”光とつながる”?!
s-ライアー 045



”光とつながる” がテーマのステラライアー。



”光とつながる” ってなんぞや??





そこ ず~っと見ないようにしてきた。(考えないように?)




でも ”光とつながる” はやってるんですよ。




自然にやってることって あえてふり返って考えようとは思わなく・・・・・・・・・・








見ないようにしてたのに理由があって


スピリチュアルでいわれるところの ”光” という言葉  


私はうさんくさく思ってきた。



”光を送りましょう” とか 



それさえやれば あと何もしないんかい??とつっこみたくなる。




なんだろね。 


説明するあれこれを説明するの面倒なときとか 説明できないときとか


ひとまずそう言っとけばある程度ニュアンスは伝わるかな~って



そういう便利な言葉のイメージがあります。(私は)


実際そう便利に使ってきた と思う。






具体的に説明できないけど パンフレットにそう書いてるし


”光とつながる” がテーマのライアーです と言っとけば ある程度伝わるよね・・・・・・・・みたいに。



まぁ 実際 ある程度伝わってるし あとはキラキラした音がすべて伝えてくれている。




だから あえてつっこまないでおいといた。



非言語の世界に生きてることが多いので 感覚的にわかってることをあえて言葉にするってしないのもある。



感覚でわかってることって 言葉に置き換えようとしても 置き換えるほどのボキャブラリーがなかったり


言葉に置き換えたととしても その時点でなんかちがうという違和感があったり・・・・・・・・









でも ちょっと最近そのあたりの流れが変わってきた?!



”光とつながる”って どこにつながってたっけ??ふと思ったことがある。




ここは 人によってちがうと思います。(当たり前か)


ここからは 私の場合は、ということで書きます。




”光とつながる” が 自分の内側 という場合もありますが



私の場合は なんかちがう。





やっぱり いつも空の高いところ



太陽の光でもなく



宇宙とか 宇宙空間にうかぶ星々 とか。






自分の魂の出身星ってどこだろうってことも あんまり見ないようにしてた気がする。



それはどこかはわからないけど(一つとも限らないし)



自分がよ~く知ってるようなエネルギーとつながって それをおろす


おろしてくる というか そこに意思があるわけでなく つながれば自然に流れてくる



”光とつながる” ステラライアーを使ってやってたこと  そんな感じだったような。







ちなみに キットで買って製作したアウリス社35弦ソプラノライアー


”ティンガーラ”という名前をつけた。


つくってる時に天の川や満天の星空が浮かんでたから


やっぱり宇宙や星のエネルギーとつながる使い方をどこかでしているのです。




私にとってライアーは 宇宙と交信する道具になっているのかもしれません。















関連記事
スポンサーサイト
【2017/04/08 11:24 】
宇宙 | コメント(0)
<<土用入り | ホーム | 4/29 マウントシャスタ癒しの祭典vol.2 出展します!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |