ピンときた人に会いにゆく!
ライアーでもなく ヒーリングでもなく 手しごとでもなく


お芝居関係を 観にいくとかWSに参加するとか



そんな時間を過ごしていたここ何日か。






モノづくりをしたりするのもそうだし ライアー演奏するのもそうだけど


そういうのひっくるめて 一アーティストなのよね。



そういうのを通して 自分の世界を表現してるのです。





で、表現する世界


知ってるようで知らないのが




自分の心にはどんなモノが響くのか??ってこと。




体験してみなきゃわかんないのよね~。





最近 コンテンポラリー的なダンスWSにハマる。


自分でもちょっと意外。



ダンスとかヨガとか カラダを動かす系ってまったく興味なかったから。


カラダを動かすのはキライじゃないのだけど 魅力を感じるモノ(人)に出会えてなかっただけだった。




やってる人(講師とか先生とか)に魅力を感じるかどうかって 私にとってそれをやるあたり最重要ポイントだということも最近気づいたのですね~。







まぁ やってみないとわからないさ~で きのうも 2回目 俳優養成WSに行ってみたのです。


俳優になりたいわけじゃなく きのうは講師がキャラメルボックスの多田さんだったから。




単なるキャラメルファンです!


直接会ってみたいじゃないですかー!



たぶん舞台経験者に囲まれて なんとなく一歩ひいたところから参加してるのかな~と思ってたら



役者やらなくても使えるモノがいっぱいで


というかWSの内容とか進め方、見せ方がとてもわかりやすく


途中からこの人すご~い!と たぶんまわりの役者さんたちとはちがった視点で釘付けになってました。



終わったときに とても勉強になりました~ってまず思った。





ダンスはいいけど 舞台の世界って苦手だって思ってた。


なぜなら 言葉を扱う世界だから。



ふだん 非言語の世界に浸ってることが多いので 


前回別な方の俳優養成WSに出たときに 自分には向かないな~と思った・・・・・・・・・・・





いろんな手法・アプローチとかあるとは思うのですが


舞台の上で伝えるって 案外言葉だけに頼ってないのかも。



今回のWS全体を通して そんなふうに感じました。





受け取れることがホントたくさんあって楽しい時間でした。






身の程を知らないからこういう時飛び込める?!



かなり場違いだよな~に行くことを何回かやれば 慣れます。



そういうもんだと思います。












関連記事
スポンサーサイト
【2017/04/24 20:10 】
日々のこと | コメント(0)
<<事前予約受け付けます! | ホーム | 空飛ぶ夢>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |