FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
やりたい形
先日 ペルセパッサ・オイリュトミー団の公演を観ました。

「轟 GO! ROLL OVER BEETHOVEN! 」


オイリュトミーだけの公演って初めて観た。



すご~い。


美しくて なんだかとっても繊細な世界な気がした。


言葉が出てこないね。。。。。。





言葉とオイリュトミー  音楽とオイリュトミーの2パターン



言葉とオイリュトミーって WSに参加したときに 詩を朗読するのを聴きながらフォルムを動くってのを何回かやったことがある。



これって なにが楽しいのだろう・・・・・・・・・??ぶっちゃけ。


私にはあんまりよくわからない世界だった。




逆に 音楽とオイリュトミーは楽しいと感じてた。わかりやすいし。




それがくつがえる。


手塚治虫の「ルートウィヒ・B」  朗唱にあわせて 身体の動きで表現するのをやっていたのがあった。


これがすごかった!!


オイリュトミーなのだけど マイムみたい。(マイムがなんだかもちゃんとはわからないけど)


なんか すべてがカンペキだったなー。


私 こういうのがやってみたい!って思った。



セリフを言うでもなく 道具を使うでもなく いろんなことを身体の動きだけで伝えるって 

一人の人間ができる表現の究極な感じがする。




ずっと やりたい形を探してた。

もっと 色々ダンスの公演とか観たいな~。観とけばよかった。






夏前くらいから オイリュトミーに月一(できる限り)通い始めたのも たぶん自分ができる表現の世界を広げたいから。


ライアーやってるのもあり、よく シュタイナーを勉強したいのかと思われるのだけど、別にシュタイナーに興味があるわけではなく、あくまで”表現とか”パフフォーマンス”のため。そこにいかしたいから。


やり方がしっくりきてる部分があるから いまはオイリュトミーを選んでる。もちろん楽しいってのが一番だけど。












関連記事
スポンサーサイト
【2017/12/13 11:41 】
身体表現 | コメント(0)
<<冬至だね~ | ホーム | 11/23 五反田でライアーひきます!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。