イ長調の世界
楽譜よめないのにイ長調の話しをしてみる。




ライアーを即興で奏でる時に



それは公園のベンチとか



河原とか



芝生に座ってとか



そんなシチュエーション。





吹いてくる風や サワサワ木の葉が音をたてたり



鳥が鳴いたり




そんな まわりの世界を感じながら音を生み出す。






最近の傾向。



ほぼほぼイ長調をひいてた。



イ長調⇒ド ファ ソ に#がつくやつ



ラ シ ド# レ ミ ファ# ソ# ラ




これでひくとすごく気持ち良いんです。




春だから???



サクラみながらひいたときも ド ファ ソが#だった。






好みもあるかもしれない。



即興でハ長調 ひかないね~。



この場合はレミソラシだけ使うかも。







なんだろう。



イ長調 必要な音なのかな。




それとも いまのエネルギーになじむ音なのかね~。




楽しくなる音だな~。







関連記事
スポンサーサイト
【2017/04/30 23:40 】
ライアー | コメント(0)
<<音あそび | ホーム | 「動」の世界へ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |