スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
「星を追う子ども」
「君の名は」で有名な新海監督の作品 「星を追う子ども」。



「君の名は」はおもしろいんだけど


私は「秒速5センチメートル」や「言の葉の庭」の方が好きだな~。



「言の葉の庭」の美しさには圧倒された。







この人の描く”アガルタ”に興味があって 「星を追う子ども」をみてみたいと思ったのです。




アガルタは地球内部にあるといわれている世界よね。


シャンバラとか いろんな呼び方があるけど。



シャスタ山の地下にあるとか言われてたり。




どこか興味ある世界。




アガルタがどんなふうに描かれてるのだろうかという興味を中心に DVDを観てました。





そんな視点でアガルタの世界をみていたら どこかなつかしいような気持ちになりました。


どのシーンかは覚えてないけど。




はるか遠くにある故郷にかえったような気持ちになりました。





あくまで 映画(アニメ)の世界の話しなんだけど。






そして 一番ピンときたシーン というかセリフ。



”ケツァルトル”という門番の役割の生き物?が登場するのだけど、それが死を迎えようとするときにうたをうたうことで記憶を残すんだそうな。そんなシーン。



”ケツァルトルは、死ぬ前にああやって、すべての記憶を唄に込めて残すんだ。唄はどこまでも形を変えて伝わってゆく。空気の振動の中に受け継がれ、俺たちの体とも、気づかぬうちに混じり合う。そうやって、世界のどこかに、永久に記憶されるそうだ。”




うわぁ~ なんかこれは真理かもしれない!


そうそう わかる気がするよ。




あくまでも 映画(アニメ)の世界の話しですが。



でも メッセージな気がしたよ。







ふとした瞬間に出会うメロディがある


偶然に?!


自然の中にいる時が多いかな。



それがどこからきたのか どこへいくのかわからないけど。




ラジオの周波数が合うように 瞬間的にパッと出会うことがあるメロディ。



その場で口ずさんで あとは忘れてしまう。





そんなうたが 世界には流れていて



ふとした時に キャッチしたりするんだよね。





レムリア人はクリスタルに叡智を記憶したらしいですが


実は 世界のどこかにそんな叡智も記憶されているんじゃないかと思うのです。





吟遊詩人は そんなうたをうたっていたんじゃないかな~。





そんなふうに 空想は広がる。







「星を追う子ども」 オススメです。



関連記事
スポンサーサイト
【2017/01/04 10:09 】
宇宙 | コメント(0)
<<温泉へ | ホーム | ひきたい曲リスト>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。