265



こんな景色が広がっています。




古代のお墓なのだそうですが、



なんとなく 宇宙とのつながりを感じました。





写真のキョリからみていたのですが、


足の下からあたたかいエネルギーが流れてくるのです。





そしたら、ライアー!って思いました。




この場所でもちょっとだけライアーを奏でました。






s-北海道 2016.8 264










今回は 知床へ行こうと思ってサロマ湖とか網走とか知床へ行ったけど



ここらへんは縄文とすごく縁がある場所のようです。







母方の家系のルーツの土地でもあるけれど




実はもっともっと深いところにあるルーツを感じる旅になりました。






縄文とのつながり




海があって森があって





心のどこかでそういう場所を求めている



それって どこか縄文のニオイがする。















関連記事
スポンサーサイト
【2016/08/22 19:19 】
| コメント(0)
<<北のはて | ホーム | オホーツク海へ響かせる>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。