スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
カラダが音を記憶する?!
きのう ことほぎの木のオイリュトミー 初心者クラスに参加してみました。


音楽とオイリュトミー。




オイリュトミーは カラダを内側から感じるとか捉えるとか 


声とカラダの動きはリンクしているとか



そういう話し(というか解説?)を聞きつつ 動きをやったり。




で、音楽にあわせて 動きをつけたのをやったときに 使われた曲が『サラバンド』



このときは 長調と短調を感じることをやったのです。





一時期『サラバンド』の曲にハマって ライアーでこんな感じかな~って探りながらひいていたことがある。





ピアノ生演奏で『サラバンド』を聴きながらの動き



なんかまた ハマってしまった。




頭とカラダの中で『サラバンド』がグルグルまわっていたので



家に帰ってライアーで気がすむまでひいてみた。




こんな感じだけかな~って。



めんどくさいのもあるけど あえて楽譜見ずに 記憶をたどる。





一音でメロディをひくときはそうでもないけど


二音 三音 和音とかつけていったときに アレ??なんかちがうってことが起こり



この部分は カラダがこうキュ~ってなる感じだよなとか


そこから こうひろがるイメージとか



そんなことを思いながら しっくりくる音を探るわけです。






耳で聴いた(と思ってた)音を 楽器をひくときに再現する過程


いま こうやって文字で書いていますが、コレが文字にはならない感覚だった!



きのう ふと気づいたのです。





耳で聴いて それを再現してたと思ってたけど ちがう。


実は カラダでその響きを吸収して 記憶していた



その感覚をたよりに 音を再現していた。



私の場合は。







楽譜がよめないので 聴いた方がはやく、


ゲームの音楽はそもそも 楽譜なかったし。



そういうのを再現したくて 音を探る




でもあるとき 楽譜が手に入ったら その曲への興味や注いでいた情熱が消えてしまう。


よくあるパターンだった。




その理由も なんとなくわかった。




 
楽譜をみて 曲をひくことと


音を聴いて 探りながら再現していく(つくりあげていく?)ことは


まったくプロセスが違う。




たぶん ”音”の捉え方もまったく違う。







きのうの音楽とオイリュトミー。


講師の定方まことさんが音楽をやっている方なので ちょっと興味があり行ってみたのです。




聴くということ、音、響きとか


2時間半の間で どこか無意識で捉えてた部分に光があたり



私の中では 化学変化を起こした気分です。




























関連記事
スポンサーサイト
【2017/05/22 14:00 】
| コメント(0)
<<中毒になる曲 | ホーム | めくるめく 即興の世界>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。