スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
意外なところから・・・・・・
s-織り 027



去年の秋頃から 月一で東京へ通い プリミティブ・テキスタイルWSに参加してきました。



はじめは 腰機織りがやりたくて たまたま出会った(と思っていた)のですが、



一方で アジアじゃなくて南米なんだよね~ってよくわからないこだわりがあって・・・・・・・・・・・・・・・




どうしてかわからないけど ひかれる何かがあった。






先週の金曜で5回め?


いままで 3種類の伝統的な現地でやってる技術を教えていただきました。




伝統的な技術を こんな短期間では身につくものではないです。




はじめは技術を学びたい気持ちもありましたが



いまは 技術を学ぶためにこれらをやっているのではない気がしていて。



その奥にあるもっと大切ななにかを 得るため?気づくため?思い出すため? 




そんなふうに思えるのです。










そういえば子どもの頃やってみたい仕事(職業?)があった。


考古学者。




もともと父が地元の発掘調査とか 文化財保護とかの仕事をしていて


自然にそういう環境にいたのだよね。




インカとかアンデスの文明 めっちゃ興味あったなー。


日本じゃなくて なぜか南米。




でも なぜか父と同じような仕事をするのがイヤで いつのまにかそんな思いを封印してしまっていた。







ここ1、2年 父と日本の遺跡の話しとかヤタガラスの話しとか(かなりマニアック?!)するようになったのだけど


それって 麻糸績みとか糸紡ぎをやるようになってから。



糸紡ぎとか織りの話しを自然にするようになってからかな~。


しかも 意外と詳しいからビックリだわ~。





歴史を調査・研究するような立場の人と 伝統技術をやってる人と。



そういうのが立場とかを越えて 重なり合っている。




そんなことが私の中で起こっている。







実は 手を動かして伝統技術を学びつくることを通して


本当にやりたかった世界 知りたかった世界につながっているんじゃないかな。









先日 ベビーアルパカの毛を紡ぎました。


そのベビーアルパカの毛は チチカカ湖湖畔の村?町?から来たもの。




お~~ まさにつながりたかった場所!!




アルパカちゃんの毛を通して 必要なエネルギーを届けてもらったみたい。






チチカカ湖 行きたいけど行けない。。。。。。。。。。


でも こうやって こんな形で向こうからやってくることもあるのね~。



ありがたい。





アルパカちゃんの毛をさわりながら チチカカ湖につながりたいと思います。




関連記事
スポンサーサイト
【2017/01/16 23:33 】
宇宙 | コメント(0)
<<忘れた頃に・・・・・ | ホーム | DVD三昧?!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。