スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
ステラライアーとの付き合い方
19、20とライアーをひく機会があり



19はアンサンブル演奏だったので直前まで練習してたりで



春分にむけてライアー三昧の日々だったな~という感じ。







20日はヒーリングライアーが中心に集まる会だったので



久しぶりにステラライアーも連れ出した。





最近はソプラノライアーばかりだったので、なかなか連れ出したりもしてなく。




ただ、海なら行くよ~とついてくる。




むしろ ステラライアーは海にしか行かなくなった。




もともと そうだったのかもしれない。





今までは他にやってくれるモノがないから



たぶんその役割までこなしていてくれていたのだと思う。





今は ソプラノライアーもあるし プリムライアーもあったり




私の向き合い方も変化しているし




本来の役割に徹する環境がようやく整ったのかな。




どこか どっしりと構えているような



ステラライアー自身も自分の居場所を確立したような。







ステラライアーの名前 "シャスティーナ"なんだけどね。




海(水のある場所?!)が好きなんだね~。


縁があるというか。




山じゃないんだね。







そういえば



シャスタに"レイクシャスティーナ"という場所があって



今まで水がなかったのに 水が湧いているという記事を目にしました。




何か 変化が起きているのだね。




"レイクシャスティーナ" いつか行ってみたい。







そうそう



昨日 タオライアーをひかせてもらったのだけど



サクラ材ってやわらかいからか



大した力いれなくても音が出るのね。



それこそ "押す"感じ。




ステラライアーもだしアウリスのソプラノライアーも楓材。



楓だからか ある程度力入れないと音が出ない。



音のインパクトの感覚ってライアーによって違うのだけど



常に楓しかさわってないから、それに慣れてしまっている。





タオライアーとゲルトナーのライアーの感覚って似てる気がするんだよね~。



サクラ材がそうなのか




どの程度の力でひいて 音がどんなふうにひろがって重なっていくかとか。




その横にひろがっていく感じ 私には扱えないのよね。




違うライアーにさわることでわかる感覚。








関連記事
スポンサーサイト
【2017/03/21 11:34 】
ヒーリングライアー | コメント(0)
<<選択と手放しと | ホーム | 自分のパターンと向き合う?!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。