"動き"の中で・・・・・
"表現すること"を色々試し試しやっていて




ライアーもそうなんだけど




音を響かせるのは手や指だけじゃなくて



カラダで響かせてるのだよね。





全身の動き



カラダ全体を使ってる





そういう"動き"とリンクしているのだな~とぼんやり思うことがあった。






だからオイリュトミーがあるのよね、たぶん。




そこはあんまり踏み込まないようにしてきたけど



今年になってそのへんがスコーンと吹っ飛んだ?!





むしろ"表現"というものにリンクしているだろう、カラダの動きとか



今はとても興味がある。




なんだかんだで 来月オイリュトミー行ってみるのだけど。





今月は、人生初の演劇WSに出てみたりもしたなー。



これはこれでおもしろかった。







秋頃から毎月 プリミティブ・テキスタイルWSに通い



腰機織りで色んなモノを織ることをやりながら



伝統的な手しごとにあるカラダの動きを体験し続けて



どこかで本能的に感じていたのか






"表現"することとそこにあるカラダの"動き"




それがまたあらたなインスピレーションをもたらしてくれるような気がしていて。








今日もスピンドルをまわしながら糸を紡ぎ



そんなことを思いました。




関連記事
スポンサーサイト
【2017/02/22 22:57 】
アート | コメント(0)
<<すべての感覚を使う | ホーム | 「CAROLAN'S COTTAGE」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |