身体と音と
実験してみたいことがあり・・・・・。





今日はから研のWSで、


体をゆるめた後に即興で踊る?動く?



"歩く"ことと"とまる"ことをモチーフに即興。





身体に意識を向けたり、


身体を使って表現する時間。






帰ってきてから真っ先にアウリスライアー。





いまのこのカラダの状態でライアーの音はどんなふうに響くのだろうか。



試してみたかった!





ライアーは A=432HZ


つまり432HZがどんなふうにカラダに入ってくるだろうか。



そこに興味があった。





結果、


いつもより音が大きく聴こえた。。。。。


(゜∇゜)





なんだろう。


気分的なものもあるかもしれないけど



ト長調。



気持ち良く流れていくのは ト長調のメロディーだった。







その空間に 自分がカチッとハマる感じがする形



自分が心地好いと感じる形





今日の即興の時間 そんなことに意識を向けたけど




ライアーでひいてみたら ト長調がしっくりきた。







カラダがゆるまった状態って 432HZがスーッと入ってくる。




もっと言えば、音の中に入ってる感じ?!








普段もストレッチやってカラダをゆるめてからライアーひけばいいのか?!

関連記事
スポンサーサイト
【2017/06/04 23:59 】
| コメント(0)
<<身体と発声 | ホーム | 今月は宮古島へ。。。。。。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |