スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
身体と発声
あるんだな~と実感した話。



ことほぎのオイリュトミーで 身体と発声はリンクしているという話しを聞き、



実際に母音 あ・ う ・え ・お・ い って発声しながらカラダの動きをつけるのをやり、


慣れたら 発声したつもりで カラダの動きだけをやる。




そして 名前って一番聞いてる音で 

その名前のカラダの使い方してるんだよね~という話しになりました。





そのときはふ~ん、そうなのか と思いましたが、


そういえば ニックネーム。



私のニックネーム ”さちべえ”って 「え」(母音)の音を入れたくて コレ使っていたっけな~と思い出しました。



日本語を正しく使うことを心がけてる方だと思うけど ”さちべい”って言われる(書かれる)。


”い” じゃなくて ”え” なんだよな~と思いつつも そういう場合は聞き流してた。


(とはいっても それほど気にしてるわけじゃないですよ。)




1文字であっても 音の響きがしっくりくるかどうかって 結構重要視するところではある。



名前とカラダの使い方 リンクしてるってのは納得。









そして つい最近 おもしろい出来事が起こりました。




ダンナくん(役者)


「ケケケケ」って言えなかった。




いちおう サラリーマン役者ですが、


いまは とある劇団に所属し、公演に出る予定なので、ふつうの人よりはるかに発声練習してるハズなのです。




それなのに言えなくて 私がビックリだよ。
 



たぶん 母音の「え」の音(「え」行の音)に慣れてないのだと思う。


考えてみたら ダンナくんの名前も役者名も どこにも「え」行の音が入ってないのよね~。



なるほど~って思ってしまった。



あまりにもわかりやすい 珍現象?!







こいつらが 最近 ”ケケケケ”って笑ってるのよ~。

s-太白山 012






関連記事
スポンサーサイト
【2017/06/07 10:27 】
| コメント(0)
<<土台となるもの | ホーム | 身体と音と>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。